FC2ブログ

特別定額給付金10万円が入金しました(5月29日9時40分頃)

5月29日9時40分頃、横浜市から特別定額給付金10万円が、指定した銀行口座に振り込まれた。
オンライン申請初日、5月12日午前0時31分の申請だったが、振込開始日28日ではなく、翌29日になった。
かなりの人数が日付変更とほぼ同時に申請したのだろう。

給付金7 
これで定期預金を解約しなくても、PayPal のUS$建て翻訳料金と合わせて、6月の生活費が確保できた。

(最終チェック・修正日 2020年05月28日)5月25日の安倍首相の会見では、特別定額給付金10万円の給付を開始した自治体の割合が多いと自慢していた。多いといっても、自治体数の割合であって、給付した人数でもないし合計金額でもない。横浜市では、システムの準備に時間がかかったようで、マイナンバーカードを利用したオンライン申請が始まったのは、5月12日だった。一番早かった自治体と比べて、約2週間遅れて始まった...
特別定額給付金10万円は本当に5月中に届くだろうか ⇒ 28日振込開始


テーマ : 雑記
ジャンル : ファイナンス

特別定額給付金10万円は本当に5月中に届くだろうか ⇒ 28日振込開始

(最終チェック・修正日 2020年05月28日)

5月25日の安倍首相の会見では、特別定額給付金10万円の給付を開始した自治体の割合が多いと自慢していた。
多いといっても、自治体数の割合であって、給付した人数でもないし合計金額でもない。

横浜市では、システムの準備に時間がかかったようで、マイナンバーカードを利用したオンライン申請が始まったのは、5月12日だった。
一番早かった自治体と比べて、約2週間遅れて始まったわけだ。

5月下旬に振込開始とのことだが、本日27日でもまだ届かない。
今日は個人年金の年払いなどで約21万円を支払った。

-----------------
追記(5月28日)
横浜市のサイトでは、28日から振込を開始し、5月中に約5千件を処理するとのことだ。
www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/teigaku/teigaku.html
-----------------

5月中に届くと信じているので、積立定期は解約しないことにした。
家賃の支払いは、担保にしている定期預金の貸越を利用する。
普通預金口座の残高が一時的にマイナスになるが、給付金が入金するはずなので、すぐに解消するだろう。

オンライン申請ならばすぐに給付されるかのように言っていたが、何の根拠もない話だったようだ。
郵送申請の方が早いだなんて、デジタル化を進める日本政府を信じて期待した方がバカだったのか。

12日の0時31分に申請したのに、横浜市が申請データをダウンロードしたのは26日午後になってからだ。

給付金6 

手続きの進捗について、横浜市会議員が担当課に説明を求めたそうだ。
その議員のブログ記事のリンクは次の通り。
furuya-yasuhiko.com/5611/

この記事によると、申請データのダウンロードは22日に始まっている。
受付開始31分後の私が26日ということは、かなりの人数が午前0時を待って一斉に申請したようだ。

26日時点で処理できたのは3千件程度ということだ。
この中に入っていることを期待したい。
29日にはもらえるだろうか。

横浜市では5月12日午前0時から、特別定額給付金10万円のオンライン申請が始まった。神奈川新聞の記事によると、初日のオンライン申請は 40,186 件で、私もその中に入っている。神奈川県内では、既に給付が始まった自治体がある。ただし人口が多い市では、申請の内容確認に時間がかかるそうだ。報道で明らかとなったように、マイナンバーカードは単なる本人確認の手段であって、申請内容はそれぞれの自治体職員が人海戦術で目...
定額給付金10万円は5月中に届くだろうか

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

定額給付金10万円は5月中に届くだろうか

横浜市では5月12日午前0時から、特別定額給付金10万円のオンライン申請が始まった。
神奈川新聞の記事によると、初日のオンライン申請は 40,186 件で、私もその中に入っている。

神奈川県内では、既に給付が始まった自治体がある。
ただし人口が多い市では、申請の内容確認に時間がかかるそうだ。

報道で明らかとなったように、マイナンバーカードは単なる本人確認の手段であって、申請内容はそれぞれの自治体職員が人海戦術で目視確認するためだ。

横浜市の振込開始日は5月下旬を見込んでいるということで、まだ決定していない。

横浜市の郵送による申請は、申請書の郵送自体が5月29日開始予定になっている。
そのため振込開始も6月上旬と遅くなるようだ。

オンライン申請の確認の方を先に進めてくれるようなので、記載に間違いがなければ、初日の午前0時31分に申請した私は、5月中にもらえると期待してもよいだろう。

ただ、念のために控えを確認したら、電話番号が間違っていた。
メールアドレスは正しいので、何かあればメールで連絡が来るかもしれない。

個人年金保険と傷害保険の年払いは、5月27日に合計で約19万円必要だ。
25日に給与振込があるから、定額給付金が間に合わなくても、定期預金を解約せずに支払いはできるので、慌てることもない。

6月の生活費として定額給付金10万円を使うことになるだろう。
遅れてたとしても、6月5日までに振り込まれると仮定しておこう。

これで、PayPal 残高の約$1100を換金する必要はないだろう。
今月は想定よりも約2円円高なので、できればそのまま放置して、円安になるのを待ちたい。

ところで、入力を間違えたのか、同一人物が複数回申請している例が多発しているという。
神戸新聞では、15回申請した人がいると報道されていた。
www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202005/0013341474.shtml

マイナンバーカードは納税・社会保障カードにして、銀行口座を登録しておけばよかったのではないか。
納税用の銀行口座でも、給付金を還付金のように振り込めるだろう。
システム開発にまたお金がかかりそうだが、給付金や助成金がすぐにもらえない事例をたくさん見ているので、改善してほしいものだ。


住所地の自治体では、5月12日午前0時から特別定額給付金10万円のオンライン申請が可能になった。朝まで待つと回線が混むかもしれないので、日付が変わってからすぐにアクセスした。マイナンバーカードもあるし、銀行口座番号を写した画像ファイルも用意していたので、簡単に終わるかと思っていたが、少々時間がかかって、0時33分に申請完了となった。 その原因は、青色申告と同様と思い込んでいたことだ。つまり、ス...
定額給付金10万円のオンライン申請はスマートフォンのみでできたが

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

定額給付金10万円のオンライン申請はスマートフォンのみでできたが

住所地の自治体では、5月12日午前0時から特別定額給付金10万円のオンライン申請が可能になった。
朝まで待つと回線が混むかもしれないので、日付が変わってからすぐにアクセスした。

マイナンバーカードもあるし、銀行口座番号を写した画像ファイルも用意していたので、簡単に終わるかと思っていたが、少々時間がかかって、0時31分に申請完了となった。

給付金5 

その原因は、青色申告と同様と思い込んでいたことだ。
つまり、スマートフォンをPCと Bluetooth 接続してマイナンバーカードのカードリーダとして使うと思い込んでいた。

上に示した総務省のFAQにあるように、スマートフォンをPCと Bluetooth 接続しても、ICカードリーダとしては利用できないのだ。
そのため、スマートフォン単体でオンライン申請することになる。

FAQのリンクは次の通り。
kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/faq/

最初はPC側の設定がおかしいと思っていろいろと確認してみたが、何もできないまま。
そこでFAQを確認してみると、かなり下にスクロースしてから、Bluetooth 接続しても無意味だとわかった。

PCを所有していない人もいるためか、NFC機能付きスマートフォン単体で申請が完結するように設定されたようだ。

5月1日からオンライン申請が始まったときも情報不足で、私と同じ勘違いをして苦労した人も多いかもしれない。
もしかするとネット上には、同様の苦労話が掲載されていることだろう。

ICカードリーダがない場合はスマートフォン単体で申請するように、もう少し明確に宣伝した方がよいのではないだろうか。

かつてない規模の大胆な施策である特別定額給付金10万円は、速やかに給付するそうなので、誰もがすぐにもらえると思っただろう。しかし、補正予算成立翌日の5月1日から申請できた自治体は一部であった。私が住む横浜市は、ずっと準備中だった。連休明け、既に給付が始まっている自治体もあるのに、まだ準備中。そして本日8日、申請開始かと期待してアクセスしたが、週明けの 5月12日申請開始とのことだ。 県内の...
横浜市の定額給付金10万円の申請開始は5月12日

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

横浜市の定額給付金10万円の申請開始は5月12日

かつてない規模の大胆な施策である特別定額給付金10万円は、速やかに給付するそうなので、誰もがすぐにもらえると思っただろう。
しかし、補正予算成立翌日の5月1日から申請できた自治体は一部であった。

私が住む横浜市は、ずっと準備中だった。
連休明け、既に給付が始まっている自治体もあるのに、まだ準備中。
そして本日8日、申請開始かと期待してアクセスしたが、週明けの
 5月12日申請開始とのことだ。

特別定額給付金横浜 

県内の他の政令指定都市である川崎市と相模原市は、本日8日申請開始だ。
横浜市は人口が多いから遅いのだろうか。
カジノ誘致など進めなくてもよいので、もっと手続きを早くしてほしい。

それでも、青色申告用にマイナンバーカードを作っておいてよかった。

12日にオンライン申請して、2週間後の26日にはもらえるだろうか。
振込開始時期が5月下旬に開始とあるが、5月中に完了とは言っていない。
www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/teigaku/teigaku.html

27日に個人年金保険の年払いがあるので、間に合ってほしいものだ。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

持続化給付金の申請マイページを作成した

住民基本台帳に記載された住民への10万円給付のオンライン申請が始まった。
私の住む自治体では、5月2日時点で準備中のままで、申請画面に進めなかった。
連休明けの7日に可能となることを期待しよう。

個人事業主としての翻訳もしているので、持続化給付金の申請についても検討している。
会社員としての給与もあるのに、国に頼ろうというのはひどい、と言いたい人もいるかもしれない。
ただし、勤務先の売上が減れば、これからもらう予定の賞与が減額されるかもしれないので、もらえるものは何でももらう方針だ。

中小法人・個人事業者のための持続化給付金のサイトは次のリンクから。
www.jizokuka-kyufu.jp/

条件を確認すると、最低単位の10万円は受け取れそうだ。
少ないかもしれないが、翻訳関係の書籍やオンライン辞書の使用料に充当できるので、忘れずに申請しようと思う。

持続化給付金 

とりあえず今日は、申請マイページの作成のみを行った。
まだ申請しないのは、現時点で対象となる1月~4月では、前年同月比でマイナス50%以上となった月がなかったからである。

帳簿ソフトを使用して、昨年1月から、月ごとの売上の一覧を表示させてみた。
すると、減額率はマイナス20%程度だった。

海外翻訳会社からの仕事は中国支社を経由しているため、特に1月の売上が減少した。
しかし、国内翻訳会社からの受注分が増えたため、減額幅がマイナス50%に届かなかった。

今後の可能性として、11月にはマイナス50%となりそうだ。
2019年11月の売上は、約18万円と特に多かったからだ。

通常は、月2万円~5万円なので、マイナス50%の基準はクリアするだろう。
コロナ関連かどうかは不明でも、昨年のようなワード数が多い案件がなくなった、という説明はできる。

今年11月の売上を予測することはできないが、とりあえず5万円としておこう。

昨年の売上は約72万円。
10万円未満を切り捨てて計算すると、70万円-(5万円×12)=10万円になる。

もし20万円もらうためならば、11月の売上を4万円程度に抑えればよいことになる。
海外翻訳会社の仕事だけを受注すれば可能かもしれない。

どうせ課税されるならば、翻訳で月5万円超稼いで給付金を断念するよりも、受注を減らして20万円もらったほうが得だ。

そのお金で書籍を多めに購入したり、PCやプリンターの更新費用に充当できるので、社会に還元できる。
備品の購入や仕入れ費用になって、経済対策にもなるのだから、もらえる人は全員が申請した方がよいだろう。

また、12月にはクリスマス献金なども頼まれるし、他の寄付金のお願いの手紙も届くので、給付金を多めにもらって寄付した方が社会のためになるかもしれない。

申請準備に加えて、本当にもらえる場合には、帳簿の記入方法を確認しておこう。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

特別定額給付金はマイナポータル経由でも準備中(5月1日8時半時点)

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 流行への緊急経済対策として、10万円の特別定額給付金が決定した。
総務省のサイトに掲載された概要は、次のリンクから。
www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

私は青色申告をしているので、マイナンバーカードを持っている。
そのため、自治体からの連絡を待たずに、マイナポータルから申請できる。
myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

4月30日夜の時点では、まだ準備中であった。
ということで、本日5月1日7時半になってからアクセスしたところ、以下に示すように申請できるようになっていた。

給付金1 
しかし、「申請はこちら」をクリックしても、8時30分まではメンテナンス中とのことだった。

ということで、メンテナンス終了を待って再度アクセスすると、自治体が準備中という情報で終わってしまった。
給付金2 
今日の昼休みと勤務終了後に確認してみて、まだ準備中ならば、連休明けに期待しよう。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

特別給付金10万円は個人年金保険料に充当しよう

1人当たり10万円を配ることになり、テレビなどでは「休業補償ではなく、見舞金のようなもの」と説明している人もいた。

確認すると、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の特別給付金(仮称)ということなので、お金を循環させようという意図だろう。

私は確定申告をe-Taxで行っているので、マイナンバーカードを持っている。
マイナポータルで申請するということで、サイトを確認すると、次のような準備中の案内が出ていた。
myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

マイナポータル 
連休明けと思われるが、申請できるようになったらすぐに手続きして、5月中にもらえるようにしたい。

しかし、高所得者には不要だとか、身分が保障された公務員は辞退しろなど、いろいろと騒ぐ人が出てきた。
それに対して、申請して寄付する、地元商店で使うなど、意義ある使い道について主張する人も多い。
まあ、人それぞれ、使いたいことに使えば、全国で平均化されるのではないだろうか。

私は何に使うかというと、5月に年払いする個人年金保険料約18万円に充当しようと思っている。
他にないのかと言われそうだが、直近で一番大きな支払いを優先したい。

差額の8万円は、ちょうど積立定期の残高と同じだから調達できる。
また、4月末で PayPal の残高が約$790になるので、これを日本円にして約8万円を確保してもよいだろう。

もし給付金が間に合わなければ、5月給与で払っておいて、10万円は6月の生活費ということにしよう。

いずれにしても、個人年金保険料の支払いのために、他の消費を節約する必要はないだろう。
そのため、いつも通りに食料品も書籍も購入するので、私が世の中に流すお金は変わらない。

この給付金で寄付をすることはなさそうだが、使わなくて済みそうな翻訳料金を、後日寄付に回すこともできる。
また、寄付以外にも、空気清浄機を買い替えたり、世の中にお金が流れるようにできる。
だから、私のように収入が減っていない人でも、10万円を受け取る意味はあるのではないか。

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

都市ガス契約を東電ガスfor auに変更した

私は東京ガスの都市ガスを使っている。
私の使用量だと、ずっともガスの契約にしてポイントをもらっても、支払額が増加することがわかっている。

電気とセットならば安くなりそうだが、東京電力で以前から継続している夜間半額プランの方が有利だ。
代わりにauでんきも考えたが、シミュレーションでは、auポイントをもらっても節約にはならなかった。

それでも今日、ガス代だけでも節約しようと、auショップで東電ガスfor auに変更した。
東電ガスfor auのサイトは次のリンクから。
www.au.com/gas/tokyo/

実は、弟にスマートフォンを持たせるために契約しに行ったところ、電気とガスもauで割引してもらおうということになり、ならば私のガスもauにした方がよいとわかったからだ。

弟の社会保険労務士事務所探しは、まだ続いている。
週3日のパートタイムでもよいので、とりあえず働いてほしい。

ハローワークでは、スマートフォンを持つように言われたそうだ。
自宅の固定電話だけでもかまわないのだが、移動時でも連絡できるようにした方がよいとのことだ。
スマートフォンならば、求人検索もすぐにできるだろうから、便利かもしれない。

ということで、今日は月に1回、弟が教会に来る日なので、ついでにauショップでスマートフォンの契約をした。
その後、auでんきとauガスを申し込むと、いろいろと割引やポイント特典が付くことを説明された。
支払金額が減るし、ポイントはau Payで使えるので、同時に申し込んだ。

ついでということで、私の場合、ガスだけでもauで契約できるかどうか質問した。
ガスのみでも可能だということなので、割引率を確認して、変更した。

基本料金も従量料金単価も、東京ガスより約3%低く設定されている。
これに開始12か月の割引5%が加わるので、年間で3千円ほどの節約になる。
ポイントを加えても、年間4千円分の節約と少ない気もするが、その分、書籍代に回せると考えよう。

テーマ : 家計簿
ジャンル : ライフ

コロナショック株安でもiDeCoはプラス28万円

今週はコロナショック株安で不安になった人も多いだろう。

私が保有しているロック・フィールド200株は、取得単価が約1300円なので、3月13日の終値1099円では4万円近い損失になっている。
これまでの配当と優待券を合わせても、約5千円の損失になっている。
このくらいの損失ならば、1年くらい我慢しようかと思えるが。

株価が下がっても、他に支払いもあるので、株式投資に投入できない。
ということで、auカブコム証券の積立で、月6千円の投資を再開することにした。
毎月5株程度の購入になるが、手数料は無料だし、株価を無視してコツコツ積立するのが性格に合っているので選択した。

積立投資と言えば、一番投資額が大きいのは、確定拠出年金iDeCoだ。
約13年間の積立投資で、今年2月上旬にはプラス100万円に到達した。

長期積立の効果なのか、今回のコロナショック株安でも、3月13日時点の損益は、プラス約28万円となっている。
拠出額は約337万円で、評価額は約365万円。

外国債券インデックスの投資割合が約50%というのが効いているようだ。
株式インデックスとREITインデックスがマイナスになっているが、債券インデックスの下落幅は小さい。

債券だけでは資産増加が遅いため株式などを組み合わせているが、許容できる変動幅を考慮して投資割合を決める必要があるだろう。
少し落ち着くであろう5月の連休の時期にでも、ゆっくり考えることにしよう。

3月拠出分の買付が来週行われる。
底値かどうかはわからないが、いつもより口数が多めになることだろう。
これで買付単価が少し低下するので、数年後のプラスに反映されると信じて、今は我慢してコツコツ積立を続けよう。



個人型の確定拠出年金を始めたのは、派遣社員のときだった。厚生年金には加入していたが、退職金はないので、自分で用意することにした。その後、ある試薬メーカーに正社員として転職したとき、厚生年金基金があるということで、確定拠出年金からは脱退した。しかし、上司のパワハラなどもあって3か月で退職してしまった。再び派遣社員となり、2006年10月に医薬メーカー子会社の契約社員に採用されて、個人型確定拠出年金に...
iDeCo加入約13年でプラス100万円に到達

テーマ : 雑記
ジャンル : ファイナンス

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR