FC2ブログ

チェッカーの方が負担が大きいかもしれない

私は英日・独日の翻訳を担当することが多いが、チェッカーもする。
チェッカーの場合は、英日・独日だけではなく、日英・日独・独英も経験している。
ということで、両方の立場を理解しているわけだが、チェッカーの方が負担が大きいように感じている。

作業時間は、確かに翻訳の方が長く、辞書に載っていない単語や表現の調査で、数時間経っても1行も進まないこともある。
ドイツ連邦軍特殊部隊の資料を和訳したときは、軍幹部の発言について確認のために、数年前の雑誌記事を探して読むことになった。

翻訳者が十分に調査してくれればよいのだが、調べてもわかりませんでしたというコメント付きで納品される場合がある。
チェッカーに割り当てられた作業時間はぎりぎりということが多いので、再調査があると心理的ストレスは高まってしまう。

特に社内でチェッカーをすると、クライアントへの納品用にワードファイルのフォーマットをしたり、翻訳メモを整えたり、単なるチェック作業以外にも時間が取られてしまう。

特許翻訳の場合、申請する特許庁が指定するフォーマットに仕上げなければならない。
慣れればスイスイ作業できるが、それでも時間に追われて疲れる作業である。

今月担当した英日特許翻訳のチェックでは、翻訳者が請求項に改行を加えていたので、削除する作業が加わった。
改行を入れて構成要素をわかりやすくしたのかもしれないが、原文の構成と異なるので、推敲が終わったら元に戻してほしかった。

チェックするときは、原稿を紙に印刷して、構成要素の区切りに赤ペンでマーキングするなど自分のやり方があるので、改行がなくても大丈夫だ。

今回担当した翻訳者は、和訳のレベルが低いということはないのだが、改行の追加など、本人がよいと思っていることが必ずしも適切とは言えない場合がある。

記入されたコメントも、無駄とは言わないが、なくても何も問題がないことが多く、クライアントには伝えないという判断をしたこともある。

これは連絡がうまくできていないと思われるが、最初に渡したクライアントAの注意事項を、別のクライアントBの案件に適用してしまい、修正箇所がかなりの数になってしまったことがある。

また、別のドイツ語翻訳者のケースでは、クライアント指定の用語集を無視していたり、数字が抜けていたり誤訳もあったので修正依頼をしたが、追加作業が気に入らなかったのか、1つも修正してくれなかったことがある。

それでも納期は待ってくれないので、仕方なく私が全部直して納品した。
そしてその翻訳者には、その後いくら忙しい時にも、依頼することはなかった。
今もどこかの翻訳会社に迷惑をかけているのかもしれない。

こんなこともあるので、チェッカーを希望する人は少ないのだろう。
それとも、もっとお金を払えば、引き受けてくれるだろうか。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

教会での礼拝が再開するが

(最終チェック・修正日 2020年06月07日)

首都圏でも緊急事態宣言が解除されて、まだ安心はできないが、6月7日から教会での礼拝を再開することになった。
再開に向けて、教会からは注意事項を記した通知が郵便が届いた。
ただ、心配な人は、今後も YouTube でのライブ配信で、自宅で礼拝することになる。

電子メールに文書を添付して通知してもよさそうだが、会員全員に等しく通知するには郵便が一番公平だ。
ネット環境がない会員もいるし、携帯電話のメールでは添付ファイルを開けない会員もいる。

できるだけ郵送料を節約したいところだが、メールアドレスが無効になっている会員もいるので、郵便で一律に送った方が事務手続き担当者は楽になる。

礼拝堂での密集を避けるために、午前と午後の2回に分けて行うことになった。
私の教会では、どちらに出席するのかは、本人が決めることになっている。
礼拝堂に入る定員を設定して、もし超過すれば、集会室のモニターで見てもらうことになる。

他の教会では、例えば、名前の五十音順でグループ分けをして、この日は「あ行~か行の会員」と指定しているところもある。

マスクを着用して讃美歌を歌うことになるが、飛沫防止が完全ではない場合、換気をしていても心配だ。
隙間ができないように、マスクの正しい着用方法を伝えるべきかもしれない。

【追記(6月7日):讃美歌はパイプオルガンのみで、歌わないことになった。心の中で、祈りながら賛美することになった。】

聖歌隊も委員会もないので、私は午後に行くことにした。
朝の方が電車が空いているかもしれないが、礼拝参加人数が多いと予想される。
それに午後ならば、昼食をとってから出かけられるので、都心で食事をしなくても済む。
朝だと、急いで帰宅しても自宅近くの駅に着くのは午後1時くらいになってしまう。

以前は、教会の後に都内の紀伊国屋書店で書籍を購入していたが、人が多いようなので、横浜の店舗を利用する予定だ。
雑誌の定期購読を解約していたので、また契約しよう。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語: Butterbrotdose (バターパンの缶) は「ランチボックス」

今月はすでに、30ワード程度のドイツ語和訳1件を納品し、ドイツ語和訳のチェックを2件受注している。
会社では4月末にドイツ語和訳案件を納品して以来、1か月以上も英日翻訳しかしていないので、ドイツ語に触れ続けるために重要だと思う。

今日は夕食後に、そのチェック案件の1件目を始めた。
雑誌記事なので、すぐに読みたいものなのかと思ったが、納期は週明けということで、珍しくのんびりした案件だ。

私も完璧ではないのだが、今回も誤訳やタイプミスが目立っており、ドイツ語翻訳者が足りないという現状を再認識している。

ドイツ語専門のはずなのに、人名や地名がドイツ語の発音に全く似ていないカタカナ表記になっている。
カタカナ表記で完全に表現できるものではないが、それらしく聞こえるように、母音の長短などを反映してほしいものだ。

気になって調べた単語を1つ紹介すると、Butterbrotdoseランチボックスだ。

翻訳者はバターパンの缶と和訳していた。
私も最初は、「こんな缶詰があったかな? ドイツ留学中に見たことないな」くらいの反応だったが、違和感があったので調べた。

Butterbrot は、「バターやマーガリンを塗ったパン、バターパン、ブッターブロート」である。
DUDEN のオンライン辞書には写真も出ているので、次のリンクから確認してほしい。
www.duden.de/rechtschreibung/Butterbrot

それで Dose「缶」なので、Butterbrotdose「バターパンの缶」となりそうだ。

ただし、Butterbrot は、バターを塗ったままだけでなく、チーズやハム、野菜をのせてオープンサンドイッチとして食べることが多い。
いくつかの独和辞典では、バターパン以外にも、「簡単な食事、サンドイッチ、オープンサンドイッチ」を載せている。

次に独英辞典を見ると、sandwich box もあるが、たいていは lunchbox だ。
そのため、ランチボックスに修正した。

記事中に出てくる人が持っていた Butterbrotdose の写真も挿絵もないが、「弁当箱」よりは「ランチボックス」の方が無難だろう。

詳しくは言えないが、その場面とは、アジアのある国に商談で行ったときに見た工場労働者の帰宅場面である。
アジアの国で工場労働者ならば、「弁当箱」の方が雰囲気に合うという意見もあるだろう。

ただ、話者はドイツ人であり、ドイツ人がそれを見たときに Butterbrotdose と認識したので、その認識を表現する「ランチボックス」の方がよいと思う。

私はドイツ語翻訳をしているが、化学者として科学用語が得意なのであって、ランチボックスなどの日常語を知らない場合もある。
知らない場合、誤訳をそのまま残してしまうかもしれないが、「バターパンの缶」には違和感を持って、調べようと思った。
そういった感覚も大切で、疑問点を解決しようとすることは、機械翻訳にはない人間の強味だと思う。

この翻訳者だけではないが、調査や推敲が不十分なままで納品する人に時々出会う。
収入を増やすためには、時間をかけずに納品して、すぐに次の案件を受注できるようにするということなのだろうか。

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

複数の翻訳会社と取引するメリットを実感

COVID-19 の影響で、仕事が減っている翻訳者もいるという。
私の場合、勤務先の翻訳会社では特許翻訳をしているためか、案件数は減っていない。
取引先が複数あると、ある取引先から来なくなっても、別のところが増えたりするので、常に仕事はある状態だ。

ただ、5月はドイツ語和訳案件がなくて、英日ばかり担当した。
だから英語以外の翻訳者は、「私はドイツ語翻訳者です」と言いながらも、食べていくには英語が主になることもある。

会社が複数の取引先を持つのと同様に、翻訳者も複数の翻訳会社に登録していた方が安心だ。

16年前に副業翻訳を始めたときは、3年ほどは1社のみだった。
まあ、厳密に言えば、登録した翻訳会社のグループ会社からも受注したので、2社だった。
その後は、短期から数年単位の契約も含めて、常に3~5社に同時に登録していた。

ある外資系商社と直接取引をしていたとき、翻訳会社を通すよりもワード単価が2倍以上だったので、その時期は収入が増えた。
しかし、その商社が買収されて、私が参加していた翻訳プロジェクトは突如として消えてしまった。
ワード単価が高いからといっても、その1社のみで取引を続けていたら、いきなり取引先ゼロという恐ろしいことになっただろう。

医薬メーカー子会社が解散して専業翻訳者になったときは、国内3社と取引関係があった。
その後、海外の翻訳会社Aのトライアルに合格して、ドイツ語和訳・チェック案件を受注するようになった。
そのうちの国内1社の取引が約90%を占めるようになったので、社員として社内翻訳者となった。

科学英語がわかる翻訳者やドイツ語翻訳者は足りないので、勤務時間外に残りの3社との取引を続けている。
この副業分の予算は月$200+1万5千円(約3万5千円)と控えめに設定した。
教会の献金と書籍代、オンライン辞書やソフトウェアの使用料を稼ぐようにしている。

そして5月からは、新たに海外の翻訳会社Bとドイツ語和訳チェッカーとして契約した。
とりあえず、新たな予算は月$200+3万円(約5万円)に設定した。

このB社からはすぐに受注できて、先月の売上は8万円を超えた。
つまり1社で予算を3万円以上上回った。

その代わりに、A社の売上が約$64と、米ドルで稼ぐ予定の$200を大きく下回った。
国内2社も半分以下になったので、B社と取引を開始できたおかげで予算をクリアできた。

その半減した国内C社だが、6月上旬の納期でドイツ語和訳チェックを2件受注済みである。
ところが2件目の受注を決めた翌日、同じC社から約8万円の英日翻訳の打診が来てしまった。
先に確定した案件があるので、スケジュールが重なる案件は無理せずに断ることにした。

このように収入を得る機会を失ったとしても、他社案件で取り戻せる可能性もあるので、やはり複数の翻訳会社と取引しているメリットを感じている。

通訳・翻訳ジャーナルのアンケート結果を見ても、たいていの翻訳者は複数契約している。
大型案件の専属契約というのも憧れるが、私はリスク分散が好きなので、最低3社と取引したい方だ。

国内だけではなく海外の翻訳会社と取引しているのも、ドイツ語と英語の二言語で仕事をしているのも、リスク分散と言ってもよいだろう。

また今後は、ポストエディットを受注するのも、リスク分散になるのかもしれない。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

続 ドイツ語の多義語に注意: Stärke 強度、濃度、厚さ etc.

今月から取引を開始した外国の翻訳会社では、ドイツ語和訳のチェックを受注している。
私の能力は完璧ではないが、ドイツ語翻訳者は足りないので、少しでも貢献できるように努力している。

今月受注したチェック案件でも、多義語に注意しなければならないことを再認識することになった。
そのうち Stärke という名詞を例示しよう。

たいていの独和辞典では、1番目の語義に強さ、強度と載っている。
これは物理的な強度だけではなく、精神的な強さ、肉体的な強さも含んでいて幅広い。

その他にも、程度、密度濃度太さ、厚さ勢力強味、長所などがある。

今回の案件は、レーザー加工機械の説明書である。
その中に、例えば、Materialstärke があり、翻訳者は材料強度と和訳していた。

材料を切断したり切削するには、材料の特徴として強度も関係するだろう。
そのため、私も最初は、そのままでよいと判断して確定のボタンを押していた。

しかし、あるセグメントにMaterialstärke をノギスで計測するという表現が出てきた。
ノギスで計測するのは長さや厚さである。

独英辞典では技術用語の専門辞書も含めて、material thickness ばかり出てくる。
ということは、材料の厚さが正しいということだ。

以前の類似の製品を検索すると、製品マニュアルは見つからなかったが、利用している大学のレポートが見つかった。
「ノギス」は出てこないが、「基材の厚さ」などに合わせてツールライブラリを選択するとある。

ということで、ここでは材料の厚さが正しいと判断して修正した。

「ノギスで計測する」が出てこなければ、「材料強度」のままで納品してしまったかもしれない。
科学技術用語が得意な化学者であっても、工作機械のドイツ語をすべて知っているわけではない。

やはり翻訳は1人で完結するものではないこと、独和辞典だけでは足りないということ、そして私もミスをしないように気をつけようと再認識した週末であった。

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

アベノマスクが届いたが

本日5月29日は、朝に特別定額給付金10万円が届き、そして午後には郵便と共にアベノマスクが届いた。
かつてない規模の施策とのことだったが、どちらも5月中に届けるのは困難だと言われていた。
5月最後の平日に届いた私は、恵まれている国民なのかもしれない。

成人男性用としてはサイズが小さいと言われているので、下の写真ではスチールメジャーと一緒に撮影して、把握しやすくしてある。
また、いつも使っている手ぬぐいマスクも並べて置いたので、比較してほしい。



アベノマスク


結論は、比較しなくてもわかりそうだが、アベノマスクは使わない。
製造時の衛生状態が不明なので、一度洗うことになり、そうすると縮んでしまうので小さすぎる。
鼻と口を覆うことが必要だから、確実なのは手ぬぐいマスクだ。

別のデザインの手ぬぐいで例示すると、下の写真のように十分に覆うことが可能だ。

手ぬぐいマスク3 

不要のアベノマスクを寄付できるようだが、処分を他人に押し付けているような気がしてしまう。
加えて、スカスカのガーゼマスクの使用を推奨できないと考えているのに、他人に使わせるのは無責任のようにも思える。

アベノマスクがどうしても欲しいという人は、どのくらいの割合なのだろうか。

新型コロナウイルスCOVID-19が流行しているため、教会でも礼拝ではマスクを着用することにしている。受付でマスクを配っているが、在庫がいつまでもあるわけではない。私もマスクが入手できないということで、手ぬぐいマスクを作った。 高校のときから手ぬぐいを使っていて、記念品なども含めて、30枚くらい持っている。そのうち、今回は、屋外で着用していても無難な柄のものを選んだ。参考にしたのは、手ぬぐい専...
手ぬぐいマスクを作りました

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

特別定額給付金10万円が入金しました(5月29日9時40分頃)

5月29日9時40分頃、横浜市から特別定額給付金10万円が、指定した銀行口座に振り込まれた。
オンライン申請初日、5月12日午前0時31分の申請だったが、振込開始日28日ではなく、翌29日になった。
かなりの人数が日付変更とほぼ同時に申請したのだろう。

給付金7 
これで定期預金を解約しなくても、PayPal のUS$建て翻訳料金と合わせて、6月の生活費が確保できた。

(最終チェック・修正日 2020年05月28日)5月25日の安倍首相の会見では、特別定額給付金10万円の給付を開始した自治体の割合が多いと自慢していた。多いといっても、自治体数の割合であって、給付した人数でもないし合計金額でもない。横浜市では、システムの準備に時間がかかったようで、マイナンバーカードを利用したオンライン申請が始まったのは、5月12日だった。一番早かった自治体と比べて、約2週間遅れて始まった...
特別定額給付金10万円は本当に5月中に届くだろうか ⇒ 28日振込開始


テーマ : 雑記
ジャンル : ファイナンス

特別定額給付金10万円は本当に5月中に届くだろうか ⇒ 28日振込開始

(最終チェック・修正日 2020年05月28日)

5月25日の安倍首相の会見では、特別定額給付金10万円の給付を開始した自治体の割合が多いと自慢していた。
多いといっても、自治体数の割合であって、給付した人数でもないし合計金額でもない。

横浜市では、システムの準備に時間がかかったようで、マイナンバーカードを利用したオンライン申請が始まったのは、5月12日だった。
一番早かった自治体と比べて、約2週間遅れて始まったわけだ。

5月下旬に振込開始とのことだが、本日27日でもまだ届かない。
今日は個人年金の年払いなどで約21万円を支払った。

-----------------
追記(5月28日)
横浜市のサイトでは、28日から振込を開始し、5月中に約5千件を処理するとのことだ。
www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/teigaku/teigaku.html
-----------------

5月中に届くと信じているので、積立定期は解約しないことにした。
家賃の支払いは、担保にしている定期預金の貸越を利用する。
普通預金口座の残高が一時的にマイナスになるが、給付金が入金するはずなので、すぐに解消するだろう。

オンライン申請ならばすぐに給付されるかのように言っていたが、何の根拠もない話だったようだ。
郵送申請の方が早いだなんて、デジタル化を進める日本政府を信じて期待した方がバカだったのか。

12日の0時31分に申請したのに、横浜市が申請データをダウンロードしたのは26日午後になってからだ。

給付金6 

手続きの進捗について、横浜市会議員が担当課に説明を求めたそうだ。
その議員のブログ記事のリンクは次の通り。
furuya-yasuhiko.com/5611/

この記事によると、申請データのダウンロードは22日に始まっている。
受付開始31分後の私が26日ということは、かなりの人数が午前0時を待って一斉に申請したようだ。

26日時点で処理できたのは3千件程度ということだ。
この中に入っていることを期待したい。
29日にはもらえるだろうか。

横浜市では5月12日午前0時から、特別定額給付金10万円のオンライン申請が始まった。神奈川新聞の記事によると、初日のオンライン申請は 40,186 件で、私もその中に入っている。神奈川県内では、既に給付が始まった自治体がある。ただし人口が多い市では、申請の内容確認に時間がかかるそうだ。報道で明らかとなったように、マイナンバーカードは単なる本人確認の手段であって、申請内容はそれぞれの自治体職員が人海戦術で目...
定額給付金10万円は5月中に届くだろうか

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

ドイツのバプテスト教会で COVID-19 集団感染が発生 ⇒ マスクをせずに讃美歌を歌った

(最終チェック・修正日 2020年05月26日)
翻訳の仕事が忙しくて時間が足りないが、気になるニュースがあった。
ドイツ・フランクフルトのバプテスト教会で COVID-19 の集団感染が発生した。

ドイツの新聞記事のリンクは次の通り。
www.fr.de/frankfurt/frankfurt-am-main-ort28687/frankfurt-zahlreiche-infektionen-nach-baptisten-gottesdienst-zr-13773287.html

www.faz.net/aktuell/rhein-main/frankfurt/frankfurt-wie-eine-glaubensgemeinschaft-zum-corona-hotspot-wurde-16783837.html

ドイツでは感染対策が功を奏したということで、5月10日に教会での礼拝が再開された。
しかし、12日後の22日になって、フランクフルトのバプテスト教会の礼拝に参加した信徒複数が COVID-19 に感染していたことがわかった。

24日の時点では約40人だったが、25日朝には、家族も含めて107人に増えた。
つまり、家庭内感染も広がっている。
フランクフルトの東にあるハーナウに住む信徒も発症しており、再び感染が拡大するのではないかと心配されている。

集団感染が発生した原因は現時点では不明である。
教会では、信徒は全員マスクを着用し、同居家族以外は 1.5 メートル離れて座り、そして讃美歌を歌わなかった。
そのため飛沫感染ではないと考えられているが、まだ結論には至っていない。

-----------------
追記(5月26日):
教会は当初の説明を修正し、マスクを着けずに讃美歌を歌ったとのことだ。
ドイツの新聞記事は次のリンクから。
www.faz.net/aktuell/rhein-main/corona-infektionen-baptisten-sangen-gemeinsam-ohne-mundschutz-16785337.html
これで飛沫感染であった可能性が高くなった

私たちの教会で礼拝を再開するとき、マスクをしていても、着用方法が間違っていれば飛沫感染するだろう。
パイプオルガンの演奏のみで、信徒は歌わないということも選択肢かもしれない。
-----------------

バプテスト教会では礼拝中に握手をして祈るため、それが原因ではないかと指摘する人もいるが、まだわからない。
階段の手すりやドアノブなどを介した接触感染かもしれない。

日本の教会で同じことが起きるとは思いたくないが、高齢者も多いので、対策を考える必要がある。
讃美歌を歌わなくても、離れて座っても集団感染が発生するとなると、やはりオンライン礼拝にすべきなのだろうか。

礼拝を再開するとしても、まずは役員数名から始めて、徐々に人数を増やすことになるだろう。

教会に置いてある共用の聖書や讃美歌集は、接触感染の恐れがあるので使えないかもしれない。
図書館には書籍消毒機があるようだが、高価なので教会で購入できないだろう。
代わりに、その日の礼拝の聖書箇所や讃美歌の楽譜を、毎回印刷して渡すことになるのだろうか。

受付での記名も、個人が持参したペンで書いてもらうことになるかもしれない。
ペンを忘れた人は、共用のペンをアルコールティッシュで拭いてから使ってもらうことになるだろうか。

私は役員ではないが、伝道委員でもあるので、いろいろと提案したり、再開の準備を手伝うようにしたい。

テーマ : コロナウイルス感染症
ジャンル : ニュース

「メディカル関連特許の特殊性」(化学2020年6月号)

先週注文した書籍と一緒に、化学同人の雑誌「化学」2020年6月号が本日昼前に届いた。
小惑星イトカワ、グラフェン、特許の記事を読むために購入した。

ところが一番驚いたのは、最新のトピックスに、私が大学院時代に関わった化合物が出ていたことだ。
その論文を書いた教授も知っているので、22年ぶりになるがメールを書いてみようと思った。

それで特許の記事は、
中務先生のやさしいカガク特許講座 第17回 メディカル関連特許の特殊性で、医療行為が特許侵害にならないというものだ。

今回取り上げられた特許法の条文は次の通り。
・第29条第1項(特許の要件)
・第69条第3項(特許権の効力が及ばない範囲)
・第93条(公共の利益のための通常実施権の設定の裁定)

私は化学は専門だが、特許法はほとんど知らないので、このような基本的な解説はうれしい。
特許翻訳では、権利範囲が変わらないように気を付けるが、その他にも知っていた方がよいことがあるはずだ。

日本やヨーロッパでは、「人間を手術、治療又は診断する方法」は特許されないが、アメリカでは特許されるという。

方法では特許されなくても、物であれば、例えば、「~を治療するための医薬組成物」ならば特許される。
使用方法も含めて特許請求項を書けば、実質的に「~を治療するための方法」の権利を保護できる。

ただ、PC
出願の特許翻訳では原文ママに和訳するので、「Method for treating ...」であれば、「~を治療するための方法」で納品している。
外国語特許ならばよいのかどうか、それは書いていないが、受理されているということは大丈夫なのだろう。

特許法第69条第3項では、特許権の効力が及ばない範囲が規定されている。
医師の処方箋に従って、2種類以上の薬を薬剤師が混ぜても特許権侵害にはならない。
患者を前にした医療行為は、特許権に縛られることなく自由なのだ。

ところが、企業が研究目的ではなく、混合した医薬を製造すると特許権侵害になってしまう。

現実の問題を1つの条文だけで扱うことができないので、継ぎはぎかもしれないが、複数の条文で対応するそうだ。

また、コラムでは、「強制実施権」について説明している。
COVID-19 の治療薬やワクチンが開発されれば各国で設定されるかもしれない。

弁理士を目指さなくても、翻訳の合間に特許法を勉強して、意識しながら和訳したいものだ。

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR