FC2ブログ

ドイツ語: 同綴異義語に気をつけよう 2 Messer(刃、カッター、ブレード/測定器)

新型コロナウイルスCOVID-19の流行で、翻訳業界も仕事が続くのかどうか、心配している人もいる。
言語ペアや分野によって異なるのかもしれないが、私の場合は、会社でもフリーでも、4月中の仕事は十分にある。

フリーランスの翻訳では、国内1社から日英翻訳チェックを1件受注済みだ。
海外1社からのドイツ語和訳チェック1件と、短いドイツ語和訳2件で、すでに約$293の売上になっている。

そのうち、短いドイツ語和訳1件で、Trados の翻訳メモリに誤訳が登録されていたので、フィードバックしておいた。
これで追加料金がもらえるわけではないが、次回の依頼を確実にするために、信頼してもらうのが目的だ。

内容を具体的には示せないが、医療機器の添付文書についてだ。

その機器の仕様の説明のところに、Messer 3 m とあった。
これは、機器の図面を見れば明らかなように、ブレード 3 mである。

参考として添付されていたヨーロッパ各言語での説明書には英語もあり、「blade 3 m」になっていた。
「刃 3 m」も考えたが、「ブレード 3 m」にした。

しかし、類似表現が登録されていた翻訳メモリでは、「測定器 3 m」になっていて、これが自動入力された。

私が和訳担当のファイルは、正しい「ブレード 3 m」にしたが、翻訳メモリはそのままなので、修正を検討するようにフィードバックした。

もしかすると、改訂前の添付文書は、誤訳のままだったのかもしれない。

同綴異義語の Messer について、小学館独和大辞典第2版から引用しておこう。
意味によって名詞の性も違う例だ。

Messer 1 男 -s / - 2 (messen する装置: 例えば) 計器,測定器,メーター
Messer 2 中 -s / - 1 (刃を用いて切る道具) ナイフ 2 [医] 外科用メス 3 [工] (機械の) 刃


「科学ドイツ語」のコーナーでも紹介したが、ドイツ語にも同綴異義語がある。辞書を見ると、綴りが同じなのに、それぞれ別の見出し語として掲載してあり、語源が違うことも多い。多義語の場合は、1つの見出し語の語義説明で、1 .. | 2 .. | 3 .. などと列挙されている。多義語と同綴異義語との区別がはっきりしない場合もあるが、1つの単語に意味が1つだけというのは、ほとんどないと思った方がよい。そのため、翻訳に限らず、...
ドイツ語: 同綴異義語に気をつけよう Gericht(料理/裁判)

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語: Tröpfcheninfektion (飛沫感染) / Schmierinfektion (塗沫感染)

ドイツ語メディアで新型コロナウイルスCOVID-19の記事を読むときには、当然ながら医学専門用語が出てくる。

これまで病名などは、翻訳の仕事も含めて、オンラインの独英辞書でまず調べて、次いで英和の日本医学会用語辞典で日本語表記を確認している。

基本的な筋肉や骨、臓器の名称などは、「医学・歯学・薬学・看護学生のための 独・英・和 総合ドイツ語」(大羽武、同学社)を参照することもある。

また、南山堂の「日英独医語小辞典」は購入していないが、電子版にするか、改訂されたら検討したい。
www.nanzando.com/books/01315.php
www.logovista.co.jp/LVERP/shop/ItemDetail

今回は簡単に、2種類の感染経路の名称についてメモしておきたい。

Tröpfcheninfektion 飛沫感染(英 droplet infection)

Schmierinfektion 塗沫感染(英 smear infection)
参考として、小学館独和大辞典第2版では、「不潔な手指による感染」。

以下の図の説明がわかりやすい(ZEIT, 03. Apr. 2020)
www.zeit.de/wissen/gesundheit/2020-04/coronavirus-zahlen-todeszahlen-infizierte-deutschland-italien-usa/komplettansicht

飛沫・塗沫感染

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語で「買いだめする」は hamstern

ドイツ語の動詞で、「買い物をする」は、一般的に kaufen を使う。
週末の分を多めに「買い込む」ときは、
einkaufen を使うことがある。
名詞になると、Einkauf

そして、新型コロナウイルスの感染騒ぎで、ニュース映像で見られるように、多くの人々がスーパーマーケットに殺到して、食料品や日用品を「買いだめ」している。

このような(食料品などを)買いだめするを、ドイツ語口語では、hamstern という動詞を使って表現する。

つづりを見ればわかるように、語源は、動物の ハムスター (Hamster) である。
ハムスターは、食べ物を頬袋に詰め込む習性があり、その様子から、「買いだめする」という意味の動詞ができた。

ちなみに、小学館独和大辞典では、Hamster の語義説明で比喩表現として、「欲張り屋,ためこみ屋」を挙げている。

また、名詞の買いだめは、Hamsterkauf

ドイツでも買いだめが始まるのか、という新聞記事があった。
Die ZEIT の記事は次のリンクから。
www.zeit.de/politik/2020-02/notvorrat-hamsterkaeufe-coronavirus-quarantaene-lebensmittel-supermarkt-desinfektionsmittel

この記事の写真では、買い物カートにそれほど商品が入っていないので、今のところは Einkauf / einkaufen を使う表現になるようだ。
大手安売りスーパーの Lidl では、保存食や麺類、トイレットペーパー、消毒剤の販売が増加しているという。
ドイツでの患者数が、この記事の時点ではまだ少ないので、Hamsterkauf / hamstern を使うほどの増加ではないようだ。

仕事では使わない単語だが、語源がおもしろかったり印象に残る単語は、簡単に覚えてしまうものだ。

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Der Spiegelデジタル版をダウンロード購入した

ドイツのメディアでは、主に自然科学系の記事をチェックしている。
科学ドイツ語の教材を作ろうと思っているので、新語も含めていろいろと題材を集めている。

他にも、聖書やキリスト教関係の記事があれば、読むようにしている。

週刊ニュース誌の Der Spiegel(シュピーゲル)2019年最後の 52号では、聖書考古学の記事があったので読みたいと思った。
magazin.spiegel.de/SP/2019/52/168598700/index.html

エルサレムの発掘の話なので、ナショナルジオグラフィック2019年12月号「エルサレムを掘る」と一緒に読みたい。
natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/19/111900022/

1冊の価格は 4.99ユーロで、レートを 122円とすると 610円だ。
紀伊国屋書店で購入すると、1冊の税込み価格は 2,200円と高い。
水曜日には20%割引になるのだが、キャッシュレス5%還元やポイントを考慮しても、1,500円を超えてしまう。

ということで、デジタル版を購入することにした。
アカウントを登録して、カード決済をして、5分もしないうちにPDFをダウンロードできた。
カードの情報を見ると、629円になっていた。

デジタル版の購読料は月 19.99ユーロだから、月約 2,500円。
そこまで払う余裕はないので、これからも気になる記事があれば、デジタル版を都度購入することにしよう。

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

「安倍晋三首相と近い関係にある」というドイツ語の表現

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者で安倍晋三首相と近い関係にあると言われている山口敬之氏から、望まない性行為による精神的苦痛を受けたとして、民事訴訟により損害賠償が認められた。

この判決については、ドイツも含めて各国メディアが取り上げている。

報道内容についてのSNS投稿などで目立つのは、海外メディアでは山口氏を紹介するときに、「安倍晋三首相と近い関係にあると言われている」という表現を用いているが、日本の大手メディアでは触れていないということだ。

断定せずに、「~と言われている」とか、「~と噂されている」と書けばいいのに。
それとも、山口氏が安倍首相と親しいことは、日本国内では有名なので、書かなくてもよかったと判断したのか。

このような訴訟の記事では、論文や特許ばかり読んでいては出会わない表現を学ぶことになる。
「安倍晋三首相と近い関係にある」のドイツ語表現について、Spiegel と Die ZEIT の記事から引用しよう。

Spiegel では動詞 nachsagen を使っている。

Der Beschuldigte ist der prominente Fernsehjournalist Noriyuki Yamaguchi, ein mächtiger Gegner. Ihm3 werden enge Beziehungen4 zu Premier Shinzo Abe nachgesagt.
被告は有名なテレビ局記者の山口敬之氏で、手強い相手である。山口氏は安倍晋三首相と近い関係にあると噂されている

www.spiegel.de/politik/ausland/japan-shiori-ito-gewinnt-schadensersatzprozess-in-vergewaltigungsfall-a-1302083.html

nach|sagen2 (nach|reden) ((jm. et.4)) (…について陰口めいたことを)言いふらす,悪口を言う: Ihm wird Geiz nachgesagt. 彼はけちだとうわさされている

Die ZEIT では動詞を接続法I式にして、伊藤氏の発言として引用している。

Laut Ito wurde ein Strafverfahren kurz vor der geplanten Festnahme des Journalisten gestoppt. Ito führt dies darauf zurück, dass er enge Beziehungen zum japanischen Regierungschef Shinzo Abe habe.
伊藤氏によれば、その記者の逮捕が予定されていた直前に刑事訴訟手続きが停止された。伊藤氏は、彼(山口氏)が
日本の首相の安倍晋三氏と近い関係にあることがその理由だとしている。
www.zeit.de/gesellschaft/zeitgeschehen/2019-12/japan-shiori-ito-me-too-vergewaltigung-entschaedigung

「人間関係」を意味する Beziehung は、ふつう複数形の Beziehungen で使い、関係する相手を zu <mit> jm. (3格)で表す。

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語: 要求話法の接続法I式

中山豊、「中級ドイツ文法」(白水社)209ページから

要求話法とは
 要求話法は広い意味では命令から要望,懇請,願望に至るまでの様々な言語的表現手段を含むものですが,ここでは,接続法I式を用いた要求表現のみを要求話法と言うことにします.

  Man nehme täglich dreimal eine Tablette.
 毎日3度1錠ずつ服用のこと.

 今日のドイツ語では第I式は,不定詞句,話法の助動詞,命令法などを用いた要求表現ほどには用いられなくなっています.

不定詞句:  Täglich dreimal eine Tablette nehmen.
助動詞:   Man soll täglich dreimal eine Tablette nehmen.
命令法:   Nimm täglich dreimal eine Tablette!
---------------------------------

有機化学の本から、要求話法の接続法I式の用例を引用しておこう。
置換アルカンの命名法についての説明の一部である。
Eberhard Breitmeier, Günther Jung, "Organische Chemie" (7. Auflage 2012), Seite 28

  Man suche die längste Kohlenstoff-Kette mit der höchsten Zahl von Substituenten.
 置換基の数が最大である最長の炭素鎖を探すこと。

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語: 接続法II式の外交用法(婉曲用法) dürfte

ドイツ語の特許や自然科学系の記事でも、接続法を目にすることがある。

ほとんどの場合、「~と言われている」や、「~の場合に~であったと思われる」などの、第三者の意見の引用や、断定を避ける外交用法(婉曲用法)である。

今回は、太陽系外惑星に関する Max Planck 研究所の発表から、dürfen の接続法Ⅱ式、dürfte の使用例を引用しておこう。
www.mpia.de/aktuelles/2019-06-GJ3512b

Astronom*innen des CARMENES-Konsortiums haben einen neuen Exoplaneten entdeckt, der nach derzeitigem Wissensstand nicht existieren dürfte.

CARMENESコンソーシアムの天文学者らは、現時点の知識水準によればおそらく存在しないであろうとされていた新しい系外惑星を発見した。

小学館独和大辞典第2版の説明は次の通り。
((話し手の推定を控え目に示す.否定はつねに推定の内容にかかる)) おそらく…だろう,…であるといってよいだろう

テーマ : 勉強日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ製食洗機の説明書に出てくる vorabräumen は「予洗いする」? ⇒ 「残さいを取り除く」?

(最終チェック・修正日 2019年06月28日)

翻訳をしていると、一般的な辞書には出ていない単語に出会う。
そのため、翻訳対象に合わせて、いろいろな専門辞書を揃えたり、オンライン辞書を多数ブックマークしている。

今月困った単語は、ドイツ製食洗機の説明書の和訳チェックで出てきた、vorabräumen という動詞だ。
別のページには、そのまま名詞化した Vorabräumen もあった。

食洗機の使い方で、例えば、「食器を vorabräumen する」というところを、翻訳者は次のように2種類の和訳にしていた。
1) 食器を整理します。
2) 食器を払拭します。

1) は合っているように思えるが、違和感があり、2) は絶対に違うと思った。
食洗機の使い方の流れを見ると、「(残り物やこびりついたソースなどを取り除くために)予洗いする」ではないかと推測した。

vorab + räumen と考えると、「事前に、前もって」+「きれいにする、清掃する」=「予洗いする」 でよさそうだ。

⇒(追記:もっと幅広く考えると、「(食器から)残さいなどを取り除く」がよさそうだ。)

DUDENにもなく、オンライン独英辞書でも、その単語自体は見つからなかった。
類似の例として Vorabräum-Verfahrensschritt が英語で pre-wash process stage と出ていたので、「予洗いする」の可能性が高くなった。

他にも食洗機について検索してみると、類似の工程で、abbrausen という単語を使っていた。
この他動詞は、「(…に)シャワーで水をかける<洗う>」という意味だから、「予洗いする」とほぼ同じと考えてもよいだろう。

単語1個の調査に時間をかけてしまい、時給換算の翻訳料金は低下してしまうが、苦労した単語は忘れないだろうし、自分専用の辞書を作ることにもなるので、これからも面倒がらずにコツコツと調べていこう。

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

イースターのクイズ

今年2019年のイースターは4月21日である。
春分の日の後の最初の満月が4月19日であり、その直後の日曜日である21日がイースターである。
そのため毎年イースターの日付が変わるので、同一年度内に2回ということもあるため、私のように行事関係の委員をしていると、常に来年の日程まで気にしているものだ。

教会では礼拝後にイースター祝会を行う。
その祝会の中で、行事委員会としては、イースタークイズをすることになった。
問題は委員長が作成するということなので、私は特に何もすることがないが、ドイツの新聞などに載っているクイズで予習することにした。

冒頭に記載したイースターの日付の求め方もクイズでよく出る。
次のクイズも毎年目にするものだ。

イエス・キリストが復活したとき、墓の前で婦人が出会った天使の人数は?
a) マタイとマルコでは1人、ルカとヨハネでは2人。
b) 1人
c) 2人

答えは a)。
福音書を日本語で読むと、天使が1人の場合、単数なのかどうかがわからないので、英語やドイツ語の聖書で確認してほしい。

天使が1人の場合は、例えば、マタイによる福音書第28章2節から。
日本語(新共同訳):主の天使が天から降って近寄り、
ドイツ語(Luther 2017):Denn ein Engel des Herrn kam vom Himmel herab,
英語(King James 2000): for the angel of the Lord descended from heaven,

天使が2人の場合は、例えば、ルカによる福音書第24章4節から。
日本語(新共同訳):輝く衣を来た二人の人がそばに現れた。
ドイツ語(Luther 2017):da traten zu ihnen zwei Männer in glänzenden Kleidern.
英語(King James 2000): two men stood by them in shining garments:

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語:男性名詞の Magnet(磁石)は弱変化か強変化か

英語が得意な人から、ドイツ語も勉強したいと相談されたことがあるが、基本的な文法の学習でさえ面倒だと、文句を言われたことがある。

名詞には男性・中性・女性の区別があり、複数形で母音がウムラウトになったり、語尾はいろいろあるし、それに加えて格変化もあり、一緒に冠詞や形容詞も変化するので、面倒とのことだ。

複合名詞の切れ目がわからないことに加えて、分離動詞が出てくると、文句はさらに増えてくる。
だから私のように、大学での研究でドイツ語論文を読む必要があるなど、必死になる条件がないと覚えられないのかもしれない。

それでも語学の学習に終わりはないので、翻訳の仕事をしながら、コツコツと積み上げていかなければならない。

今日は、男性名詞の Magnet (磁石)が弱変化なのか、それとも強変化なのかを調べることになった。

Planet などのように、最後にアクセントがある男性名詞は、弱変化になるという規則がある。

だから Magnet も弱変化なので、格変化を示すと次のようになり、単数1格以外は同じ Magneten になる。

弱変化  単数       複数
1格 der Magnet         die Magneten
2格 des Magneten  der Magneten
3格 dem Magneten    der Magneten
4格 den Magneten     die Magneten

しかし、ほとんどの独和辞典では、強変化が主であるように書いてあり、弱変化の場合もあるとしている。
例えば、小学館独和大辞典第2版では、単数2格語尾と複数1格語尾は、次のように書いてある。
Magnet 男 -[e]s/-e; -en/-en ( [e] は省略可)

強変化  単数       複数
1格 der Magnet          die Magnete
2格 des Magnet[e]s  der Magnete
3格 dem Magnet[e]    der Magneten
4格 den Magnet         die Magnete

それに対して、DUDEN では2格の表記で弱変化を先に示している。
Genitiv: des Magneten und Magnet[e]s

翻訳会社の同僚のドイツ語ネイティブに聞くと、弱変化で使っているとのことだ。
検索してみると、20世紀前半までは強変化で使っている文献が多く、20世紀後半から弱変化ばかりになる。
Komet や Planet に合わせて変えたのかどうか、文献を探してみようと思う。

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR