FC2ブログ

「国策に翻弄される博士たちの憂鬱」(週刊東洋経済12020年1月25日号)

今日納期の翻訳を複数名で分担してなんとか納品できた。
定時までに終わらせたかったが、30分残業した。

作業を終えてすぐに夕食の買い物に出たが、もう一つの目的は、本日発売の週刊東洋経済2020年1月25日号を買うことであった。
この号の第1特集「どこまで進む? 就労支援 『氷河期』を救え!」を読むのが主目的である。

東洋経済オンラインの抜粋記事、氷河期40万人「ひきこもり」支援の切実な現場、は次のリンクから。
toyokeizai.net/articles/-/325349

弟は大学卒業後、定職に就いたことがない。
就職氷河期の大多数の若者と同様に、学生時代のアルバイト先で、そのまま働き続けるしか選択肢がなかった。

2018年にようやく社会保険労務士試験に合格したが、実務経験がないので、1年以上たっても仕事は見つからない。
ハローワーク以外にも様々な就労支援があるが、弟のところにまで回ってくるのかどうかはわからない。

もう1つ興味を持った記事は、64ページの「
深刻な高学歴ワーキングプア 国策に翻弄される博士たちの憂鬱」だ。

記事の冒頭で紹介されているAさんは私と同じ50代の博士だ。
仏文学専攻なので、化学専攻の私とは分野が異なるが、常勤の大学教員のポストが少ないというのは、私も経験した。
公募人事だと思っていたら、既に教授たちの力関係によって本命が決まっていたこともある。

団塊の世代が定年になれば、Aさんにもポストが回ってくると期待されたが、国の政策がその期待を打ち砕いた。
政府は、将来的に40歳未満の大学教員の割合が3割以上とすることを目指すという目標値を設定した。
そのため、Aさんよりも若い研究者が採用されるようになったそうだ。

理系博士のBさんは、アカデミックハラスメントにより、就職先が見つからなかったケースだ。
派遣社員として研究補助をしていて、時給1500円だという。
この金額は修士卒でも少ないのではないか。
私は2000円~2300円だった。

この記事の最後には、警告と言ってもよい一文があり、私も同意する。

こうした氷河期世代らに対するアカデミアの仕打ちを見れば、優秀な若手が研究職を断念し、ひいては日本の研究力の低下に至ることは、むしろ必然といえそうだ。

私が博士後期課程に進学した頃、大学院重点化という改革が行われ、博士の人数をアメリカ並みの2倍にしようということになり、奨学金も研究費ももらえた。

大学教員のポストが増えたわけではないが、海外のようにポスドクを数年続けて、競争を勝ち残った優秀な研究者が日本の科学・技術を支えることになると信じてしまった。

博士号取得時でもバブル崩壊後の就職氷河期が続いており、2年間のドイツ留学後も改善しなかった。
元々、大学での研究職を希望していたから、民間の採用動向はどうでもよかったが。

ただし、帰国後に博士研究員として勤務した大学敷地内での廃棄物不法投棄を内部告発したため、学会重鎮から危険人物扱いされてしまい、どこにも推薦してもらえなくなった。

民間企業の研究所で派遣社員として働いたが、4社を渡り歩いた後に、5社目でようやく契約社員にスカウトされた。
しかし、事業再編のために、バブル期社員と同じ世代ということで、退職することになった。

そして今は、化学者のキャリアを活かして、英語・ドイツ語翻訳者として特許翻訳をしている。
大学院進学時点では想像もしていなかった職業だが、化学ドイツ語の本を書きたいという夢には近づいているのかもしれない。

「博士を増やせば日本は良くなる」と言っていた人たちは、どこへ行ってしまったのだろう。

テーマ : 就職活動
ジャンル : 就職・お仕事

弟に古いノートパソコンを渡してエクセル・ワードの練習をさせよう

弟が2018年の社会保険労務士試験に合格して、1年以上が経過した。
実務経験がないため、約7万円を支払って事務指定講習を受けた。
これでようやく社会保険労務士として登録できるわけだが、まだ登録申請はしていない。

就職先が決まっていなくても、住所地の都道府県社会保険労務士会に入会すればよさそうだが、登録免許税3万円と手数料3万円、そして会費も必要で、お金がないので登録できないのだ。

働く事務所を見つけてから、その事務所と同じ都道府県社会保険労務士会に入会した方がよいだろう。

社会保険労務士事務所の求人を検索すると、ほとんどの情報がハローワークで登録されている。
未経験者でも応募可能とあっても、基本的なパソコンスキル(メール・ワード・エクセル)が必須のものが多い。

就職氷河期のためにどこにも就職できず、母からの仕送りと、低収入のアルバイトで20年以上生きてきたが、パソコンスキルを身につける機会はなかった。

ハローワークなどで職業訓練を受けるように前から言っていたが、行動を毎日見ているわけではないので、何をしているのかわからない。
金がないので、アルバイトをするだけで時間がなくなってしまうのかもしれない。

もう時間的余裕がないので、2年前に使用をやめたノートパソコン 
Dell Inspiron 1545 を弟に渡して、エクセルとワードの練習をさせることにした。

約10年前のモデルであるが、既にWindows10にしてある。
最新モデルと比較すると動作は遅いものの、練習用だからこれでよいだろう。

初売りでは、モニターが11インチ程度のモバイル用ノートパソコンを3万円代で販売しているが、余計な出費をしたくないので、慣れるまでは中古で我慢してもらおう。

充電バッテリーが寿命を迎えたので、再び使うために代替品を注文した。
Office 365 をインストールして、オフラインでも使えることを確認した。

今月中に教会に来てもらって、集会室の端で30分くらい説明する予定だ。
もしネット接続が必要になったら、自宅近くの公共図書館に行って、Wi-Fiを使うことにしよう。

それにしても、日本というのは、規定のレールを一度外れると、普通の生活を送れない人生になってしまう国だ。

テーマ : 資格
ジャンル : 就職・お仕事

風景印収集で2万歩以上歩いた

本日12月30日は仕事は休みだが、金融機関は営業していた。
一日かけて風景印の押印をする予定なのだが、その前に、横浜銀行で定期預金を作成した。

協会けんぽで健康診断を受けた場合、条件がそろえば、3か月定期の金利が0.200%になる。
横浜銀行の店頭にはチラシを置いていないので、次のリンクから内容を確認してほしい。
www.boy.co.jp/news/campaign/association_kenpo.html

弟への仕送り用に積み立てた資金の残高が40万円あり、他行での定期預金を満期解約して、横浜銀行に資金移動した。
24日の午後、クリスマスイブ礼拝に行く前に、まず15万円で作成した。
そして今日30日の午前、25万円を追加で作成した。
利息はわずかでも、何もないよりはましだろう。

今日の最初の目的地は、移転したばかりの二俣尾郵便局だ。
沢井駅前郵便局が、同じ青梅線の二俣尾駅近くに移転し、局名変更と共に風景印の図案も変更された。

二俣尾局       沢井駅前局 

きっぷは、スイカに書き込むタイプの新しい「のんびりホリデーSuicaパス」で、2,670円。
青梅市内でまだ押印していなかった郵便局にも寄るし、紀伊国屋書店にも行くので、本当にお得なきっぷだ。

二俣尾駅までは、約2時間10分かかった。
湘南新宿ラインで新宿に向かい、中央線で立川へ、そして青梅線に乗り換えて青梅、そして奥多摩行きに乗り継いで到着。

押印がすぐに終わり、寄付金の払込もしたが、上り電車が来るまで20分以上待った。

2つ隣の日向和田駅で降りて、吉野郵便局に寄った。
東青梅駅まで移動して、青梅長淵郵便局まで徒歩で約20分。
河辺駅まで約25分歩き、バスを待つ間にコンビニでコロッケパンとミルクティーを購入して昼食。
西武バスで移動して、青梅藤橋郵便局へ。
これで残っていた青梅市内の郵便局の風景印が揃った。

西東京バスで小作駅に移動し、昭島駅に行くことにした。
昭島駅前郵便局で押印したところで16時を過ぎていた。

もう一か所をどこにするか悩んだが、30分歩いて拝島郵便局に行くことにした。
バスもあったが、約40分かけて拝島駅まで歩き、八王子経由で横浜線で戻った。

約12時間の外出時間で、歩数計によると、24,880歩となった。
これまでも同じくらい歩いたことはあったかもしれないが、きちんと記録を取ったのは初めてだ。
1日8千歩が目安ということなので、歩きすぎも怪我を誘発して良くないかもしれない。

契約している保険の Vitality では、ウォーキングのポイントは、12,000歩以上で
上限の60ポイントになるので、2万歩を超えても加算されるわけではないし。

今後は、たくさん回ることを目標にしないで、ウォーキングの部分と、散策の部分を混ぜて、無理をしないようにしたいものだ。

テーマ : ウォーキング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

恒例の年末寄付をした

12月はボーナスシーズンだからなのか、いろいろと寄付のお願いが届く。
私の勤務先のボーナスは別の月だし、個人年金保険の年払い約16万円もあるので、全ての依頼に応えることはできないことが多い。

それでも、年末調整で約5万円が還付されるので、少額ではあるが、毎年寄付をしている団体もある。
また、海外の翻訳会社からPayPalで受け取る翻訳料金の残高が、1月末までに約$1900(約20万円)になるので、歯の治療も続くが、いくらかは寄付に回したい。

翻訳の仕事は年中あるし、教会の奉仕もあるので、私が休暇を取得してボランティア活動に行くのは困難だ。
その代わりとして、活動資金を寄付したいと思っている。

本日、翻訳会社の仕事が終わったので、夕食後にいつもの寄付先のホームページから、クレジットカード決済で寄付した。

1.国境なき医師団日本 5,000円(毎月の寄付 3,000円に追加して)
2.国連UHNCR協会 5,000円(毎月の寄付 3,000円に追加して)
3.日本骨髄バンク   5,000円(毎年1回)

来週12月30日に、ゆうちょ銀行で払込手続きをする予定の団体は次の2つ。

4.WWFジャパン 10,000円(年会費 10,000円に追加して)
5.日本聾話学校  10,000円(クリスマス献金・母も 10,000円寄付した)

来年も寄付ができるように、会社以外の翻訳もなるべく受注したいものだ。

テーマ : 寄付・ドネーション
ジャンル : 福祉・ボランティア

今年の12月23日は平日なのに会社に来なかった社員がいたそうだ

今朝、株価チェックのために YAHOO! ファイナンスにアクセスしたところ、先週20日の株価のままだった。
ブラウザの更新をしても変化なし。

よく見ると、下に示したように、不具合発生のようだ。
そして、原因としては、「日本の証券市場はお休みです。-天皇誕生日」と出ているように、設定ミスのようだ。

Yahooファイナンス更新停止天皇誕生日 

株価を知りたければ、証券会社などのサイトから検索できるので、特に困ることはない。

システム担当者は、新元号への対応ばかり考えていて、祝日の変更のチェックを忘れていたのだろうか。

午後に参加した翻訳関係の会合で、休憩時間にこの不具合について話題にした。
すると、ある翻訳会社の方から、「祝日と勘違いして会社に来なかった社員がいた」という話を伺った。
有給休暇を取得していた人はまだよいが、本当に祝日だと思い込んでいた社員もいたという。
かわいそうなので、欠勤ではなくて、有給休暇の事後承認にしてあげたいものだ。

2020年からは2月23日が天皇誕生日だ。
2月は日数が一番少ない月なのに、祝日が1日増えるので、いろいろと影響がありそうだ。

2020年2月23日は日曜日なので、翌24日が振替休日となり、完全週休二日制ならば3連休だ。
旅行などで消費が増えると期待するのかもしれないが、翻訳会社の営業日は1日減るので、3月の仕事が増えるかもしれない。
まあ、来年はうるう年で1日多いので、プラスマイナスゼロでいつもと変わりないかもしれないが。

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ニュース

映画「リンドグレーン」を観た

日曜日の今日は、いつものように教会に行った。
朝礼拝と夕礼拝の2回出席した。
2回も礼拝に出席したのは、説教者が異なるからであった。

朝礼拝の後に聖歌隊練習をして、昼食をとり、クリスマスの準備も少ししたところ、14時頃になった。
夕礼拝が始まる18時半まで時間があるので、紀伊国屋書店に届いた書籍を受け取り、そして岩波ホールに行って映画を観ることにした。

12月7日から上映されているのは、「リンドグレーン」。
岩波ホールの紹介は次のリンクから。
www.iwanami-hall.com/movie/

映画「リンドグレーン」の公式ホームページは次のリンクから。
lindgren-movie.com/

児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの作品は、実は1つも読んだことがない。
興味を持った理由の1つは、スウェーデン語とデンマーク語の映画だから。
ノルウェー語(ブークモール)をかじっているので、似ている単語や発音について確認したかった。

もう1つの理由は、キリスト教メディアのクリスチャンプレスで紹介していたからである。
その紹介記事は次のリンクから。
www.christianpress.jp/lindgren-movie/

公式ホームページにもある「暗闇から明るみへと」という言葉が、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスシーズンにふさわしい映画を感じさせる。

クリスチャンプレスの紹介記事の中から、教会や信仰について書かれた部分を引用しよう。
------
思春期を迎えたリンドグレーンは、より広い世界に目が向き始め、教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに息苦しさを覚え始める。生活の中心となっている教会は、閉鎖された社会の象徴のよう。父親ほど年の離れたブロベイルと道ならぬ恋をして妊娠した時も、母ハンナは教会に集う人間の目を恐れ、「教会には絶対に知られてはいけない」と、膨らんだお腹が目立たない服を着るよう指示する。ブロベイルが「リンドグレーンを離さない」と両親に宣言しても、信仰を盾にして受け入れられない。その後、リンドグレーンはデンマークに行き、秘密裏に男の子を出産し、里親に託すのだった。

生まれてすぐに愛する子を手放し、2年半後、ようやく引き取って一緒に暮らせるようになった時には、母として見てもらえず、また苦悩の日々が始まる。経済的にも精神的にも最も苦しい時期だったが、リンドグレーンは現実から目を背けず、真正面から戦い続ける。

リンドグレーンも両親も、もし信仰を持っていなかったらどうなっていただろう。キリストの愛と赦しがなければ、子どもたちに生きる喜びを伝える作家にはなれなかったのではないだろうか。苦しみの先に希望があること、それを勇気を持って追い求めることを、リンドグレーンは教えてくれる。教会は閉鎖された場所ではなく、互いが赦し合える和解の場所、自由を得られる場になれることを。
------

この映画の中で、教会の場面は短いものの、非常に印象的であり、聖書の世界を知っていると理解が深まるだろう。

最初の礼拝の場面は、ソドムとゴモラについての説教だ。
この罪にまみれた街の話、つまりドロドロした人間の罪の話が、アストリッドの人生と重なって見えてくる。

家族の仲が壊れてしまった暗闇の時期を乗り越えて、最後は子どもを連れて両親に会いに戻る。
頑なだった両親も孫を受け入れ、そして翌日は日曜日だから教会に一緒に行こうと誘い、アストリッドは笑顔で答える。

家族全員で礼拝堂に入っていつもの席に座ると、幼なじみが笑顔で迎え、そして不倫相手だったブロベイルも笑顔になり、苦難を乗り越えて互いに赦し合うことの大切さ、信仰の力を感じさせる。

教会でも紹介しようと思う。

テーマ : ヨーロッパ映画
ジャンル : 映画

最後の親知らずを抜歯した

9月末に奥歯の詰め物が外れたため、約6年ぶりに歯医者に行った。
詰め物を新しくするついでに、虫歯が見つかれば治療することにした。

レントゲン写真を見ると、左上の親知らずでは、隣の第二大臼歯の側に、空洞があるように見える。
痛みはないが、虫歯になっていると判定された。
最後まで残してあった親知らずであるが、その虫歯が進行する前に抜歯することにした。

他の歯を先に治療してもよかったが、詰め物の金額を考えると、翻訳料金が入金してからということになり、親知らずの抜歯を優先した。

一番奥の親知らずは歯磨きが面倒であり、しかも第二大臼歯との間に野菜の繊維質などが挟まったりして、不衛生となって虫歯になる危険性も高かった。

クリスマスが近づくと聖歌隊練習の時間も増えるし、年末ということで翻訳の納期も気になってしまうから、11月のうちに抜歯することになった。

午前中に有給休暇を3時間取り、朝9時に歯科医院に行った。
15分後には抜歯が終わった。
その親知らずをよく見ると、レントゲン写真で空洞に見えたところは、やはり虫歯で、浸食されて
黒くなっていた。

最後の親知らずということで、記念に持ち帰った。
捨てるかどうか、後で考えよう。

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

台風19号の被害はなく教会の礼拝に出席した

台風19号の影響について、11日から本日まで、翻訳会社のブログに書いた。
本社は近畿地方にあるが、事業継続性の確保と首都圏での情報取集のため
に、私は横浜市で自宅勤務をしている。
昨年は大阪を台風が襲ったが、今回は逆に首都圏直撃ということで、社員の対応を書くことになった。

幸いなことに被害はなかったので、災害時の対応を書くことはできなかった。
ただ、今後のことも考えて、ネット接続ができる場所を事前に複数確認するなど、事業継続性の確保の観点で調査したい。

そして今日13日は日曜日ということで、クリスチャンの私は、渋谷にある教会の礼拝に出席する予定であった。
無理することもないが、被害に遭った人たちのために祈るということも、礼拝では大切な努めである。
また、礼拝後に行事の準備をする予定なので、いろいろと運ぶものもあり、力持ちの私が必要なのだ。

朝6時に起きて確認すると、JR東日本は動いていないが、横浜市営地下鉄が始発から運転していることが判明した。
東急東横線が止まっているが、新幹線が動いていたので、地下鉄で新横浜まで移動し、次いで品川まで新幹線で行くことにした。
品川からはバスかタクシーで渋谷に行けるだろうと考えた。

すると、関内駅を過ぎた頃に、東急東横線の運転再開を知り、横浜駅で降りて乗り換えた。
特急は運休であったが、急行に乗って渋谷に向かった。
途中で線路内の飛来物撤去作業で止まったが、数分遅れで到着。

教会には9時半前に着いた。
教会にも被害はなく、オルガン奏者も既に到着して練習していた。
いつもの3分の1程度の出席者数であった。
礼拝後に聖歌隊練習をしてから、今月の行事の準備をした。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

歯科医院でもPaypay決済ができるそうだ

今月になって、奥歯の詰め物が外れたために、近くの歯科医院に通院している。
急いで予約したため、支払い方法などは確認せず、初回は現金にした。

2回目の今日も現金で支払ったが、レジ横に PayPay のQRコードが掲示されていることに気づいた。
帰宅してからその歯科医院のHPを見ると、様々な決済方法が記載されていた。

現金の他には、スマホ決済として PayPay と LINE pay がある。
高額となる場合が多い自由診療では、クレジットカードとデンタルローンがあるそうだ。
また、推奨するデンタルフロスなどの物品も、クレジットカードが使えるそうだ。

私は VISAデビットカードを使っているので、1回払いのみである。
それでも、0.25% のキャッシュバックがあるので、自由診療で10万円かかるとすると、250円が戻ることになる。
歯科医院近くにATMはあるが、数万円の現金を持ち歩きたくないので、カード決済を選ぶだろう。

PayPay の場合、1.5% 分が戻るので、10万円使うと1500円分になる。
驚くほど多くないし、消費税対策の還元も医療機関は対象外なので、登録する気がほとんどない。

他の店舗で使えばよさそうだが、これまで利用してきたポイントカードがあるので、できるだけ同じポイントでまとめておきたい。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

ドイツで新生児の手の奇形が増えている?

ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州のゲルゼンキルヘンにある聖マリア病院(Sankt-Marien-Hospital)で、今年6月から今月9月上旬までに誕生した新生児3人で、手に奇形が見られたという。

短期間に連続したことで、奇形の発生率が高くなっているのではないかと、ケルンの助産師が指摘し、専門家が原因を調査しているという。

放送局WDRの9月13日の記事は次の通り。
www1.wdr.de/nachrichten/ruhrgebiet/fehlbildung-gelsenkirchen-ursachensuche-hebamme-100.html

この指摘の後、この10年近くに見られた、約30件の類似の手の奇形が報告された。

この記事を受けて、9月16日のZEITの記事は次の通り。
www.zeit.de/wissen/gesundheit/2019-09/fehlbildungen-saeuglinge-deformation-haende-krankenhaus-geburt-gelsenkirchen/komplettansicht

奇形を持つ新生児の割合は、1~2%とのことだが、今回のように同じ病院で短い期間に、しかも同じような手の奇形が出現することは滅多にないようだ。

今回の3件の家族について、民族的・文化的・社会環境的にも共通点はないようだ。
妊婦が服用した医薬品や環境有害物質の影響が疑われているが、はっきりしたことはまだわからない。
類似の奇形はフランスでも報告されているとのことなので、協力して原因調査が進むことを期待したい。

新生児の手の奇形というと、サリドマイド(Contergan)を思い出す。
化学・医薬は人々の健康を支えてきたが、ネガティブな一面ということで、研究者は忘れてはならない事件だ。
もし医薬品の未知の副作用であると判明したならば、すぐに警告を出して、被害の拡大を防いでほしいものだ。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR