元素名は「シリコン」ではなく「ケイ素」と書いてほしい

翻訳専業となった私は、既に研究職ではないが、自然科学の様々な動向は、趣味と実益を兼ねてチェックしている。

最近は、SI単位系の定義の改訂にも興味がある。
そして今年2018年に注目されていることとは、質量の単位であるキログラムの定義の変更が予定されていることだ。

キログラムの定義の変更について、2015年のナショナルジオグラフィック日本版の記事は次の通り。
natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/072100020/

これまでは、国際キログラム原器で定義していたが、ある原子をアボガドロ定数個集めた質量に変えることになった。
そのためには、アボガドロ定数を正確に決定する必要がある。

日本の産業技術研究所で、その測定を達成したことの報告は次の通り。
www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2017/pr20171024/pr20171024.html

ドイツでも達成しており、ドイツ物理工学研究所(PTB)の研究紹介のサイトは次の通り。
www.ptb.de/cms/forschung-entwicklung/forschung-zum-neuen-si/ptb-experimente/kilogramm-und-mol-atome-zaehlen.html

そして今月は、この改訂について解説した講談社ブルーバックスの 「新しい1キログラムの測り方」(臼田孝著)を読んでいる。
gendai.ismedia.jp/list/books/bluebacks/9784065020562
gendai.ismedia.jp/articles/-/55228



今回取り上げるのは、アボガド定数の決定に使われた高純度ケイ素について、元素名なのに 「シリコン」 と書いていることだ。

第9章 「新しいキログラムへの道 - 動き出した国際プロジェクト」 を見ると、アボガドロ定数の決定に使用する理想的な材料としてケイ素が紹介されている。

元素名の和名は、日本化学会が決定しており、原子番号14の元素は 「ケイ素」 であって、シリコン」 ではない

「シリコン」 は、特に電子材料の分野で、高純度ケイ素を意味する業界用語であって、学術用語ではない。

「材料」 として説明しているため、「シリコン」 でもよいのではないか、または、研究者ではない一般人向けには、「シリコン」 の方がなじみがあるのではないか、などと言われそうだが、科学的に正確な記述を優先して、「ケイ素」 にしてほしかった。

例えば、171ページにある同位体についても、「シリコン28」 には違和感がある。

出版元の講談社への問い合わせは、メールフォームがなかったので、時間があるときに電話して聞いてみよう。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツMycroProsの古細菌を使ったメタン生成プラントを導入しよう

特許翻訳の仕事に直結するかどうかはわからないが、ドイツで開発されている新技術についての情報収集を、不定期ではあるが行っている。
主に新聞の報道から探していて、特に環境問題への対策技術に関心がある。

その中には、日本でも導入してほしい技術もある。
日本は独自技術の開発にこだわるようだが、プロジェクトへの人材や資金の投入が中途半端なので、ドイツから導入した方が早いと思う。
テレビ番組などで、日本はすごい、という印象を持たせようと頑張っているが、ここは現実を認めて、他国からなんでも金で買えばいい。

今週注目したのは、MycroPros のメタン生成技術である。
技術の紹介サイトは以下の通り。
micropyros.jimdo.com/verfahren/

ちなみに、特許は、DE102012221286A1 で、これはドイツ語で出願された。

風力発電や太陽光発電の余剰電力を捨てずに水の電気分解に利用して水素を生産し、その水素と二酸化炭素との反応を、古細菌の一種であるメタン菌を利用して、高効率でメタンを生産するものだ。

以前から、Power to Gas 事業がドイツでは発展している。
その紹介として以下の資料を参考に挙げておこう。
www.mitsui.com/mgssi/ja/report/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/10/20/131115du_goto.pdf (三井物産の資料)
www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy/suiso_nenryodenchi/co2free/pdf/001_03_00.pdf (NEDO新エネルギー部の報告)
www.audi-mediacenter.com/en/audi-e-gas-slash-audi-g-tron-240
 (Audi e-gas)

従来技術では、水素と二酸化炭素との反応に使う化学触媒は、高温の反応温度が必要であったり、アンモニアや硫化水素などが触媒毒となって反応が止まるなど、欠点もあった。

古細菌を使うメタン生産システムでは、100℃以下の比較的低い温度で反応が可能で、アンモニアなどが含まれていても反応が進むことが利点である。

二酸化炭素源として、下水処理場やバイオマス発酵プラントなどを使う場合、アンモニアや硫化水素を除去する必要がないため、特に有利である。

更に、バイオマス発酵で、ある程度のメタン発酵をさせておき、メタンと二酸化炭素との混合物を得て、これを続けて水素と反応させることも可能だ。

天然ガスと比較した場合のコストの問題はあるものの、風力発電などの余剰電力を活用する方法でもあるし、国内で再生エネルギーの循環ができる点も、将来のために早めに導入すべき技術だと思う。

先に示したNEDOの資料にもあるように、日本では水素の生産に力点が置かれているようで、メタン生産には言及していない。

需要を考えるとメタン生産を目標にした方がよいと思うし、大規模太陽光発電所の電力の受電を大手電力会社が拒否している現状では、メタン生産のために利用する方針に転換すべきではないか。

テーマ : テクノロジー・科学ニュース
ジャンル : ニュース

イオンのMSC認証具材入りおにぎりを購入

私は自然保護団体WWFジャパンの会員である。
きっかけは、石垣島のサンゴ礁保護活動に寄付をしたことで、その後も、森林保護や絶滅危惧種の保護活動などに指定寄付を続けた。

WWFが支援している海のエコラベルとしてMSC認証が知られている。
環境に配慮した持続可能な漁業を推進するために発足した制度だ。

MSCの日本語サイトは次の通り。
www.msc.org/jp

日本の水産事業者も認証を受けているが、基準が厳しいことや英語での書類作成などハードルが高いためか、日本では独自のエコラベル制度を作っている。
また、WWFが反捕鯨の方針のため、一部の国会議員からは敵視されており、WWFが推進するMSCを導入したくないそうだ。

最近の例として引用するのは、東京オリンピック・パラリンピックの食材調達において、MSCが優先されようとしていることに、ある国会議員が参議院農林水産委員会で発言していることだ(2016年5月12日)
kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/190/0010/19005120010007a.html

【舞立昇治君 
 東京オリパラ大会といいますのは、やはりWWFですとかMSCなど一部の団体のために開催されるものじゃなくて、日本国民や大会関係者が一体となってオールジャパンで取り組み、世界中の人々やオリパラ関係者をもてなし、日本開催は本当に良かった、日本は本当にこの農林水産物すばらしいと思っていただける機会とすべきだと思っております。】

MSC認証を受けた水産物は、イオンでも購入可能で、養殖漁業のエコラベルASCと合わせて、不定期ではあるが購入している。
少々割高なので、食費の予算の都合で、毎週買うことはできないが、イオンで買い物をするときには優先的に選ぶようにしている。

そして昨年12月に、MSC認証具材入りおにぎりが発売され、この制度がより身近に感じられるようになると期待される。
イオンのプレスリリースとWWFジャパンのスタッフブログは次の通り。
www.aeon.info/news/2017_2/pdf/171201R_6.pdf
www.wwf.or.jp/staffblog/2017/12/msc-2.html


そして年明けになってからだが、実際に紅鮭と焼たらこの二種類を購入して食べてみた。
MSC認証だからといって味が変わることはないが、青いラベルを見るたびに、環境保護活動を支援していることを実感できる。

価格もコンビニおにぎりと同程度なので、気軽に利用できると思う。
教会の遠足などの差し入れに持っていけば、MSC認証の宣伝にも使えるだろう。

イオンMSCおにぎり 
イオンで購入したMSC認証具材入りおにぎり(紅鮭・焼たらこ)





遺伝学の用語が改訂される:「優性/劣性」は「顕性/潜性」に

私は専業翻訳者になったため、研究現場からは離れてしまったが、科学界の動向を常に調査する必要がある。
主に担当するであろう化学・製薬・バイオの特許では、金属錯体を用いた新規合成法や核酸医薬、iPS細胞など、最先端の情報をチェックするのも仕事だ。

特に新語も含めた専門用語を、確実に把握しておく必要がある。
専門用語は学会が決めていて、改訂が行われることもあるので、専門の辞典も含めて数年に一度は更新が必要だ。

10年くらい前だったか、β-カロチンがβ-カロテンに変わるなど、物質名を英語読みに近い表記にしたことがある。
必須アミノ酸の和名も学会が決めているので、例えば、トレオニンスレオニンと書きたい人がいても、私がチェックするときは、トレオニンに訂正することだろう。

しかし、タンパク質たんぱく質のように、分野によって異なる表記を採用していることもあるので、翻訳するときはその対象分野やクライアントの要望に合わせなければならない。

そして今日の夜、朝日新聞電子版を見ていたところ、遺伝学の用語が改訂される記事が出ていた。
メンデルの法則でも有名な遺伝子の「優性」は「顕性」に、「劣性」は「潜性」になるそうだ。

他にも記事中で紹介されている例がある。

【「バリエーション」の訳語の一つだった「変異」は「多様性」に。
遺伝情報の多様性が一人一人違う特徴となるという基本的な考え方が伝わるようにする。
色の見え方は人によって多様だという認識から「色覚異常」や「色盲」は「色覚多様性」とした。】

日本遺伝学会が総力を挙げてまとめた新遺伝学用語集の「遺伝単」として、9月29日に発行予定である。
www.nts-book.co.jp/item/detail/summary/bio/20170929_182.html

続きを読む

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ研究振興協会(DFG)などがトランプの入国禁止大統領令に反対声明を発表

(最終チェック・修正日 2017年02月28日)

トランプ大統領が地球温暖化に対して懐疑的であることなど、選挙戦最中から科学界からは懸念の声が聞こえていた。
加えて、中東・アフリカ7か国からの入国禁止大統領令を発表したことで、批判の声は大きくなっている。

アメリカには、入国禁止の対象国も含めて全世界から、自国では得られない研究環境やテーマを求めて、研究者が集まっている。
競争社会にはいろいろと問題はあるものの、イノベーションが生まれる土壌であることは事実だ。

しかし、この入国禁止という大統領令が有効になると、そして更に対象国が拡大されると、アメリカの大学や研究機関のレベルが下がる恐れがある。
また、留学だけではなく、アメリカで開催される国際会議や学会、シンポジウム、セミナーなど、国際的な研究者の交流も阻害されてしまう。

先日もNHKのニュースで、日本で研究しているイラン人研究者が、アメリカの学会に参加できなくなったことを報じていた。
しかし日本では、大多数の日本人には関係ないためか、あるいは、経済関係や安全保障の方が重要だからなのか、日本学術会議をはじめとしてトランプ大統領令に反対しているとは聞かない。
国際的な研究環境の危機かもしれないのに、日本人は対象外のはずだから、ということで、国際社会と連帯しようとまでは考えないのだろう。

それに対してドイツでは、政府が反対声明を表明しただけではなく、2月3日にドイツ研究振興協会(DFG)やマックスプランク協会など9団体が連名で、「Wissenschaft ist internatioal(科学は国際的である)」という声明を発表した。

例えば、マックスプランク協会のHPでは、次のリンクでPDFをダウンロードできる。
www.mpg.de/11033476/Stellungnahme-Wissenschaftsorganisationen_Praesidialdekret-Einreise-deutsch.pdf


続きを読む

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

ドイツ連邦環境庁が牛乳・食肉の付加価値税を19%に上げるように提案

今日はドイツ語特許の和訳を納品したので、もう1つの英語特許の和訳を再開する前に、ドイツ関連のニュースをチェックしてみた。
地球温暖化関連で興味を持ったのは、ドイツ連邦環境庁が、1月5日発表のプレスリリースで、牛乳や食肉などの動物由来農業製品の付加価値税を、現在の7%から19%に上げるように提案していたことだ。

そのプレスリリースは次のとおり。
www.umweltbundesamt.de/presse/presseinformationen/abbau-umweltschaedlicher-subventionen-stockt-weiter

これにコメントしているfoodwatchの記事は次のとおり。
www.foodwatch.org/de/informieren/klimaschutz/aktuelle-nachrichten/umweltbundesamt-will-hoehere-steuern-auf-milch-und-fleisch/

温室効果ガスとしては二酸化炭素が一番わかりやすい存在ということで、交通機関や発電などでの化石燃料の消費が注目されている。
しかし、農業も温室効果ガス、
例えば、メタンと亜酸化窒素(笑気ガス、NO)を発生する産業として重要である。

これまでも報告されてきたように、食肉や牛乳といった動物性製品の生産では、果物や穀物、野菜よりも温室効果ガスの排出量が多い。
プレスリリースの記載を引用すれば、牛肉1kg当たり、7kg~28kgの温室効果ガスが発生する。
それに対して、果物や野菜では、1kg未満の発生量にとどまる。

それで、環境に悪い製品には、食料品であっても、高い税金をかけようと提案している。
食料品の付加価値税は、現在は軽減税率の7%であるが、これを通常の19%に上げようというのだ。

続きを読む

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

クジラ・イルカを脅かすのは捕鯨よりも混獲

翻訳専業となって、予想よりも20%くらい多く受注しているため、興味のあるニュースなどを細かくチェックする時間が足りなくなってきた。
それでも休憩時間などを利用して、なるべくニュースをチェックして、
特許以外の英語・ドイツ語を読むようにしている。

気になったニュースの中から今日は、国際捕鯨委員会(IWC)の話題を取り上げよう。

日本の報道では、反捕鯨国との対立ばかり取り上げられてしまい、クジラ・イルカに関する他の話題はほとんど知られないままである。

以下に引用した朝日新聞と日本経済新聞の社説を見ても、調査捕鯨の話題が中心だ。
ただし、南極海から撤退して沿岸捕鯨を続けるという提案があるところが、少し進歩していると思う。

digital.asahi.com/articles/DA3S12636100.html (朝日新聞11月1日)
【日本での鯨肉の需要はかつてと比べて大幅に減った。
調査捕鯨の維持に年間数十億円の補助金がつぎ込まれてもいる。
袋小路に立てこもるような姿勢を続けて利益があるだろうか。

国際社会の声に耳を傾け、かたくなな姿勢を改める。
一方で、和歌山県太地町などでの「沿岸小型捕鯨」への理解を広げる努力を重ねる。
そんな戦略に転じるべきではないか。】

www.nikkei.com/article/DGXKZO09015410R01C16A1EA1000/ (日本経済新聞11月1日)
【70年代以前と比べ日本国内の鯨肉需要は大幅に減少した。
遠洋での商業捕鯨をあきらめ、沿岸での捕鯨枠の確保に集中することも、政府は考えるべきではないか。】

他の捕鯨国、ノルウェーとアイスランドについて、日本では報道が少ないので、代わりにドイツ語記事を読むことになる。
ここでは Die ZEIT の記事を引用しておこう。
www.zeit.de/wissen/2016-10/walfang-verbot-norwegen-japan-iwc/komplettansicht (ノルウェーと日本の捕鯨)
www.zeit.de/2016/45/wale-gefahren-internationale-walfangkommission-japan-fischer/komplettansicht (混獲の問題)

続きを読む

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

日本はG7サミット議長国だったのにパリ協定の批准が遅れている

20年以上前、石垣島サンゴ礁保護運動をきっかけに、私は環境保護団体WWFジャパンの会員となった。
年会費1万円の他に、ボルネオ島森林保護や大型ネコ類保護など、臨時の寄付を5千円から1万円の範囲で続けてきた。
今年は年収が減る想定だったため、年会費を5千円に減らしているが、翻訳受注が順調であれば、臨時の寄付を増やして貢献したいと思う。

WWFジャパンでは気候変動・地球温暖化にも取り組んでおり、日本政府に対して、パブリックコメントの機会などを含めて要望している。


2015年12月に、地球温暖化対策に関するパリ協定が採択された。
伊勢志摩サミットでも話題になったが、日本政府の対応が遅れているうちに、各国が批准を進めて、今年10月5日に発効が決定し、発効予定日は11月4日である。

日本は伊勢志摩サミットの議長国であったにもかかわらず、パリ協定の早期批准については、国内産業界の反発に配慮して、乗り気ではなかったと言われている。
しかし、主要宣言には以下のように明記されており、議長国としても、批准作業を進める義務があったはずだ。
www.mofa.go.jp/mofaj/files/000160265.pdf

【G7は,引き続き指導的な役割を担い,パリ協定の2016年中の発効という目標に向けて取り組みつつ,同協定の可能な限り早期の締結に必要な措置をとることにコミット。全ての締約国に,同様の対応を求める。】

ということで、WWFジャパンは10月3日に
衆参両院に対して、批准を急ぐように要望書を提出した。
www.wwf.or.jp/activities/2016/10/1338703.html

10月11日にようやく閣議決定後、国会日程の都合なのか、全く進んでいない。
週明け17日からの国会審議が気になる。

11月7日からモロッコで始まるCOP22では、様々なルール作りも検討される予定だが、参加するには、
10月19日までに批准したことを国連機関に報告しなければならない。
もし批准が間に合わなければ、日本は単なるオブザーバー参加となり、日本に不利なルールが提案されたとしても、反論もできない。

続きを読む

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

天文学クイズを解いてみた

ドイツ語特許和訳のチェックの1回目が終わり、推敲は祝日の明日に行うことにして、今日はドイツ ZEIT紙の天文学クイズを解くことにした。
www.zeitakademie.de/seminare/naturwissenschaften/astronomie/astronomie-quiz

全部で13問あり、以下に問題文と選択肢を示し、私の解答はアンダーラインを付けた。
正解は最後に付記しておいた。

1. 
標準宇宙モデルで我々の宇宙の年齢は。
72億年、117億年、138億年、175億年、208億年

2. 惑星が地球の周りではなく太陽の周りを公転することを前提とする世界観はどれか。
太陽中心の世界観、恒星の世界観、日光中心の世界観、地球中心の世界観、星雲中心の世界観 (正しいつづりは Astralozentrisches Weltbild と判断した)

3. 惑星系のどの領域で惑星の水が液体状態で存在できるか。
ハビタブルゾーン、水文学ゾーン、エコロジーゾーン、液体水ゾーン、ヒューマンゾーン

4. 我々の太陽系の惑星は、どの2種類に区別されているのか。
岩石惑星+準惑星、巨大ガス惑星+恒星、岩石惑星+巨大ガス惑星、地球型惑星+恒星、巨大ガス惑星+準惑星

5. 我々の太陽系の惑星を公転する衛星は何個か。
5個、46個、92個、173個、208個

6. 「汚れた雪玉」とも呼ばれる天体はどれか。
彗星、クエーサー、流星、塾惑星、小惑星

7. 我々の故郷の銀河系、天の川にはどのくらいの恒星があるのか。
800万個、138億個、2,020億個、3,000億個、3,160億個

8. 超大質量ブラックホールはどこにあるのか。
恒星内部、例えば天の川中心部など銀河の中心部

9. 初期宇宙はどの元素で主に構成されていたのか。
ヘリウム、酸素、ナトリウム、炭素、水素

10. 何を「周極星座」と呼ぶのか。
我々の天の川の外にある星座、北極星に近い星座

11. 大望遠鏡を都市の外に置くべきなのはなぜか。
いわゆる光害のため、いわゆる電波公害のため、樹木の生長が盛んすぎるため

12. 我々の宇宙の大部分は何からできているのか。
惑星、ダークマター、恒星、ダークエネルギー、ブラックホール

13. どの恒星が長寿命なのか。
低質量の恒星、大質量の恒星


続きを読む

テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

ノーベル賞の報道の方針は「日本はすごい」と印象付けることなのか

21世紀になってから、日本人の自然科学系ノーベル賞受賞者が増えたためか、毎年10月初めはメディアが騒ぐようになったと思う。
基礎研究から応用まで、日本が世界をリードしていることは誇りに思ってもよいが、なんだか「日本はすごい」と印象付けることに躍起になっているように感じる。
加えて、受賞者が既にアメリカ国籍を取得しているのに、日本人としてカウントしようという、いわゆる国内ルールを持ち出すのも変な感じだ。

新聞報道では日本人以外の受賞者の研究を紹介する記事もあるが、テレビニュースでは時間配分がほとんど日本人受賞者ばかりだ。
その内容も、研究の紹介は少なく、人柄や幼少期のことなど人物評が多く、一般の人たちは科学に関心がないという前提なのだろうか。


今年のノーベル医学生理学賞では、抗マラリア薬アルテミシニンの発見も対象となっているのに、それに中国で自然科学系初の受賞なのに、その扱いは小さい。
イベルメクチンについても、アメリカの製薬メーカー・メルクとの共同研究に触れている報道もあるが、「大村氏が開発したイベルメクチン」と、日本単独の貢献と誤解しそうな書き方をしている記事もある。

物理学賞では、スーパーカミオカンデで検出しているのは、3種類あるニュートリノのうち主にミューニュートリノで、カナダのマクドナルド教授のグループの観測と合わせて、ニュートリノ振動が確認されたと言える。
しかしテレビニュースでは、マクドナルド教授の業績を紹介せず、ノーベル財団のインタビューから、梶田教授を尊敬しているという部分を切り取って放送していた。
スーパーカミオカンデや検出装置のすごさを強調するのはかまわないが、日本だけがすごいと誤解させるような報道はやめてほしい。

化学賞は日本人が受賞しなかったためか、DNA損傷の修復という面白いテーマなのに、ごく短く紹介するのみ。
面白いと思っているのは、私が化学者だからで、一般社会はそんなことはどうでもいいと、メディアは判断したのかもしれない。

他のテレビ番組でも、やたらと日本はすごいと印象付けようとしていると思われるものがある。
そのような雰囲気にさせているのは、誰の意向なのだろうか。
政府や与党がメディアチェックをしているそうだが、ノーベル賞の報道まで、誰かのために配慮する必要があるのだろうか。

テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR