fc2ブログ

SI単位系の接頭語の記号m(ミリ)をM(メガ)に変えないで

日本では高校のときに進路を文系と理系に分けるためなのか、特許翻訳で理解不足の和訳に遭遇することがある。
文系クラスに進んだ人は、高校理科の基礎知識だけでは足りないので、大学学部レベルの知識を独学する必要はあるだろう。
まあ、理系研究者でもすべての分野を熟知していることはないので、ミスをする可能性は同じくらいあるかもしれないが。

特許や医薬分野などの産業翻訳系の講座では、文系だった人でも最先端分野の文書を翻訳できるようになった事例が紹介されている。
それでも、実際に実験操作や機器を使った分析などの経験がないので、苦労することも多いようだ。
また、化学や物理では特に重要な、単位の書き方の知識が足りない人が見られる。


最近、液体の粘度(粘性率)の単位で、2人の翻訳者が、偶然だが、同じ記載ミスをしたまま納品した。

原文の mPa・s(ミリパスカル秒)を、和訳で MPa・s(メガパスカル秒)と誤記した。

SI単位系での書き方では、単位と単位との間に半角スペースを入れるので、mPa s が正しい表記だ。
ただし、この特許の英語原文では間に中点を入れて mPa・s と書いてあるので、この記事では、それにならうことにする。

流体の粘度の SI単位系での表記を mPa・s にするのは、cgs単位系のときによく使っていた cP(センチボアズ)と数字部分を合わせるためだ。
接頭語はミリとセンチで異なるものの、1 mPa・s = 1 cP なので、数字部分は変わらないから混乱しにくい。
Pa・s ではなく mPa・s を使うのは、常温の水の粘度が約 1 mPa・s ということもあるだろう。

余談だが、天気予報での気圧の単位を mbar(ミリバール)から変えたときも、hPa(ヘクトパスカル)にして数字部分は変わらないようにした。

それで、10-3 のミリ106 のメガにしてしまうと、9桁も変わってしまう。
特許に記載された流体の粘度を知らなくても、「こんなに大きな粘度の流体があるのかな?」という疑問を持つかどうかが分かれ目だろう。

推敲時にタイプミスに気付けばよいのだが、もしかすると、加圧下の反応の実験例で MPa レベルの反応条件を見た経験から、mPa は誤記で MPa が正しいと思って修正したのかもしれない。

それでも、「溶媒なのに、こんなに大きな粘度で流れるのかな?」と疑問を持って、念のため調べてみることも大切だと思う。

また、この誤記をした2名のうち一方の翻訳者は、動粘度(動粘性率)の非SI単位である「ストークス(Stokes)」について、末尾の -s が複数形の語尾だと誤解して「ストーク」と和訳していた。

このような事例があるので海外の翻訳会社では、当該分野での学位を持つ翻訳者のみに依頼することがある。
それでは文系出身翻訳者が多い日本では困るので、私のような理系研究者がレビューすることで品質保証となるだろう。

機械翻訳もあてにならないので、企業や大学の理系研究者が特許翻訳に参入してほしいものだ。

機械翻訳は誤訳するから使えないという人もいるが、人間翻訳者が誤訳・誤記を残してしまうこともある。その誤訳・誤記が CATツールの翻訳メモリや用語集に登録されてしまうと、面倒なことになる。その後に翻訳を受注した翻訳者が、間違いに気づいて修正して納品しても、QAツールでは、〇〇の翻訳が統一されていないだとか、翻訳メモリに異なる翻訳が登録されているなどのエラーが出てしまう。False Positive ということで Ignore ...
温度の単位の誤記「C°」を修正した


テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

Schwarze Witwe / Schwarzer Witwe Pulsar

Schwarze Witwe / Schwarzer Witwe Pular
[天文] ブラックウィドウパルサー,ブラック・ウィドウパルサー1,毒蜘蛛パルサー
engl.: black widow pulsar


1 国立天文台年次報告(第28冊、2015年度)での表記
報告書リンク:
www.nao.ac.jp/contents/about-naoj/reports/annual-report/ja/2015/j_050.pdf

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

Genussmilchsäure(食品用乳酸)は機械翻訳ではどうなるか

ドイツ語の勉強を始めて困惑することの1つに複合語がある。
複数の語をつなげて1語にしたもので、普通の独和辞典には載っていないことが多い。

そのため、構成要素の単語に分けて、それぞれの意味を把握してから、再び組み合わせて全体としての意味を考える必要がある。

1個の単語なのに複数回辞書を引くことになって面倒なので、ドイツ語を教えていると、英語とあまりにも違うことに文句を言われることもある。

ドイツ語の造語法がそうなっているからであって、教えている私の責任ではないのだが、まあ面倒だということに同意してもらいたいのだろう。

翻訳をしていても毎日、辞書に載っていない複合語に出会う。
専門分野の独英辞典にも載っていないこともあるので、ドイツ語の造語法を理解した上で、適切な訳語を作り出すことになる。

例えば、食品添加物のpH調整剤である Genussmilchsäure について紹介しよう。

この複合語は Genuss + Milchsäure の組み合わせ。

後半の Milchsäure 乳酸で、普通の独和辞典にも載っている。

前半の Genuss は、「味わうこと、飲食すること、賞味」とあるので食品に関係する言葉だ。

文意から食品添加物ということは明確なので、仮に食品用乳酸と和訳してみる。

そしてこの「食品用乳酸」を検索してみると、食品添加物の名称として使われているので、正しい和訳として自分の辞書に登録することになる。

ここまで人間翻訳者の日常の作業を再現してみたが、機械翻訳ではどうなるだろうか。
最近話題の DeepL と Google 翻訳を試してみた。
今回はドイツ語から英語と日本語に変換して比べてみた。

Genussmilchsäure   DeepL              Google
         英語    Lactic acid         Pleasure lactic acid
       (他の候補)  Edible lactic acid
          
Lactic acid for consumption


      日本語   乳酸            プレジャー乳酸

どちらも日本語はだめだ。
英語も第1候補はだめだが、DeepL では他の候補で Edible lactic acid が出てくるので、まだましかもしれない。

全部小文字にして genussmilchsäure で試すと、不思議なことに DeepL は edible lactic acid が第1候補になる。
Google では英語は変わらなかったが、日本語は「快楽乳酸」となってしまった。

機械翻訳では、こんな言葉は見たことがないだとか、一応検索してみるかという判断はしないのだ。
出力結果を自動的に検索して用例を探すくらい Google ならできそうなものだが。

もしかすると、肌に塗ると元気になる「プレジャー乳酸」が存在するかもしれないが。

Genussmilchsäure を含む文を入力しても「乳酸」、「プレジャー乳酸」は変わらなかった。
まだ人間が頑張って、正しい訳例を食べさせてあげることが必要なようだ。

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

anderthalb

anderthalb ((分数;無変化)) (zweithalb, eineinhalb) 1と2分の1

続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Nabelschnurblut

Nabelschnurblut n. -es (-s) / -e (Nabelschnur + blut)
臍帯血

続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Quetschlichtquelle

Quetschlichtquelle f. -n /  (Quetschlicht + Quelle)
スクイーズド光源
engl.: squeezed light source

Quetschlicht n. -〔e〕s / -er スクイーズド光

続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

verlegen(他動詞)

verlegen1
他 (h)
1 ((方向を示す語句と)) a) ((jn. / et.4)) (…を…へ)場所を移す,移転する

続きを読む

テーマ : 外国語学習
ジャンル : 学校・教育

bereichern

bereichern
他 (h) 豊かにする
[再帰] sich4 bereichern (不当な手段で)金をためこむ,私腹を肥やす | sich4 an fremdem Eigentum bereichern 他人の財物を横領<着服>する

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

entsagen

entsagen
自 (h) ((雅)) ((et.3)) (…に対する)欲望を抑える,(克己して…を)あきらめる:einem Anspruch entsagen 権利を放棄する

続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

errechnen

errechnen
他 (h)
2 a) 予測する


続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR