豪ドル建て投資信託の売却

(最終チェック・修正日 2018年01月10日)

毎年の予算を考えるとき、収入を少なめに見積もっている。
給与では、残業をしない前提で計算するし、他社の翻訳は年間で15万円に設定している。

その15万円のうち5万円は、昨年のUS$建て翻訳料金約500ドルを日本円に換金するものだ。
PayPal を使う場合、5万円未満では手数料を取られるので、目安として残高が500ドルを超えてから日本円にしている。

弟への仕送りがあり、現状では約35万円の赤字なので、土日に他社の翻訳などで収入を増やすか、定期預金の解約、そして投資商品の売却を考えなければならない。

日曜日は教会の仕事があるので何もできないから、土曜日に5時間くらい荷物の仕分けなどして、月2万円くらい稼ぐべきだろうか。
自宅でできるデータ入力のようなものでもいいので、翻訳業務に影響しない範囲で考えたい。
弟に労働意欲を持たせることが困難であれば、私があと2年間、少々無理して働く方が手っ取り早いかもしれない。

今月は、4日に日本学生支援機構の奨学金返還で12万円を払ったし、月末には住民税、2月は火災保険の支払いがある。
2月に満期になる定期預金10万円を解約して充当する。
生活費が足りない場合には、US$建て翻訳料金約500ドルを換金した約5万円を、事業主貸にして使うことになるだろう。

「きょうだいリスク」が主な原因で今月解約したのは、三井住友銀行で保有していた、豪ドル建て投資信託である。
BNYメロンのグローバル・ハイイールド・ボンドを100口保有していた。
www.smbc.co.jp/fd/servlet/jp.co.smbc.kojin.toushin.shosai.FundDataServlet

ハイイールド債は、常にデフォルトのリスクが気になるが、運用レポートを見ると、保有を続けてもよさそうにも思える。
しかし、現状では保有に固執する理由がないため、売却することにした。
分配金受け取り総額は A$612.46 で、約A$267 の利益が出ているから気にしない。

この投資信託は、購入時手数料が保有期間に応じた後払い手数料である。
例えば、2年以内に解約すると、4%の手数料を支払うことになる。

ただし、保有期間が5年を超えると解約手数料がゼロになる。
私の場合、2010年11月に購入して7年を超えるので、評価額のまま豪ドルで受け取ることができる。

1月4日に銀行窓口で解約を申し込み、5日に注文となった。
約定日は連休明けの市場が開いている日で、受渡日は16日とのことだ。

5日の評価額は A$675 で、レートを86円とすると約5万8千円だ。
実際には豪ドル普通預金で受け取り、レートを見て換金する。

面倒なのが、源泉徴収なしの特定口座で、外貨建て投資信託の扱いがどうなるかだ。
これは銀行からまだ返答がないが、来年の確定申告のときに考えよう。

続きを読む

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

確定申告の還付予定額は約29万円 → 約30万円

(最終チェック・修正日 2018年02月14日)

今日4日の夕方に国税庁のホームページをみると、確定申告書等作成コーナーが入力可能になっていた。
www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/index.htm

実際の申告は2月中旬であるが、時間がある今のうちに、青色申告の内容を確認して、控除関係の金額も入力してみた。

すると、6月分の翻訳料金約2万8千円の入力漏れが見つかった。
さらに、売掛金の回収の入力漏れも見つかった。
翻訳料金の請求書と、銀行口座の取引履歴を再チェックして、作成コーナーで入力できる状態にした。

家賃や通信費などの経費(家事按分30%)は、1月から8月までを計算した。
9月からは社内翻訳者になったので、個人事業主としての経費には入れないことにした。
9月以降は家事按分を5%にして、年間平均の家事按分の比率を計算してもよかったが、面倒なのでやめた。

社会保険料控除は、源泉徴収票に記載されたもの以外に、8月までの自分の国民年金と国民健康保険、確定拠出年金、小規模企業共済、そして弟の国民年金と国民健康保険。

弟を扶養親族にしたので、その控除38万円が追加された。
さらに、寄付金を入力して、ほぼ完了した。

今月下旬に、投資信託や債券の売却について、損益通算をした後の金額を入力すれば完成する。

まだ最終的な金額ではないが、還付額は約29万8千円となった。
譲渡所得の課税はそれほどないため、約29万5千円が還付される予定で予算を修正した。

ただ、これだけ戻ってきても、住民税の年額とほぼ同じと思われるので、その支払いに消えてしまう。
実際には、5月に支払う個人年金保険の約18万円と、12月に支払う奨学金返還の12万円に充当することになる。

この還付額でも、今年の予算は約35万円の赤字である。
今年も収入を増やすことだけではなく、弟が働く意欲を持つように促すことで悩みそうだ。

続きを読む

テーマ : 税金
ジャンル : ファイナンス

小規模企業共済の掛け金を1000円に減額の申し込み

この年末年始の予定は、特に遠出をすることもなく、お金を使わない活動ばかりだ。
教会の会報原稿を編集する他には、バチカン放送関係の資料を探しに外出するので、交通費と外食費くらいしか使わないつもりだ。

また、先月の「きょうだいリスク」に関する追加取材にさらに加えて、弟への仕送りについて思案する姿を撮影することになった。
記事の信ぴょう性を高めるためには、顔は出なくても、実在する人物に取材した証拠が必要なのだという。

PCの前に座って、エクセルで計算中の来年の予算を示したり、弟が受験した資格試験の不合格通知や国民年金保険料の控除証明書、そして私の奨学金返済の通知を並べる予定だ。

29日には家賃を振り込むので、その結果を画面に表示してもよいだろう。

通常は、預金通帳を手にする姿を撮影するのだが、私は振込手数料がゼロ円になるインターネットバンキングを利用しているので、PC画面を指さすシーンになるのかもしれない。

来年の予算案は、ほとんどできていると言ってもよいが、私の収入だけでは弟への仕送りには足りないので、見直しを少しずつ行っている。

今日は、中小機構の小規模企業共済の掛け金を減額するための申込書を郵送した。
現在は毎月 12,000円を払っているが、来年1月から 1,000円に設定した。
1月の口座引き落としに間に合わなくても、1月に払う 12,000円が年額に相当するため、2月から12月まで払う必要はなくなる。

この減額で約13万円が確保できるが、これはほとんどそのまま奨学金の返還に充当する。
そして2018年12月に最後の奨学金返還となり、2019年は少しは楽になるかもしれない。

このようなストレスは、無意識のうちに疲労を蓄積することにつながるかもしれない。
翻訳でケアレスミスをしないように、ストレス管理、体調管理に留意したいものだ。


フリーランス翻訳者として、仕事を継続的に受注することが一番重要だが、老後の準備も考えなければならない。一般的な会社員と異なるのは、退職金がなく、厚生年金もないため、老後の生活費をほぼ自助努力で備えなければならない。私は派遣社員と契約社員の経験ばかりなので、元々退職金はない契約だったため、確定拠出年金個人型と民間の年金保険で準備してきた。ただ、独立開業直後は、どの程度収入が確保できるのか不明だったた...
小規模企業共済の加入手続きをした


青色申告でe-Taxにすべきだろうか

政府・与党がまとめようとしている税制改正の方針は、今の国会の勢力図を見れば、そのまま決まると考えてもよいだろう。
私に関係する事項としては、特に青色申告の控除額についての報道をチェックした。

2020年になってからの申告だから、まだ対応を考えなくてもよいかもしれないが、e-Tax を利用した電子申告にするかどうかを2019年10月頃までには決めておかなければならないだろう。

現在は、青色申告用の会計ソフトを利用して複式帳簿で記録しているため、控除額は65万円である。
2020年の申告では、現状では控除額が55万円に減るそうだ。
ただし、電子申告をすれば、その減った10万円分が上乗せされて、同じ65万円となる。

これまでは、電子申告の初回に5,000円の控除があったが、カードリーダーを購入しても、利用回数が確定申告の年一回しかなく、その他の準備も面倒で、メリットがほとんどないと感じていた。

メリットと言えば、申告会場で列に並ばなくてもいいというくらいではないだろうか。
確定申告の時期には、日曜日にも提出できる日が設定されているが、その日は30分くらい待たないといけない。

また、電子申告であれば、寄付金の領収書なども含めて、必要書類を貼付する手間も省けるので、時間の節約にはなるかもしれない。

それでも、個人番号のカードを作りたくないので、電子申告をしようとは思わなかった。
それに、寄付金などの入力が一番時間がかかる作業であって、必要書類を貼付する時間の割合は少ないので負担ではない。

では、控除額が55万円に減ると、私は損をするのだろうか。

続きを読む

実家アパートの外階段交換はどうなるだろうか

実家の隣には、父が建てたアパートがある。
2階建て4戸の小さなアパートだ。

部屋の設計には私も参加して、使いやすい部屋を考えた。
キッチンと約7畳半の部屋との間は、アコーディオンカーテンにした。
部屋の窓の上には棚を取り付けてもらい、空間の有効利用をした。

ただ、20年くらい経過してから、家賃を下げても、一部屋空くことが続くようになった。
ということで今は、一部屋を週に一回、書道教室に貸して、残りの日は町内会で使うことにしている。
町内会の事務室兼集会室にしているため、自治体からお金が入る。

このアパートの家賃収入があることで、弟は仕送りしてもらえると思っているためか、なかなか自立しない。
ということで、期限を決めて、それ以降は援助しないことを告げた。
その期限までの間、弟は私の扶養家族として扱い、金額の上限も決めて、最低限の仕送り額とすることで、母も説得した。

そして、実家やアパートの修理費用を残すために、母には毎月7万円を積み立ててもらっている。
10万円貯まるごとに定期預金にしていて、今月で50万円分になった。

金利は低いため、キャンペーン金利を利用しても、3か月定期の継続で付与された利息は、100円に届かない。
ただし、目的は利息を受け取ることではないため、気にしていない。

そして今週、アパートの外階段が腐食によって危険であることが判明し、交換工事の見積もりをとることになった。

続きを読む

テーマ : 不動産
ジャンル : ファイナンス

青色申告をしたのに住民税申告書が届いた

(最終チェック・修正日 2017年09月11日)

昨年の収入は、会社員・派遣社員であった6月までが給与収入で、そのときの翻訳料金は雑所得として処理した。
そして個人事業主となった8月以降の翻訳料金は、事業収入として青色申告となった。

複数の収入があっても、総合課税のこの申告で所得金額が確定するため、住民税も計算されることになる。
実際に6月上旬に市民税・県民税の税額決定通知書が届き、8月末には第2期の口座引き落としも完了した。

ところが、この情報が反映されていないのか、本日、市民税・県民税の申告書が郵送で届いた。

提出期限が9月22日の通知を見ると、翻訳料のうち、一番金額が大きいA社の金額約300万円が記載されていた。

所得税の確定申告をした場合は、今回の申告書の提出は不要と書いてあるので、無視してもよいようだ。
しかし、確定申告をしていても、「お手数でも当区役所へ御連絡くださるようお願いいたします。」 と書いてある。

問い合わせをしようと思っても、月曜日になるまでは何もできない。
すでに金額が決定した住民税を支払い済みなのに、どうしてこのような行き違いが起きるのか、質問してみようかと思う。


今日、翻訳作業をしていたところ、住民税の決定通知が届いた。年額は 276,700円で、今月末の第1期は 69,700円、残りはそれぞれ 69,000円だ。当初の予算では、昨年と同じ35万円としていたので、約7万円少なくなった。予算では、6月末の支払額を9万円に設定していたので、約2万円減った。昨年とは自治体が違うので、市のホームページで住民税の試算をすればよかったのだが、面倒だし、少し多めに予算計上した方がよいと思った...
住民税は予想よりも約7万円少なかった


続きを読む

テーマ : 税金
ジャンル : ファイナンス

弟を扶養家族として申請してみた

(最終チェック・修正日 2017年09月13日)

昨年8月に正式に翻訳専業の個人事業主となった。
副業時代から取引している翻訳会社も含めて、4社から仕事を受注した。
収入は月ごとに変動するものの、平均すると税込で40万円を超えているので、特に余裕があるわけではないが、通常の生活を送ることができる。

このままフリーランスとして続けるのか、それとも特定の1社と専属契約をするのか、または特許事務所の社員になるのか、選択肢はいろいろとある。
1か月くらい考えてみて、正社員採用を前提とした専属契約をすることになった。
どこの会社なのかは言えないが、主に特許明細書の英日・独日翻訳(チェッカーを含む)をする仕事だ。
理系研究者の経験と知識を活用するには、特許翻訳は一番合っていると思う。

個人事業主のときは、国民年金で第1号被保険者であったが、社内翻訳者は厚生年金があるので、第2号被保険者になる。
ということで、確定拠出年金個人型(iDeco)の継続には、種別変更届と、新しい勤務先の登録が必要になる。
今週中に運営管理機関に届けば、来月の引き落としから 23,000円になる。

確定拠出年金の申請はそのまま通るはずだが、気になっているのは、弟を扶養家族にできるかどうかである。

続きを読む

テーマ : 健康保険
ジャンル : ファイナンス

Tポイントに集約してマルエツで使う

買い物すると、店舗ごとに様々なポイントがもらえる。
そのポイントは、次回の買い物時に、100円未満の端数を支払うために利用している。

書籍のほとんどは、紀伊国屋書店で購入して、紀伊国屋ポイントの他に、au Walletで支払うのでauポイントがつく。
以前はEdyで支払って、ANAマイルを貯めていたが、今はauポイントにしている。
そごう内の紀伊国屋書店では、ポイントアップの対象ではないが、代わりにミレニアムポイントがもらえる。

Edyと言えば、以前はスーパーのマルエツでも利用していたが、今はVISAデビットで支払って、Tポイントを貯めている。
Tポイントのサイトでのマルエツの説明は次の通り。
tsite.jp/pc/r/al/maruetsu.pl

通常の買い物金額ではそれほど多く貯まらないように思われるが、他のスーパーと同じように、ポイントが2倍や5倍の曜日もあったり、商品によっては、+50ポイントなどのボーナスもある。

また、他のドラッグストアなどの買い物でも、Tポイントがもらえるところを優先して利用している。

アンケートサイトでもポイントが貯まるので、これもTポイントに交換できるところを利用している。
今年は、家計調査のアンケートに協力しているので、毎月最低でも2000ポイントがもらえる。
他のアンケートサイトも含めて、月に2100~2600ポイントを手にしている。

貯まったTポイントを利用するのは、マルエツお買物券との交換である。
475ポイントで500円分の買い物券になるので、現金や商品券に交換するよりも有利だ。

そして今月は、450ポイントで500円分の買い物券と交換できる。
www.maruetsu.co.jp/cam/tpoint450_1708.html

そのため、先月はポイントを交換せずに残しておき、8月11日に4050ポイントで500円券9枚と交換した。
11日と14日の買い物金額は、合計で 4,716 円だったが、買い物券を利用したため、216 円の支払いで済んだ。

また、今月からは、ほとんどのポイントをTポイントに交換して集約し、マルエツでの買い物に使う予定だ。


続きを読む

テーマ : ポイントサイト
ジャンル : ビジネス

ロック・フィールドの特別優待で500円分多めにもらう

NISAで投資している4銘柄のうち、一番投資額が多いのはロック・フィールド(2910)である。
200株だけなので、株主優待がもらえる最低株数だ。

NISAが使える期間中に、500株までの追加投資を予定していたが、弟への仕送りなどで月10万円以上負担しているので、いつまでも予定のままだ。
カブドットコム証券のプチ株で、10株ずつ買い増して、3年くらいかけて500株にしようかとも考えている。

今年4月末までの第29期では、期末配当が1株当たり7円増配されて、23円となった。
200株なので 4,600円となり、28日にカブドットコム証券の預り金に入金した。

株主優待は、500円のおそうざい券が2枚であるが、今回だけ特別優待として500円券1枚が追加された。

株式分割後に変更された優待内容と、今回の特別優待についてのリリースは次の通り。
www.rockfield.co.jp/ir/library/pdf/20161209kabu.pdf

ということで、1月に受け取った中間配当 1,800円と合計で 6,400円の配当収入となり、200株の購入代金 258,971円を基準とすると、配当利回りは、2.47% である。

これに優待の 1,500円を加えると、優待込利回りは、3.05% である。

株価は変動するので、定期預金との単純比較はできないが、安定していると判断した企業の株を保有することも、資産形成の選択肢の1つとすることが望ましい。


優待券   


続きを読む

テーマ : 株主優待
ジャンル : 株式・投資・マネー

弟の国民健康保険税は 47,100 円

弟の国民健康保険税は、昨年まで母が払っていた。
今年から最長で3年間、私の扶養控除に使うことにしたので、私が払うことになった。

私が加入している大阪文化芸能健康保険組合では、弟を扶養家族にするには、同居が条件になっている。
翻訳の仕事を手伝ってもらえるならば、事務所を兼ねた2LDKくらいの家を借りて、同居してもよいかもしれない。

しかし、弟の能力では書類整理くらいしかできないし、給与を払うとして、翻訳で税込月60万円以上を継続して得られるのかどうかもわからないので、3年以内に自立することを求めている。

今月初旬に保険税額が決定したということで、母宛の手紙の中に、通知と納付書が入っていた。
昨日の昼過ぎに母が速達で私に送り、今日の14時半頃に到着した。

金額を見ると、年額は 47,100 円。
所得割基礎額がゼロなので、均等割り額のみ。
細かく示すと、医療分が 25,100 円、後期高齢者の支援分が 11,000 円、介護保険分が 11,000 円。

7月末日までに払う第1期が一番多くて、12,100 円。
その後は2月末の第8期まで、毎月 5,000 円。

既に予算に入れてはいたものの、7月に受け取る翻訳料金が予定より少ないので、外貨MMFを売却して捻出するかもしれない。
外貨MMFは大和証券で運用しているが、今後はカブドットコム証券と日興証券にする計画なので、ちょうどよい機会かもしれない。

続きを読む

テーマ : 社会保険
ジャンル : ファイナンス

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR