「英単語の世界」(寺澤盾著・中公新書)

翻訳専業となってから忙しい日々であったが、今月は少し時間的余裕があったので、英語関連の新書を読んだ。

寺澤盾著、中公新書の 
英単語の世界 多義語と意味変化から見る である。
www.chuko.co.jp/shinsho/2016/11/102407.html

【英語は世界中の言語から多くの語彙を吸収し、既存の英単語も新しい意味を獲得してきた。boot(長靴)に「コンピュータの起動」の意味が生じ、固定して動かない状態を指したfastが「速い」を意味するようになるなど、一見理解しがたい変化もある。しかし、こうした変化は、ランダムにおこったのではなく、何らかの連想関係が存在するのだ。英単語の多様な意味をつなぐものとは何か。その秘密に迫る。】

目次は次のとおり。

第1章 もっとも語義の多い英単語は? -多義語のさまざまな意味-
第2章 a hand of bananas はどんな手? -「似ているもの」で喩える-
第3章 bottle を飲み干す -「近くにあるもの」で指し示す-
第4章 quite a few はなぜ「たくさん」? -意味変化の原因-
第5章 you は多義語 -機能語の多様な意味を繋ぐ-
第6章 トイレを表す語彙の変遷 -意味のエコロジー-
終章  一語一義主義 -多義語と英単語学習-

英語に限らず、外国語の学習時に大変なのは、1つの単語にさまざまな意味が存在することである。
元の意味から、類似のものに意味が拡大したり、他の意味に変化したり、分野によって使い方が違ったり。
私もドイツ留学中に、辞書の一番目に出てくる語義だと思い込んでしまい、誤解してしまった経験がある。

ただし、その多様な意味は、互いに無関係ではなく、異なる語義を繋ぐ糸のようなものがある。
第1章で最初に例示されている hand では、「手」という意味との関連が理解しやすい語義が紹介されている。

1 手 2 手助け 3 所有、管理 4 (時計の)針 5 人手、労働者 6 持ち札 7 筆跡 8 拍手 9 バナナの房 10 [サッカー] ハンド …

「手」が関わる「筆跡」や「拍手」などの他に、「手に形が似ている」という類推から「バナナの房」という意味が加わっていることが面白い。
この隠喩・メタファーは、第2章でも取り上げられ、身体部分を表す語の例として、eye や head などが紹介されている。

第3章では、換喩・メトニミーが取り上げられ、hand が「筆跡」の意味に転用されたことを紹介している。
これは、文字を書いているときに、書いている手と文字、つまり筆跡が空間的に近接していることに基づいている。
また、「ボトルを飲み干す」では、「ボトルの中の飲料を飲み干す」ことであるが、「ボトル」だけで、その中にある飲料のことであることは類推可能である。

第4章では、意味が変化する3つの原因として、「社会に関わる要因」、「言語使用者に関わる要因」、「言語に関わる要因」を紹介している。
「社会に関わる要因」では、新しい概念や事物を表す必要性から、これまでの語に新しい意味を付け加えること。
最近のIT関連では、cloud 「クラウド」が挙げられる。

「言語使用者に関わる要因」では、タブーを表す婉曲表現や、ある語が次第に差別的意味を持つ例が紹介されている。


続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

学校英語クイズ(ドイツ紙 Süddeutsche Zeitung から)

ドイツ語と英語は、同じゲルマン諸語の系統で親戚だと言われているが、文法は全く異なるので、英語の次にドイツ語を勉強する人は、誤解に基づく先入観を捨てることが必要だ。

自然科学系研究者は今でもドイツ語論文を読む機会があるにもかかわらず、「ドイツ語は英語に似ているから辞書で単語を調べれば意味はわかる」などと言って、基礎文法すら確認しない人もいる。
まあ、実験操作の説明のように、自分の経験が理解を助ける場合は、単語の意味を並べて眺めていれば、なんとなくわかるかもしれない。
しかし、「試薬を2時間かけて加えた」という説明を、「試薬を加えてから2時間反応させた」と誤解していた人もいるので、専門家ならば研究に必要な言語として最低2か国語、できれば3か国語を学んでほしいものだ。

繰り返すが、英語とドイツ語は異なる言語なので、高等教育を受けたドイツ人であっても、正確な英語を使える人は1%程度だという。
それでも、コミュニケーションがとれるだけの英語力を持つ人は多く、英語能力指数は世界第14位で、日本の第26位よりも上で、「高い」グループに入っている(日本はフランスやロシアよりも上だから、そんなに悲観することもない)。
www.efjapan.co.jp/epi/

EU市民ならば原則として、EU域内の国ならばどこでも働くことができるので、英語を身につけてドイツから出ようという人もいる。
そんな風潮を反映しているのかどうかは知らないが、ドイツ紙の Süddeutsche Zeitung では、英語クイズが出題されている。

今月の英語クイズは、「Do you speak Schulenglisch? (学校英語を話しますか)」で、学校で習う基礎文法のクイズになっている。
全部で15問あるが、そのうち5問を引用するので、各問題の選択肢A・B・Cのうち、どれが正しいのか考えてみてほしい。
15問全部を解きたい人は、次のリンクを参照。
quiz.sueddeutsche.de/quiz/2081640481-englisch-quiz/1

1.
A. Twenty years ago Tom married July and was moving into her house.
B. Twenty years ago Tom married July and had moved into her house.
C. Twenty years ago Tom married July and moved into her house.

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

「英語を使うお仕事」(英語教育2012年8月号)

大修館書店の雑誌「英語教育」は、特集記事に翻訳などの気になるものがあれば購入している。
plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/List

8月号の特集は、「英語を使うお仕事」ということで、もちろん翻訳も入っている。
特集の目次は以下のリンクを参照してほしい。
その中から気になった記事を引用しておこう。
plaza.taishukan.co.jp/shop/Product/Detail/71208

・【理系研究職】 研究開発で世界をリードするために(村田賢一)
・【技術翻訳】 言葉は文化:日英文化間を旅行する毎日(松澤圭子)
・【研究所】 グローバルの前に日本代表として(宮田輝子)
・【翻訳家】 苦手な英語を訳すということ(池田香代子)

私は民間企業の研究員で、英語を毎日使っているといっても、実験ノートへり記録や、論文・特許を読むのが主体だ。
たまに外部に出す資料として、実験手順のまとめ(実験の部)を代筆することがあるくらい。

他には、年に1回または2回ほど参加する学会で、外国人研究者の招待講演で英語発表を聴くくらい。
ごく最近、実際に英語を話したのは、海外メーカー製反応装置のデモに来ていた英国人に、「こんな反応は実施可能かどうか」と質問しただけ。
どこかの英会話教室や文部科学省が宣伝するような、「英語ができないと仕事もできない」という実感は全くない。

英語を一番多く話したのは、大学・大学院・ポスドク時代で、留学生や観光客相手だ。
自転車のパンク修理をしてもらっている間、自転車を買いに来た留学生に、私が代理で英語で接客した。
「試乗できますよ。」や、「この値段は消費税抜きです。」だけでなく、「来週火曜日まで取り置きしておきます。」など。

うまくできなかったことも確かにあり、観光客から食べ放題のピザ屋の場所を質問されたが、私はその店を知らなかった。
また、これは英語ではないが、ドイツ人教授夫人の観光案内を任されたとき、美術館や寺院で、ドイツ語でどう説明するのか悩んだ。
語学能力の問題もあるが、上記【研究所】の記事にもあるように、日本や住んでいる街の歴史・文化といった知識の方が大切なこともある。

一番に気になったのは、ドイツ語翻訳家の池田さんの記事である。
私は英語とドイツ語の両方を担当しているので、共感する部分もあったし、翻訳裏話のような話題も面白かった。

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

木星の衛星Europaの和名は「エウロパ」に統一してほしい

翻訳の仕事をしていなくても、外国語の辞書を使うことは多いし、日本語を読むときも国語辞典や漢和辞典で確認することがある。
たいていの人は、専門家が辞書を編纂したのだから、その記載内容を信じてしまうだろう。
しかし私は、高校生のときに読んだ岩波新書、「英和辞典うらおもて」の影響だけでなく、実際に複数の辞書を比較した経験から、辞書の記述を鵜呑みにしないようにしている。

これまでも何度か、ニュース翻訳での誤訳や、オンライン辞書などでの疑問点を指摘してきたが、今回は木星の衛星 Euorpa(エウロパ)を取り上げよう。

Europa は、英語の発音に由来する「ユーロパ」と呼ばれることもあるが、天文用語では「エウロパ」と決めている。

ただ、「dwarf planet」を「矮惑星」ではなく「準惑星」としたように、専門家が決めた用語について、納得できないこともある。
自分なりのこだわりはあったとしても、他人とコミュニケーションするためには、統一した用語を使うことになる。

和訳ニュースでの誤訳を指摘したとき、担当した翻訳者はオンライン辞書だけを使っていた場合が多かった。
納期に追われる翻訳では、調査時間が足りないのはわかるが、複数の辞書を使うことが望ましい。

人気のある無料オンライン英語辞書として、アルクのトップページから検索できる、英辞郎 on the Webがある。
www.alc.co.jp/

そこで、「Europa」を検索すると、語義説明では「ユーロパ」、その他の例文などでは「エウロパ」と不統一だった。
無料だから不統一なのかと思い、月315円のPro版を申し込んでみたが、検索結果は同じだった。

Europa 名 2. 《宇宙》ユーロパ◆木星の衛星
Europa's surface エウロパ表面

…under the icy surface of Jupiter's moon, Europa, …
…木星の衛星エウロパの氷状の地表の下に…】

Pro版は初回契約月は無料なので損はしていないが、期待したものではなかったので、即刻解約することにした。
この件は、「誤植の報告」として修正依頼を出したが、改訂されるかどうかは、しばらく待たないと判明しない。


私が年間契約している有料オンライン辞書サービスは、研究社のKODで、複数の辞書を同時に検索対象にできる。
オプションで、オックスフォード英英辞典などが追加できるので、利用者の希望する組み合わせを選ぶことが可能だ。

kod.kenkyusha.co.jp/service/

ところが、Europa については、残念な結果となり、研究社に改訂の要請をすることになってしまった。

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

「a diplomatic spat」は「外国的小競り合い」でもよいのか?

5月中旬から腸管出血性大腸菌(EHEC)の大規模感染拡大が、ドイツを中心に緊急課題となっており、ドイツ留学中にお世話になったドイツ人夫妻が大丈夫かどうか、特に心配である。
ドイツへの旅行者が帰国後に発症したケースもあるため、今後は日本にも、この新種の大腸菌が持ち込まれることが懸念される。

ということで、WHOやEU委員会、そしてドイツ政府関係機関の公式発表と、ドイツの各メディアの報道内容をずっとチェックしている。
当初はドイツ国内の問題だと思っていたから、全ての情報をドイツ語で得ようとしていた。
ただし今では、ヨーロッパだけではなくアメリカでも発症の疑いがある患者が見つかったので、英語でも大量の記事が出ている。
そして日本でも、最近の飲食店での食中毒事故と共に、ヨーロッパでの感染拡大について報道するようになった。

英語記事を日本語に翻訳して掲載しているニュースサイトもあるので、内容把握が便利なったことに加えて、時事用語などの新語も含めて、翻訳の勉強にもなる。
私はニュースサイトのトライアルで不合格だったので、専門知識が豊富な翻訳専業の人たちが作業している和訳記事を参照している。

しかし残念なことに、1か月に1回は明らかに誤訳と思われる文や、誤訳ではないものの違和感のある表現に出会う。
私は副業で英語・ドイツ語の翻訳をしているので、自分の戒めとする意味でも、誤訳や何か疑問があれば問い合わせをして、正しい和訳について確認するようにしている。

EHEC関連記事では例えば、6月3日掲載のウォール・ストリート・ジャーナル日本版の記事、「欧州で広がるO104は致死性高い=WHO(2011年6月3日 8:00 JST)」 には、私が使わない表現が出てきた。
それは、5段落目の最後にある、「外国的小競り合い」 である。
jp.wsj.com/World/Europe/node_245175

【発生はおおよそ北ドイツに限定されてはいるものの、欧州の野菜生産者は大腸菌不安が高まる中で浮き足立ち、他方責任の所在をめぐってドイツとスペインの間に外国的小競り合いも起きている。】

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

「blue whale(シロナガスクジラ)」を「青いクジラ」としないでほしい

いつものことだが、年度初めは翻訳依頼がほとんど来ない。
翻訳者募集サイトには、連日情報が掲載されているが、たまたま私の専門分野では依頼が減っているのかもしれない。

21日発売の翻訳・通訳ジャーナル夏号を明日購入して、東日本大震災後の業界事情を確認しておこう。
www.tsuhon.jp/new/index.html
特別編/東日本大震災の通訳・翻訳業界への影響
震災後の通訳・翻訳ボランティアサービス、夏の3D洋画、大学への医療通訳派遣、電子書籍サービス…など】

ということで翻訳依頼が来ないため、帰宅後は英語やドイツ語、そしてときどきノルウェー語のニュースを読んで、コツコツ勉強している。
英語記事を読むときは、ロイターやAFP、そしてCNNを利用すると、日本語記事になっている場合もあるので、自分の解釈を確認することもできる。

ただし、明らかな誤訳という、とんでもない和訳記事もある。
また、私がよく読む科学技術関連記事では、専門用語の選択が不適切ということも多い。
翻訳専業の人たちを採用してニュース翻訳を依頼しているはずだが、納期が厳しくてチェックできないのか、変な和訳がそのまま出回ることもある。
そして誤訳記事を読んだ人の中には、誤解による怒りをぶつけたブログ記事などを投稿している人も見かける。

副業ではあっても、私も翻訳で収入を得ているので、自分への戒めの意味も含めて、誤訳記事を見つけたときは連絡している。
すると編集部から何らかの返答があったり、私の指摘が正しい場合には記事の修正が行われている。


誤訳の原因にはいろいろあるが、翻訳者の勘違いの他にも、使用した辞書の語義解説が元々間違っていたこともあった。
そんなこともあり、私は研究社のKODという有料オンライン辞書を年間契約して、複数の辞書を同時に比較できるようにしている。
kod.kenkyusha.co.jp/service/

ただ、基本的な単語については、わざわざ確認する必要がないと考える人もいるようで、不思議な和訳が見つかることがある。

例えば、文脈から魚のシイラとすべき 「dolphin」 を 「イルカ」 と誤訳して少々騒ぎになったこともある。
また、「シロナガスクジラ」 とすべき 「blue whale」 を、「青いクジラ」 としている文章に何度も出会っている。

続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

「国際共通語としての英語」(鳥飼玖美子著・講談社現代新書)

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による大震災と、東京電力福島第一原発の事故は、今日も世界中で報道されている。
日本国内でも、情報が隠されているのではないか、どうして官僚的回答しかしないのかなど、同じ日本語を使っている人同士でも、なぜコミュニケーションが成立しないのか疑問に思う日々が続いている。

誇張された海外報道を引用する日本のメディアもあるが、これは情報発信する側の日本政府や東京電力などにも問題はある。
翻訳者募集情報を見ると、もしかすると原発や地震関係の英訳ではないかと思われる仕事があった。
文部科学省は何年も前から、「英語が使える日本人の育成」 を推進していたはずなのに、政府にも電力会社にも、英語が使える人材はいないということのようだ。

英語で日本の情報を発信することを考えるためにも、4月下旬に発売された鳥飼玖美子著、「国際共通語としての英語」(講談社現代新書)を読んだ。
www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp

「通じる」英語を目指す!
ネイティブ並みに話せなくてもいい
グローバル時代では自分らしい英語の発信を
いま、どんな英語力が求められているのか
ビジネスでも教育の現場でも英語力が問われている】

章立ては次の通り。

第一章 通じる英語とは何か
第二章 発信するための英語
第三章 「グローバル時代の英語」が意味するもの
第四章 国際共通語としての英語と学校教育
第五章 英語教育で文化をどう扱うか
第六章 国際英語は動機づけになるか
これからの英語と私たち――まとめに代えて

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

AFP日本語記事での誤訳を指摘した

昨年は翻訳の受注を増やすために、ニュースサイトのトライアルも受けたが、残念ながら不採用だった。
経済ニュースのサイトだったので、得意分野の自然科学の知識は生かせないから、その結果は納得している。
もし採用されたとしても、日本時間の夜中に作業するため、本業を持つ私には無理だったと思う。

その後、外資系メーカーと直接取引をすることになり、トライアル情報を探すこともなくなった。

それでも受注量が激増したわけではないので、毎日翻訳で忙しいということはない。

ということで、ドイツ語と英語の報道を毎日チェックして、翻訳の勉強を続けている。

特に自然科学や環境の分野のニュースを読み、日本語版があるものは、その和訳を比較して確認している。

続きを読む

テーマ : 翻訳
ジャンル : ビジネス

天然物の生物活性で「antibiofueling(抗バイオ燃料化)」とは何だろう

人は誰でも間違いをするものだが、翻訳対象の原文にスペルミスなどがあると困ってしまう。
間違っていることを確認して、修正した和訳にするために、余計な時間を消費してしまうからだ。

過去には特許文書で、存在しない単語に遭遇したことがある。
特に病名などの一般的には使わない単語では、スペルミスが多発する傾向があるようだ。
病気の解説をするサイトでは、よくあるスペルミスの一覧を掲載しているくらいだし。

存在しない単語ならば、間違いということだけはすぐに判明するが、ありそうな単語の場合、間違いなのかどうかは、その分野の専門知識がないと判断できないだろう。

今回は、ある天然物の研究を紹介する記事で、「
antibiofueling activity」 という表現が出てきた。
「antibiofueling」 は、ありそうな単語だが、「抗バイオ燃料化活性」 とは一体何だろうか。

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

発電設備の記事では「power」は「力」ではなく「電力・電気」と訳してほしい

VWとリヒトブリック社が共同で、家庭用コージェネレーション設備を販売することを発表した。

両社とドイツ連邦環境省のプレスリリースは、それぞれ次の通り。
http://www.lichtblick.de/uf/090909_PM_ZuhauseKraftwerk.pdf
http://www.bmu.de/pressemitteilungen/aktuelle_pressemitteilungen/pm/44928.php

公式発表前に伝えた Der SPIEGEL 誌の記事は次の通り。
http://www.spiegel.de/wirtschaft/unternehmen/0,1518,647227,00.html
http://www.spiegel.de/wirtschaft/unternehmen/0,1518,647858,00.html

地元紙 Hamburger Abendblatt の記事は次の通り。
http://www.abendblatt.de/wirtschaft/article1176544/Zuhause-Kraftwerk-mit-Golf-Motor.html

VWが開発した高効率コージェネレーション設備 EcoBlue を、各家庭に来年から10年間で10万基設置し、エネルギー新興企業 LichtBlick 社の電力ネットワークに接続して利用する計画だ。

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR