FC2ブログ

iDeCo加入約13年でプラス100万円に到達

個人型の確定拠出年金を始めたのは、派遣社員のときだった。
厚生年金には加入していたが、退職金はないので、自分で用意することにした。

その後、ある試薬メーカーに正社員として転職したとき、厚生年金基金があるということで、確定拠出年金からは脱退した。
しかし、上司のパワハラなどもあって3か月で退職してしまった。

再び派遣社員となり、2006年10月に医薬メーカー子会社の契約社員に採用されて、個人型確定拠出年金に再加入した。
子会社採用で、しかも契約社員なので、退職金がないからだ。

2016年3月に、その子会社が解散した後も、拠出額を減額して継続した。
そして翻訳会社に入社してからは、月2万3千円に戻して継続している。

今月で加入から13年3か月となった。
拠出額ベースで比較すると、今月初めて損益がプラス100万円になった。
先週も1回到達したが、株価の急落もあってプラス90万円台に低下した。
株価が上昇した今週は、木曜日と金曜日に、再びプラス100万円台となっている。

予想の10年よりは長くかかったが、このまま順調に推移してほしいものだ。
今後の経済状況は予測できないので、50万円分を売却して定期預金として元本確保にしてもよいが、それは1年かけて考えてみよう。

一度正社員になったための空白期間がなければ、もっとプラスになっていたかもしれないが、まあそれも人生だ。

リーマンショック後など、なかなかプラスにならなくて心配になったこともあるが、そのときに積み立てた分が、今のプラスに貢献している。

拠出期間が65歳まで延長になれば、より年金資産を準備できるし、その間は所得控除が受けられるので有利だ。
退職金扱いで一度に受け取るとして、その時点で民間の年金保険に加入するかどうか、検討することになるだろう。
別に積み立てている民間年金保険も65歳で満期になるので、小規模企業共済と併せて、公的年金を補助して老後資金を確保したい。

ところで、フリーランス翻訳者のライフプランはどうなっているだろうか。
国民年金のみで、一生翻訳して収入を得ることになるのだろうか。

iDeCoに加入すると月6万8千円まで、小規模企業共済ならば月7万円まで拠出できるが、社員として厚生年金があれば会社が半分負担するし、公的年金は一生もらえるので、その差は大きいかもしれない。

翻訳者になって年収〇〇万稼ごうなどと言う人もいるが、年金も含めた現実の話をしてほしいものだ。

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

iDeCoの現況届は毎年必要とのことだ

今日、国民年金基金連合会から、「重要」と大きく書かれた封書が届いた。
個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用しているので、関連する通知だと思ったが、心当たりはなかった。

開けてみると、第2号加入者であることの届出書で、初めて見る書類だ。

私の勤務先では、厚生年金に加入していて、厚生年金基金などの他の年金制度はない。
その証明を事業主が毎年するために、現況届を提出することになっている。
その書類は、国民年金基金連合会から会社宛に届くはずだった。

iDeCo公式サイトでの現況届の説明は次のリンクから。
www.ideco-koushiki.jp/library/#archive_entry__000066
----------
第2号加入者は、企業の従業員として個人型年金に加入できる資格や限度額に変動がなかったかどうかについて、年1回届け出ることが法令上、定められています

「第2号加入者の届出書(事業主取りまとめ)兼第2号加入者に係る事業主の証明書」において、事業所における確定給付企業年金等の実施状況や第2号加入者の当該企業年金制度の加入資格の有無について、事業主の方に証明をしていただきます
----------

しかし、期限までに回答がなかったということで、加入者の私に書類が届き、そして私から会社側に依頼することになったのだ。

どうして会社に書類が届かなかったのかというと、本社が移転したからである。
iDeCoの公式サイトによれば、所在地変更届を会社が自ら提出する必要があるそうだ。

次のリンクで提供されている「事業主の手引き」18ページに書いてある。
www.ideco-koushiki.jp/library/#archive_entry__000066
事業主の手引き  

仕事が終わってから郵便局に行って、必要書類を本社に郵送した。
10日には届いて、来週中には手続きが終わるだろう。

小規模な翻訳会社では、必要な手続きを忘れてしまうこともあるだろうから、契約している社会保険労務士と密に相談できるようにしておく必要があるだろう。

テーマ : 雑記
ジャンル : ファイナンス

確定申告で約3万4千円が戻る予定

(最終チェック・修正日 2020年02月25日)

年が明けると確定申告の準備が始まる。
国税庁ホームページでは、1月6日から確定申告書の作成が可能になっている。

前回は、初めてのe-Tax利用ということで、様々なトラブルを経験した。
今回は何事もなく、順調に入力作業が進んだ。

そして今日、寄付金控除用の最後の領収書が届いた。
毎月3千円を寄付している国連UN
CR協会である。
実際には、金額の変更時に月2回払っていたので、年間の寄付額は4万1千円であった。

これを入力して、還付予定額を確認すると、34,094 円であった。
年末調整は 50,315 円だったので、合計で 84,409 円が戻ることになった。

2月は、アメリカドル建て翻訳料金を換金して、約5万5千円になる予想なので、還付金と合わせて約9万円を手にできる。
5月に個人年金保険で約18万円を払うので、使わないで残しておこう。


続きを読む

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

スルガ銀行ANA支店の特別金利定期預金

スルガ銀行は行政処分を受けた後、今年3月にコンプライアンス憲章を制定・宣言した。
コンプライアンスの徹底を進めるようなので、生まれ変わることを期待したい。

ANA支店の口座からほとんどの資金を他行に移動し、給与振込や公共料金引き落としも変更した。
VISAデビットも三井住友銀行に変えたので、約1年半、一度も使っていない。

ANA支店の口座に残っているのは、スペシャルギフト付き定期預金10万円のみ。
この定期預金は今月満期を迎えるので、満期日自動解約の設定をした。

そして他行に移すつもりだったが、このスペシャルギフト付き定期預金のキャンペーン金利が発表された。
来年3月31日の預け入れまで年利0.25%である。
www.surugabank.co.jp/ana/services/fixed_gift.html

税引き後は0.199%なので、10万円預けると1年後に199円が普通預金口座に入金する。

今年のボーナスは業績変動のため半額になったので、この10万円は、個人年金保険の掛金に充当する予定で、支払日まで他行に移す予定だった。
今後の翻訳料金収入をみてから、来年3月まで待って、キャンペーン金利の定期預金を作成するかどうかを決めよう。

テーマ : お得な情報
ジャンル : ファイナンス

紀伊国屋書店の消費税ポイント還元は店舗ごとに確認が必要

(最終チェック・修正日 2019年12月14日)

私は書籍の購入は、ほとんど有隣堂と紀伊国屋書店を利用している。
消費税が10%になって、辞書や専門書などの出費がきつくなりそうだが、来年6月までは消費税ポイント還元5%があるので少しは楽になる。
有隣堂も紀伊国屋書店も、資本金が中小企業に相当するため、5%還元の対象企業である。

紀伊国屋書店のお知らせによると、VISAやマスターカードなどのクレジットカードブランドも対象となっている。
www.kinokuniya.co.jp/c/20191008100028.html

しかし、【上記に表示されている対象決済手段であっても、一部のクレジットカード等では還元されない場合があります。】という注意書きがあった。

いつも利用している au WALLET プリペイドカードを確認すると、ポイント還元対象であった。
wallet.auone.jp/contents/lp/cashless/description.html

紀伊国屋書店では主に BookWeb で注文して、店舗受取サービスを利用している。
すると、この店舗受取サービスにも注意書きがあった。

【店舗受取サービスをご利用の場合は、受け取り店舗の還元対象決済手段が適用されます。各店舗の店頭に掲示しておりますポスターをご参照ください。】

ということで、教会学校の遠足が終わって帰宅途中に、いつも利用している紀伊国屋書店に立ち寄った。
店頭の新書、定期購読雑誌、そしてウェブ注文の書籍の支払いをするときに、ポイント還元対象について確認した。
すると、その店舗では、クレジットカードカードブラントはすべて対象外であった。

代わりに、スイカ(JREポイント)やEdyなどが使えることがわかった。
支払いを保留して、そごう店内のセブン銀行ATMでスイカにチャージした。
紀伊国屋書店に戻って、再びレジ前の列に並び、スイカで決済した。

ポイントが付くのは来月になるため、本当に5%還元なのかどうか、その確認は忘れたころになるのかもしれない。

au WALLET にこだわるわけではないが、今年中に教会近くの紀伊国屋書店に行って、使えるかどうかを確認しよう。

続きを読む

テーマ : ポイントを貯める
ジャンル : ライフ

歯の自由診療のために投資信託を売却

昨日9月30日、ドイツ語特許和訳が納品となり、ほっとしていたところ、夕食時に奥歯の詰め物が外れた。
痛みはないので、翌日に歯科医院に行くことにして、とりあえず有給休暇の申請をした。
どの時間帯に診療可能なのかわからないので、1日休むことにした。

歯科医院検索のサイトであるEPARKで、ネット予約可能な近くの歯科医院を探した。
一番近い病院は、予約可能日が10月2日以降と出たのであきらめた。

次に近いところは、10月1日12時から可能であり、機器も新しいので、情報を登録して予約した。
すると、診療時間外であったのに、院長から確認電話があった。
事情を説明すると、10時半からの予約に変更してくれた。

ネット予約は3時間後の時間帯から表示されるということだ。
つまり、9時診療開始なので、3時間後の12時から予約表が表示される。

初診ということで、治療計画のために、まず歯のデジタル写真と、レントゲンでパノラマ撮影をした。
そして虫歯や歯周状態のチェックをした。

すると、別の歯の詰め物も交換した方がよいということになった。
30年近く前の詰め物なので、歯との隙間が生じて、その部分が虫歯になってしまったのだ。

保険診療の範囲内だと、また同じような合金の詰め物になり、20~30年後に再び交換することになるだろう。
ということで、消費税が10%になってしまったが、自由診療でハイブリッド(セラミックとプラスチックの混合物)を選んだ。

ハイブリッドの金額は、1本3万8千円で、3本治療する計画なので、合計11万4千円。
一番審美的なセラミックだと1本5万5千円で、合計16万5千円となり、手が出ない。

化学者としてハイブリッド材料に興味があるし、歯科治療に使う光硬化性のプラスチックや接着剤の翻訳の仕事をしたことがあるので、実際にこの目で見て、自分の体に使ってみたい。

その他の診療費も含めて、13万円くらいを想定しているが、投資信託を売却して捻出することにした。
売却金額は合計で15万5千円と想定しているので、治療が予想外に長引いても大丈夫だろう。
ボーナスは業績変動であり、今年は減額となったので、仕方ないことだ。
10月下旬にスルガ銀行の定期預金10万円を満期日解約するが、これは個人年金保険の支払いに使う。

今年はアパート契約更新もあるので、あと1年くらいは家電が壊れないことを祈ろう。

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

スルガ銀行定期預金の解約予約をした

スルガ銀行ANA支店は、10年近くメイン口座として利用して、ANAマイルももらっていた。

しかし、不動産融資関係の問題が生じたため、生活費などの決済口座を目的別に、2018年10月から三井住友銀行・イオン銀行・横浜銀行に移した。

スルガ銀行ANA支店には、まだ定期預金10万円が残っている。
年利0.110%と高めなので、そのまま残していたが、10月下旬の満期に合わせて解約予約をした。

この10万円は来年5月に支払う住友生命個人年金保険の年払い保険料に充当する。
現時点で積立定期が合計9万円あるので、保険料約18万円の支払いが可能である。
または、今月末に海外翻訳会社からの翻訳料金の残高が約$900になるので、代わりにこれを日本円して充当してもよいだろう。

では、この18万円を約7か月間、元本確保だと定期預金しかないだろう。
大和ネクスト銀行の期日指定定期預金だと、年利0.100%になると思われ、利息は80円くらいだ。
利息を得るというよりは、うっかり使ってしまわないように、定期預金で拘束するという考え方だ。

イオン銀行では取引ポイントに応じたステージが一番高くなり、普通預金の年利が0.150%と、定期預金よりも有利だ。
積立定期が0.08%なので、中途解約して普通預金に戻した方が利息は増えることになる。

普通預金だと、うっかり使ってしまいそうだが、iDeCo掛金を支払った後の月末残高を、20万円以上にキープするというルールを決めておけばよいだろう。

テーマ : インターネット専業銀行
ジャンル : ファイナンス

金融資産合計が1000万円を超えた

保有している金融資産について、株式・投資信託・外貨だけではなく、iDeCoや個人年金保険なども含めて、エクセルで一覧表を作って、すぐに把握できるようにしている。

弟に毎月6~7万円を仕送りしているので、当初の予定よりも増加は遅いが、今週ようやく1000万円を超えた。
実家の不動産は入れていない。
老後2000万円問題で注目された資産形成だが、半分確保したということになるだろうか。

割合が一番多いのは、iDeCoで、約400万円。
次いで、個人年金保険2本の死亡時保険金で、約380万円。
この2つで約780万円だが、中途解約ができないので、帳簿上の資産ということになる。

換金可能な資産として、定期預金が約100万円。
外貨が約56万円。
株式・投資信託は合計で、約50万円と少ない。

もしもの場合に転居が必要になっても、100万円くらいあればなんとかなるだろう。
以前は、年収分を貯蓄しようと言われていたので、60歳までに、すぐに換金できる資産で500万円を目指したい。
それでも不安なので、最低でも70歳まで翻訳を続けることにしよう。

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダウン症の姉の老後のために家族信託は可能だろうか

ダウン症の姉も保険に加入しているが、本人は内容を理解できないので、母が代理で契約し、死亡給付金受取人は私になっている。
それで私も契約内容を把握する必要がある。

そのうち1つは、今はもう類似の保険商品はないと思うが、祝い金付き定期保険だ。
主契約の死亡・高度障害の保険金は1000万円で、月約1万4千円の掛金は母が払っていて、15年満期である。
祝い金は、3年ごとに10万円と、58歳の満期時に100万円を受け取ることができる。

15年間に約250万円の掛金を払って、祝い金は合計で140万円だから、約6割弱が戻って来る。
2回ほど入院して保険金請求しているが、祝い金のない医療保険の方が毎月の掛金は少なくなるはずだ。
この保険が満期になったら、今度は私が医療保険を選ぶことになるだろう。

もう1つ、個人年金保険を契約している。
姉自身が毎月1万2千円を払い、65歳から10年間、年額約31万円の年金が受け取れる。
国民年金が年間約78万円、約3年間正社員だったときの厚生年金が年5万円とすると、個人年金との合計は年約114万円。
農林年金の遺族年金分はどうなるのか、また、かんぽ生命もあったはずなので、後で確認してみよう。

それでも生活費が足りないかもしれないので、上述の祝い金も含めて、何か運用を考えないといけない。
障害者を対象とする福祉定期は限度額になっているはずなので、個人向け国債でマル優を利用したい。

ただし、この低金利ではマル優を利用しても利子所得はそれほど増えない。
それに、キャンペーン金利の定期預金作成時に、ペイオフを理解できないという理由で断られたので、個人向け国債も無理かもしれない。

ということで、姉を説得して家族信託にして、私が代わりに投資すべきだろうか。
障害者年金を受給していてもiDeCoは可能だし、つみたてNISAも利用できるだろう。

今は母が管理している賃貸アパートは、共同名義であるが、2~3年後にはこれも家族信託の形式で私が引き継いで、家賃収入の一定額を母と姉に渡すことになるだろう。
または、例えば、家賃収入から月3万円を姉名義のつみたてNISAで運用してもよいだろう。
そして個人年金保険が終わる75歳以降に、つみたてNISAを売却して年30~40万円を充当できると期待される。

社会保険労務士に合格した弟には早く自立してもらって、仕送り負担分はこれから積み立てて、自分と姉の老後に使えるようにしたいものだ。

テーマ : 生命保険・損害保険
ジャンル : ファイナンス

翻訳料金$1095で何に投資しようか

外国の翻訳会社からの5月分翻訳料金が、27日にPaypalの口座に入金した。
3か月分の合計で$1095になった。
今は円高で約105円なので、これを換金すると約11万5千円。

円安になるまで待ってもよいが、10万円で何かに投資して、利益を得た方がよいだろう。
G20後に為替レートが動くかどうか見てから、7月10頃に換金する予定だ。

買い替えたい家電製品として、冷蔵庫、掃除機、空気清浄機があるが、これは今回も先送りしよう。
現時点で積立定期が約10万円あるし、7月末には$487が入金するので、約5万円を振り向けることができる。

また、12月にはアパート賃貸契約の更新があるが、7月以降の翻訳料金で支払えるだろう。

現時点では次の3つを検討している。
1) じぶん銀行1年定期キャンペーン金利0.150%+現金プレゼント
www.jibunbank.co.jp/campaign/2019/20190603_yen_deposit/

2) 商船三井ブルーオーシャンサステナビリティ債 約6年 年利0.35~0.80%
www.mol.co.jp/pr/2019/19043.html (商船三井プレスリリース)
www.daiwa.jp/products/pdf/bond/190628.pdf (大和証券販売資料)

3) NISAで株式・ETF・投資信託

1) じぶん銀行の特別金利の定期預金では、10万円を一口として抽選があり、最高10万円が当たる。
はずれても必ず100円がもらえるので、源泉徴収された利息が戻ったと思えばよいだろう。

1年後に冷蔵庫などを買うために、10万円を確保しておくという意味はあるだろう。
ただ、積立定期で年18万円を貯める予定にしているので、特に定期預金で残す必要はないかもしれない。

2) 商船三井の債券は10万円なので投資しやすい。
調達資金の使用目的が環境保護にも役立つので、私の投資方針にも合致する。

利率は7月12日に決定するが、とりあえず0.6%と仮定すると、年間の利息は源泉徴収後に479円と思われる。
金額を見ると魅力的ではないし、約6年間、金利変化も予想できず、中途売却ができるかどうかも不明だ。
ただ、そのような金利変動リスクも含めて、債券投資の勉強を兼ねているし、環境関連なので優先して考えてみよう。

3) 10万円の投資ならば、マネー雑誌でよく特集されているように、配当と株主優待を狙った株式投資がある。
10万円未満で株主になれるものを簡単に検索できるので、後で確認してみよう。

ロック・フィールド株ならば、約70株を買い増しでき、配当利回りは2%を超えているので有利ではないか。
NISAだから配当金は非課税で、70株分の2240円がそのままもらえる。
これを投資信託積立で再投資するので、NISAの特徴を活用することにつながる。

今日も短い独日翻訳を納品して約$30になった。
これからもコツコツと仕事をして、5~10万円ごとに投資対象を検討しながら、老後に備えたい。

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR