クジラ・イルカを脅かすのは捕鯨よりも混獲

翻訳専業となって、予想よりも20%くらい多く受注しているため、興味のあるニュースなどを細かくチェックする時間が足りなくなってきた。
それでも休憩時間などを利用して、なるべくニュースをチェックして、
特許以外の英語・ドイツ語を読むようにしている。

気になったニュースの中から今日は、国際捕鯨委員会(IWC)の話題を取り上げよう。

日本の報道では、反捕鯨国との対立ばかり取り上げられてしまい、クジラ・イルカに関する他の話題はほとんど知られないままである。

以下に引用した朝日新聞と日本経済新聞の社説を見ても、調査捕鯨の話題が中心だ。
ただし、南極海から撤退して沿岸捕鯨を続けるという提案があるところが、少し進歩していると思う。

digital.asahi.com/articles/DA3S12636100.html (朝日新聞11月1日)
【日本での鯨肉の需要はかつてと比べて大幅に減った。
調査捕鯨の維持に年間数十億円の補助金がつぎ込まれてもいる。
袋小路に立てこもるような姿勢を続けて利益があるだろうか。

国際社会の声に耳を傾け、かたくなな姿勢を改める。
一方で、和歌山県太地町などでの「沿岸小型捕鯨」への理解を広げる努力を重ねる。
そんな戦略に転じるべきではないか。】

www.nikkei.com/article/DGXKZO09015410R01C16A1EA1000/ (日本経済新聞11月1日)
【70年代以前と比べ日本国内の鯨肉需要は大幅に減少した。
遠洋での商業捕鯨をあきらめ、沿岸での捕鯨枠の確保に集中することも、政府は考えるべきではないか。】

他の捕鯨国、ノルウェーとアイスランドについて、日本では報道が少ないので、代わりにドイツ語記事を読むことになる。
ここでは Die ZEIT の記事を引用しておこう。
www.zeit.de/wissen/2016-10/walfang-verbot-norwegen-japan-iwc/komplettansicht (ノルウェーと日本の捕鯨)
www.zeit.de/2016/45/wale-gefahren-internationale-walfangkommission-japan-fischer/komplettansicht (混獲の問題)

続きを読む

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

今年のアイスランドからの鯨肉輸入ルートは北極海経由のようだ

(最終チェック・修正日 2015年08月07日)

今年も日本の業者が、アイスランドからナガスクジラ肉を輸入するとのことで、ヨーロッパの野生動物保護団体を中心に反対意見が表明されている。
冷凍ナガスクジラ肉約1,700トンを積んだ貨物船 Winter Bay 号の情報を見ると、目的地はアフリカ西部のアンゴラとなっていたため、昨年と同じアフリカ南端を回るコースで日本に向かうと思われた。

当初は5月中旬に出航すると思われたが、6月に入っても停泊したままだった。
エンジントラブルで延期されたとのことだが、6月5日にようやく出航した。
www.theguardian.com/environment/2015/jun/05/iceland-sends-shipment-of-1700-tonnes-of-whale-meat-to-japan (英語)
www.mbl.is/frettir/innlent/2015/06/05/sending_hvalkjots_til_japans_vekur_athygli_erlendis/ (アイスランド語)

その後の航路を確認すると、昨年のアイスランド西岸を南下するルートではなく、なぜか北側を回って東進を続けていた。
そして不思議なことに、目的地がアンゴラではなく、ノルウェーのトロムセー (Tromsø) に変更されていた。
本日13日は、そのトロムセーに停泊している。
www.marinetraffic.com/en/ais/details/ships/shipid:402701/imo:8601680/mmsi:341433000/vessel:WINTER%20BAY

次の寄港地はまだ表示されていないが、北極海を通過するルートでロシアに寄港しながら、日本を目指すと予想されている。
この北極海ルートについて、イルカ・クジラ保護団体のWDCが懸念を表明している。

uk.whales.org/news/2015/06/wdc-critical-of-attempts-to-ship-whale-meat-through-russian-waters



国際司法裁判所で、日本の南極海調査捕鯨は科学的目的を達成していないことが指摘されたため、新たな調査計画が認められるまでは捕獲しないことになった。捕獲できないということは、副産物の鯨肉も供給されないことになり、他の捕鯨国のアイスランドやノルウェーから輸入しようと考えるのは自然な成り行きだ。アイスランドもノルウェーも捕鯨国ではあるが、日本とは異なり、国際捕鯨委員会のモラトリアムに異議申立をしたため、独...
今年もアイスランドからナガスクジラ肉を輸入する予定



続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

今年もアイスランドからナガスクジラ肉を輸入する予定

国際司法裁判所で、日本の南極海調査捕鯨は科学的目的を達成していないことが指摘されたため、新たな調査計画が認められるまでは捕獲しないことになった。
捕獲できないということは、副産物の鯨肉も供給されないことになり、他の捕鯨国のアイスランドやノルウェーから輸入しようと考えるのは自然な成り行きだ。

アイスランドもノルウェーも捕鯨国ではあるが、日本とは異なり、国際捕鯨委員会のモラトリアムに異議申立をしたため、独自に捕獲枠を設定して捕鯨を続けている。

ただしノルウェーのミンククジラの場合、尾の肉と皮から検出された殺虫剤成分が基準値を超えていたため、廃棄処分となってしまった。
www.theguardian.com/environment/world-on-a-plate/2015/mar/23/japan-refuses-norways-toxic-whale-meat

去年はアイスランドから約2,000トンのナガスクジラ肉が輸入されたが、環境保護団体グリーンピースなどが貨物船を追跡して、途中でどこにも寄港できないように妨害した。
また別のルートとして、カナダの陸路経由で太平洋側のバンクーバーに送り、そこから日本まで船で運んだこともあった。

それで今年はどうするのかと思っていたら、5月18日のアイスランドでの報道では、既に1,700トンの輸出を準備しており、レイキャビク近くの港には、貨物船「Winter Bay号」が既に待機しているとのことだ。
eyjan.pressan.is/frettir/2015/05/18/kristjan-loftsson-a-leid-i-nyja-aevintyraferd-med-hvalkjot-1-700-tonn-bida-i-hafnarfjardarhofn/

Winter Bay号を追跡したければ、次のサイトで位置情報が得られるので、興味があるならば確認してほしい。
www.marinetraffic.com/en/ais/details/ships/shipid:402701/imo:8601680/mmsi:341433000/vessel:WINTER%20BAY

現時点で目的地は、アンゴラのルアンダ港となっているが、一度寄港して燃料や食料を補給した後、アフリカ南端を回って日本に向かうと思われる。
今回も抗議デモなどいろいろあると思うので、報道をチェックしてみよう。

続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

ノルウェーがアイスランドにミンククジラ肉を輸出

(最終チェック・修正日 2014年11月04日)

アイスランドでは今年、ミンククジラ漁が不調で、10月14日時点の捕獲数は24頭にとどまっている。
9月の23頭で終了かと思っていたら、10月になってからも続けたようで、1頭増えた。
それでも今年は不漁という傾向は変わらず、10月末の漁期終了の前に、この頭数で終わったと思われる。
(追記(11月4日):11月4日に更新され、24頭で終了と確認できた。)
www.fiskistofa.is/veidar/aflastada/hvalveidar/

アイスランドで日常的に鯨肉を食べる人は、アンケートによると、人口のわずか3%だけだという。
それでも観光客が、地元の珍しい料理を食べたいということで、ミンククジラ肉のステーキは需要があるそうだ。

捕獲枠の約半分で終わり、鯨肉が足りないアイスランドとは反対に、ノルウェーでのミンククジラ漁は好調で、鯨肉が余っているという。
余った鯨肉は日本やアイスランドに輸出すると予想されていたところ、実際にアイスランドに10トン輸出する計画が発覚した。

この鯨肉輸出の情報を入手した動物福祉団体の
Animal Welfare Institute (AWI)は、プレスリリースで次のように報告している。
awionline.org/content/norway-plans-whale-meat-shipment-iceland

続きを読む

テーマ : 動物・植物 - 生き物のニュース
ジャンル : ニュース

反捕鯨国がアイスランド政府に捕鯨中止を申し入れたがナガスクジラ漁は続いている(9/22時点で133頭)

(最終チェック・修正日 2014年09月22日)

スロベニアで開催された国際捕鯨員会(IWC)の年次総会が終わり、日本の報道では、南極海調査捕鯨をめぐるやり取りばかり取り上げられていた印象だ。
調査捕鯨が必要だと言うだけで、科学的手法に基づく野生生物研究なのかどうかは、ほとんど説明されていなかった。
日本の食文化という観点が目立ち、商業捕鯨モラトリアムに対する異議申立を撤回した背景について、説明しようともしない。

IWCでの議題は、日本の調査捕鯨だけではなく、船舶との衝突事故やホエールウォッチングなど多岐にわたる。
反捕鯨国イギリスのガーディアン紙でさえ、「捕鯨が最大の脅威なのか」という記事を掲載し、漁業での混獲や海洋汚染など、他の要因を説明している。
www.theguardian.com/environment/live/2014/sep/16/is-whaling-the-biggest-threat-to-whales-shipping-climate-change

しかし、日本語での情報提供がわずかなためか、頑なな反捕鯨国に攻撃される被害者・日本という印象が植え付けられている。
さらに、商業捕鯨をしているアイスランドやノルウェーを批判しないのかなど、何も知らないことに起因する思い込みによる暴言も、あちこちで目にする。

アイスランドはIWC年次会合の間もナガスクジラ漁を続け、9月17日発表の統計では、124頭まで捕獲数を伸ばしている。

8日は109頭だったので、捕鯨船2隻で毎日捕獲を続けたと思われる。
(追記(9月22日):9/22時点で133頭に到達した。)
www.fiskistofa.is/veidar/aflastada/hvalveidar/

9月15日のアイスランドの報道では、EUやアメリカなど反捕鯨国が共同で、商業捕鯨の停止を求める外交措置(デマルシェ)を取ったとあったので紹介しよう。
www.mbl.is/frettir/innlent/2014/09/15/gagnryna_hvalveidar_islendinga/
www.mbl.is/frettir/english/2014/09/15/demarche_against_whaling_by_iceland/

英語記事では声明全文が掲載されているようなので、どのような抗議内容なのか、読んでみてほしい。

また、EUのプレスリリースでも、声明の内容が確認できる。
europa.eu/rapid/press-release_MEMO-14-529_en.htm
www.euinjapan.jp/media/news/news2014/20140915/170119/

続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

調査捕鯨継続の理由にクジラ食害論は使わないでほしい

国際捕鯨員会(IWC)の年次総会が始まり、日本でもニュースで調査捕鯨の今後について紹介していた。
反捕鯨国では、「捕鯨禁止をより効果的にすべき」や、「日本の捕鯨は科学よりも寿司をもたらした」など、批判記事が大量に出ている。

イギリスとドイツの報道を例示しておこう。
www.theguardian.com/environment/2014/sep/15/japans-whaling-has-produced-more-sushi-than-science
www.rp-online.de/panorama/wissen/walfang-verbot-soll-effizienter-werden-aid-1.4525740


日本の報道によると、調査捕鯨の新しい計画が科学的だと説明しようとしているそうだ。
科学用語を使って説明しても、鯨肉確保が第一目的であることに変わりはないので、誰にも信用されないだろう。
調査捕鯨が真に科学研究だと言うならば、海洋生態系におけるクジラの役割を解明するために、どうして致死的調査も必須なのか、そして捕獲頭数の根拠は何か、それらを中心に報道すべきだ。

その期待に反して国内では、食文化の維持や、増えたクジラが漁業に悪影響を与えるという、科学とは無関係の話ばかりが流されている。

今日15日夕方のTBSのニュース番組でも、いわゆる「クジラ食害論」を主張する日本捕鯨協会の山村会長が出てきた。
ニュースの動画は、次のサイトで紹介されている。
news.tbs.co.jp/20140915/newseye/tbs_newseye2299121.html
反捕鯨国から厳しい対応も、それでも「クジラ食べたい」

…鯨料理の有名店で開かれたのは、その名も「~もうひとつのIWC総会~いつまでもホエール食いてぇ総会」。食文化としての「鯨」を広めることや、捕鯨問題への正しい理解を求める声が相次ぎました

増えすぎた鯨に魚が食べられ漁師が困る状態は、日本でも起こっています」(日本捕鯨協会 山村和夫会長)

科学的な知見から捕鯨の必要性を訴える日本の声は届くのか。…】



続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

アイスランドのナガスクジラ捕獲数は109頭に達した(9/17までに124頭)

(最終チェック・修正日 2014年09月13日)

国際捕鯨員会(IWC)の商業捕鯨モラトリアムに異議申立をしたアイスランドとノルウェーは、自国周辺海域で捕鯨を続けている。
それでも、一時期停止していた影響で、鯨肉は古臭い食べ物という印象が根付き、需要はそれほど強くはない。

ノルウェーのミンククジラ漁は今年は好調で、商業捕鯨を再開した1993年以降で最高の729頭を捕獲した。
捕獲枠は1,286頭で、今年も達成できなかった。
2009年の未達成分を翌年に繰り越したため、現実的ではない捕獲枠の設定となっている。

それに対してアイスランドのミンククジラ漁は、9月8日発表の水産統計を見ると、わずか23頭にとどまっている。
www.fiskistofa.is/veidar/aflastada/hvalveidar/


同じ資料にはナガスクジラの捕獲頭数も出ていて、こちらは109頭に達している。
9月4日の報道時点では103頭だったので、数日で6頭追加というのは、ミンククジラ漁に対して好調と言えるだろう。
www.mbl.is/frettir/innlent/2014/09/04/komnir_a_fullt_aftur/

捕獲枠の154頭に到達できるかどうか、それは天候次第と思われる。
アイスランド国内ではナガスクジラ肉をほとんど食べないのに、これだけ捕獲しているのは、日本で売れるからだ。

アイスランドのナガスクジラ捕鯨と日本への輸出についてのレポートが出たので、時間がある週末にでも読んでおこう。
uk.whales.org/sites/default/files/iceland-whaling-report-2014.pdf

アイスランドの商業捕鯨には二種類あり、国内消費向けのミンククジラ漁と、日本への輸出向けのナガスクジラ漁である。今年のミンククジラ漁は不調とのことだが、ナガスクジラ漁は好調のようで、8月21日までに88頭を捕獲済みである。アイスランド国内の報道と、それを引用した英語記事は次の通り。www.visir.is/88-langreydar-veiddar-i-sumar/article/2014708229985【Síðan hvalveiðitím
アイスランドの捕鯨ではナガスクジラ88頭を捕獲済み



続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

南極海調査捕鯨に対するICJ判決はIWCでの議論に生かされるのか

3月31日に国際司法裁判所(ICJ)で、日本の南極海調査捕鯨に対して、計画の見直しを求める判決が出された。
ICJでは、調査捕鯨が条約に定められた科学的研究に該当することは認めたものの、「真に科学目的かどうか」に焦点を当てて、調査手法や捕獲頭数の設定根拠が科学的ではなく、本来の目的を達成できないと結論付けた。

判決後の反応は予想通りのもので、日本国内では食文化を軽視していると騒ぐ人たちが見られ、また反捕鯨国では保護団体を活気づけることになった。
いずれの立場でも、ICJが焦点を当てたはずの「真に科学目的かどうか」を取り上げることは、ほとんどなかったという印象だ。

9月15日からIWC年次総会がスロベニアで開催されるが、それに先だって11日から、科学委員会で調査捕鯨について議論される予定だ。
events.iwc.int/index.php/commission/IWC65

ICJ判決後、初のIWC年次総会となるため、日本の調査捕鯨に対する攻撃はさらに強まるのかもしれない。
ただ、そのような政治的な動きを牽制するように、Science/9月4日号に、IWCはICJの手法を学ぶべきだとする論文が掲載された。
www.sciencemag.org/content/345/6201/1125.summary

この論文、というよりも意見の表明だが、これを紹介しているのは現時点では海外報道のみなので、英語記事を引用しておこう。
www.theguardian.com/world/2014/sep/04/japan-diplomatic-row-bypassing-whaling-ban-antarctic


続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

ノルウェーの今季のミンククジラ漁は好調だが鯨肉は余っている(729頭で終了)

(最終チェック・修正日 2014年08月29日)

ノルウェーは1993年から
ミンククジラの商業捕鯨を再開し、今季の捕獲枠は1286頭に設定されている。
この捕獲枠は2010年から同じ数字であるが、今まで一度も満たしたことはない。
2009年の捕獲枠は885頭で、未達成分の401頭を繰り越して1286頭にしたのだが、捕鯨業者側からも無謀だと言われていた。

今年も捕獲枠の半分以下ではないかと思っていたら、なぜか好調で、8月5日までに701頭を捕獲した。
その後も順調に捕鯨は続き、8月20日の報道では、729頭に達したそうだ。
www.nrk.no/nordland/arets-gode-hvalsesong-er-over-1.11887970

【Totalt er det tatt 729 dyr, og det er 139 flere enn i fjor.】

この記事で気になるのは、水揚げ量として登録された鯨肉は700トンに達しているのに、市場での販売量は500トンにとどまっていることだ。
【Mottakene på land har tatt imot mer enn 700 tonn vågehvalkjøtt, mens markedet bare vil ha 500 tonn.】


続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

アイスランドの捕鯨ではナガスクジラ88頭を捕獲済み

アイスランドの商業捕鯨には二種類あり、国内消費向けのミンククジラ漁と、日本への輸出向けのナガスクジラ漁である。
今年のミンククジラ漁は不調とのことだが、ナガスクジラ漁は好調のようで、8月21日までに88頭を捕獲済みである。

アイスランド国内の報道と、それを引用した英語記事は次の通り。
www.visir.is/88-langreydar-veiddar-i-sumar/article/2014708229985
【Síðan hvalveiðitímabilið hófst 15. júní síðastliðinn höfðu 88 langreyðar verið dregnar að landi í Hvalstöðinni í Hvalfirði í fyrradag.】

grapevine.is/news/2014/08/22/88-fin-whales-culled-so-far/
【Since whaling season began last June 15, Vísir reports, 88 fin whales have been culled.】

ナガスクジラの捕獲枠は154頭で、捕鯨船2隻のみで達成できるかどうかは、今後1カ月の天候次第と思われる。
シーシェパードが妨害予告をしていたが、代わりにフェロー諸島に行ったようで、アイスランドのナガスクジラ漁は順調だ。
アイスランドが心配しているのは、アメリカやEUが、アイスランド産水産物などのボイコットを呼びかけていることだ。
アメリカは何度も、経済制裁を発動すると警告しているし。

それでも「日本では容易に売れる」と言っているので、1000トンから1500トンのナガスクジラ肉を確保するのだろう。
日本は調査捕鯨で、ナガスクジラをほとんど捕獲していないため、需要はあると思われる。
今年前半に輸入した2000トンも含めて、今後の報道をチェックしておこう。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR