買い物に行こうとしたら独日翻訳チェック案件が来た

今日の翻訳業務の予定は、英文特許の抄録和訳のチェックと、入試問題の英訳チェックにしていた。
今月納期のドイツ語特許和訳案件がまだ3つあるので、本日中にそのチェック案件は終わらせる必要がある。

翻訳よりもチェックの方が短い時間でできると思われそうだが、不明点の調査に時間がかかってしまうことも多い。
抄録和訳のチェックは、難易度とは無関係に1件当たりの単価が決まっているので、時間をかければかけるほど損かもしれない。

今回は、品種改良の特許で、初めて見る用語(ハイフンでつないだ複合語)があって苦労した。
具体的には示せないが、その作物の品種改良の資料を探して、それらしき専門用語を発見した。
特許に使われた用語は、ハイフンでつないだ語が1つ欠けていて、資料の用語とは完全に一致しないが、他には候補がないので、これでよしとした。

それに対して入試問題のチェック案件は時給制なので、予算の範囲内であれば、運悪く時間がかかったときでも、その分もらえるので助かる。

そのチェックが80%くらい終わったので、昼食をとって買い物に行こうと思っていたら、外国の翻訳会社から緊急案件として独日翻訳チェックを頼まれた。
1時間くらいでできないかとのことなので、買い物に行くのをやめて、他のチェックも中断して作業することにした。




世間はゴールデンウィークということだが、混雑が嫌いな私は遠出をすることはない。個人事業主なので、平日と休日との違いを特に意識することは少ないが、今回はカレンダー通りに仕事をして休んだ。つまり、休み明けの来週納期の翻訳は、5月1日と2日に作業して、3日から5日は休みとした。土曜日の今日6日は、2日に終えた独日翻訳について、のんびりと推敲するだけの予定にしていた。昼前に自転車でスーパーに買い物に行き、...
短い翻訳案件の問い合わせが3件続けて届いた



続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

独英のMultiTermのはずだったのに

今年3月から取引を開始した外国の翻訳会社は、大量の案件はないものの、毎月仕事をもらっている。
今週は、今月2件目のドイツ語和訳案件を受注した。
他社案件もあるし、9日は障がい児のためのチャリティ映画会にも行くので、時間的に厳しいかと思ったが、ワード数も少ないので受注した。

これも含めて今月は 410ドルを超え、3月からの累計で約 1,130ドルに達した。
1ドルが 108円でも12万円を超えるため、住民税の支払いに充当するか、または12月の奨学金返済12万円に使えるので、精神的に少しは楽になった。

それで、今回の案件は、印刷機の機能の説明書のようだが、おおまかに理系分野ということで受注した。
履歴書を示して化学系で登録したつもりが、トライアル課題は機械系だったので、自動車と工作機械の案件が多い。

これまでも様々な分野のドイツ語に取り組んできて慣れているし、Trados で翻訳メモリも MultiTerm もあるから大丈夫だろうと思った。
翻訳会社担当者からのメールには、英語の MultiTerm が利用可能とあったので、その独英の用語リストを見て、和訳を考えればよいと思っていた。

和訳を始めてみると、翻訳メモリに登録されていた和訳は参考にできたものの、MultiTerm の登録用語は、独英ではなく、ドイツ語のみだった。
つまり、ドイツ語-英語のペアではなく、ドイツ語-ドイツ語のペア、例えば、Einstellungen に同じ Einstellungen が登録されていて、無意味であった。

それで装置名などを Linguee のドイツ語-英語で検索してから、対応する和訳を考えることにした。
印刷方法などのキーワードを使って、日本の印刷機製造メーカーのホームページや学会誌も検索して参考にした。

一番苦労した単語は、Hinterlegung であった。
MutiTerm は使えないし、この単語を含む文は、翻訳メモリにはなかった。

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

アメリカドル建ての翻訳料金をPayPalで受け取った

今年3月から取引をしている外国の翻訳会社とは、翻訳料金をアメリカドルで受け取る契約をしている。

契約前は、日本支社から日本円で振り込む予定とのことだったが、その計画は延期となってしまったそうだ。
ということで、アメリカドルで受け取る準備をした。

PayPal に登録したが、入金した翻訳料金を私の銀行口座に移動するときは、日本国内の日本円の銀行口座のみが指定できる。
アメリカドルのままで受け取るには、アメリカ国内で開設した銀行口座が必要になる。

いろいろと面倒なので、翻訳会社に頼んで、最初の翻訳料金は、三菱東京UFJ銀行のアメリカドル外貨普通預金口座に振り込んでもらった。
2回目も同じように振り込んでもらえると思ったら、どうやら国際電信送金の手数料が高いためか、PayPalにしてほしいと連絡が来た。

そして、4月分の翻訳料金 US$ 45.85 が5月31日の夕方に入金した。
その通知メールの一部は次の通り。

PayPal入金 

(最終チェック・修正日 2017年03月30日)今年になって新規に独日翻訳者兼チェッカーとして登録した翻訳会社は、所在地がアメリカである。日本支社もあるのだが、翻訳料金の計算はアメリカドル建てである。実際の料金は、Tradosの解析結果に応じて割引されてしまうが、100%マッチでもワード当たり0.0165ドルもらえる。100%マッチであっても、修正が必要かどうか最終的に確認する必要があるので、わずかでももらえる...
新規開拓によりUS$190ほどの収入増



続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

翻訳納品後の追加その2

今週も翻訳業務以外の用事があって、スケジュールは厳しいと思っていたが、週明け納品の特許翻訳は本日の夕方に和訳が終わった。
後は推敲のみなので、日曜日の教会での仕事が終わってから作業をしても間に合うだろう。

今週はこの特許和訳の案件とは別の会社から、100ワードを少し超える程度の短い独日翻訳も受注した。
内容は化学系なので、特許和訳を中断しても、それほどスケジュールに影響しないと思った。

納品して料金も確定したので、特許和訳に戻って作業していたところ、2日後に近くのスーパーで買い物中に、その担当者からメールが届いた。
追加作業の依頼であった。

内容を確認すると、クライアントがワードファイルを作成したときに、間違えて1行削除したまま依頼したとのことだ。
ワード数では17ワードと短いので、納期は3時間後だったが、追加作業することを返信した。

前回の追加作業とは異なり、今回は純粋な追加なので、17ワード分の料金が追加された。
2ドル未満の追加であるが、わずかでも収入が増えることはうれしい。

こういった緊急の依頼もあるので、平日に加えて土曜日も遠出できない。
買い物に行くにしても、外出先でメールを見てから、1時間以内に帰宅できるような距離を選ぶことになる。
絶対に無理な場合は、他の翻訳者を探してもらうが、同じ人が追加作業をした方がよいだろう。

今回の場合は、追加の依頼が1日前であれば、断ったかもしれない。

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

翻訳納品後にクライアントが原稿を一部変更するなんて

どのような仕事でも、相手があるので、自分の思い通りに全てが進むわけではない。
翻訳は1人で独立して行う専門職のように見られるが、基本的にはサービス業なので、クライアントの意向に従って仕事をすることになる。

ほとんどないことではあるが、納期が変更になったり、翻訳そのものがキャンセルになったり、いろいろなことが起こる。
そのような事態が起きても、可能な限り対応しなければならないので、案件を同時に多数抱えることを避けるなど、余裕をもったスケジュールにしておく必要がある。

そして今日は、翻訳を納品して数時間後に、クライアントが原稿を一部修正して再依頼してきたと、翻訳会社の担当者からメールがきた。
そのマイナーチェンジしたというワードファイルを開いてみると、数か所に削除や新しい語句の挿入があった。
30ワード程度の変更で、すぐに終わりそうだったため、本日中に作業をするという返信を出した。

そして既に作業中であった他社案件を中断して、変更個所を確認しながら、和訳を修正した。
提出は明日でもよかったのだが、他社案件に戻りたかったので、1時間後には Trados の返却パッケージを納品した。

翻訳ワード数が増加することになるのだが、クライアントの意向によっては、追加料金はもらえないのかもしれない。
新規に追加した語句の分は追加してもらわないと困るが、翻訳会社の交渉力に期待してみようか。

今回の案件とは異なる理由であるが、数年前に、独日翻訳のチェック案件で、追加料金なしで再提出したことがあった。

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

短い翻訳案件の問い合わせが3件続けて届いた

世間はゴールデンウィークということだが、混雑が嫌いな私は遠出をすることはない。
個人事業主なので、平日と休日との違いを特に意識することは少ないが、今回はカレンダー通りに仕事をして休んだ。
つまり、休み明けの来週納期の翻訳は、5月1日と2日に作業して、3日から5日は休みとした。

土曜日の今日6日は、2日に終えた独日翻訳について、のんびりと推敲するだけの予定にしていた。
昼前に自転車でスーパーに買い物に行き、帰宅してからメールを確認すると、今年から取引を始めた海外翻訳会社から問い合わせが2件入っていた。
いずれも短い独日翻訳で、
約100ワードと約600ワードである。

予定していた推敲が終わってから、約100ワードの案件は、本日中に終わると思われたので受注を決めた。
もう1つは、ビジネス分野とのことだったが、ワード数も少なめなので、今日の夜から始めて間に合うと思い、受注した。

昼食後に再びメールが届き、約5000ワードの独日翻訳のチェックをしてほしいとのことだ。
日本にいる翻訳者は休暇中で、見つからなかったのだろうか。
作業想定時間は5時間以内で、受注済みの2件を納品後に始めても間に合うので、これも受注することにした。

納期は9日夕方で、スケジュールは空いている。
10日は、翌朝納期の抄録チェック案件を作業するので、1日ずれていてよかった。
また、10日夕方からは、他教会との合同礼拝で聖歌隊として歌うための準備があり、慌てたくないので、この点でもずれていてよかった。

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

翻訳メモリに登録済みの訳文でも確認が必要だと再認識した

現在作業中の英日特許翻訳は、ワード数も多くて、納期ギリギリまでかかると思われるため、日々の買い物の他には予定を入れることができない。
今日も他社からスケジュールの問い合わせがあったが、絶対に無理なので断ってしまった。
2回連続で断ることになったが、体は1つしかないので、これは仕方のないことだ。

ワード数は多くても、提供された用語集と翻訳メモリの訳文を参考にすれば、なんとか間に合うと考えていた。
しかし、以前も経験したように、翻訳メモリに登録済みの訳文であっても、誤訳が残っていたり、複数の候補で表現が異なっていた。

1つの英語原文に対して、2つから4つの和訳が表示されるのだが、言い回しが同じになるように選択しなければならない。
例えば、「本明細書において使用されるとき」 で和訳の入力を続けていたら、しばらくしてから、「本明細書で使用するとき」 を含む候補も表示されるようになった。
そして、「本明細書において使用する際」 なども出てきたので、最初に戻って統一することになった。

他にも、「膨張」 と 「膨脹」 の両方が登録されていたり、「すべて」 と 「全て」 のように表記の統一が必要な場合もみられた。

統一されていれば、どれでもよさそうだが、その特許を出願した企業名とキーワードで、過去の類似特許を検索して参考にしてみた。
オリジナルの出願は英語だが、しばらくすると日本の特許庁に和訳が登録されるから、いくつか見つかった。

これで表現の統一が少しは楽になったわけだが、検索結果の和訳明細書の表現が、翻訳メモリに登録されていないこともあった。
可能性としては、特許庁に提出した最終的な和訳が、翻訳メモリに登録されていないことも考えられる。

また、その検索結果から、最終的な和訳にも誤訳が含まれていることが判明した。

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

新規開拓によりUS$190ほどの収入増

(最終チェック・修正日 2017年03月30日)

今年になって新規に独日翻訳者兼チェッカーとして登録した翻訳会社は、所在地がアメリカである。
日本支社もあるのだが、翻訳料金の計算はアメリカドル建てである。

実際の料金は、Tradosの解析結果に応じて割引されてしまうが、100%マッチでもワード当たり0.0165ドルもらえる。
100%マッチであっても、修正が必要かどうか最終的に確認する必要があるので、わずかでももらえるのはうれしい。

日本円に換算して、日本支社から日本国内の銀行口座に振り込む準備をしているとのことだったが、すぐには実現できないとのことで、しばらくはアメリカドルで受け取ることになった。

最初に受けた案件は、トラックバック記事にあるように、約1200ワードの案件で、約134ドルの料金だった。

続けて依頼があったが、他社案件が忙しかったので、これは断ってしまった。
来月までないと思っていたが、300ワード前後の短い案件の依頼が2つあった。
内容を見るとそれほど負担にならないと思われたので、両方とも受注した。

この3件で今月は、約190ドルの収入増となった。
青色申告の帳簿は、日本円で記入するため、請求書を作成した時点の為替レートで換算して、この売上を売掛金として処理する。
そしてアメリカドルで入金後、日本円に両替して受け取ったときに、その両替時の為替レートでの損益も帳簿に記載することになるだろう。

ただし、このアメリカドルの受け取り方法について、少々悩んでいる。


今年になってから応募した独日翻訳者のトライアルに合格した翻訳会社について、今月初めに登録用の書類を提出した。登録しても、すぐには仕事が来ないことが多いため、早くても来月かと思っていた。すると先週末、土曜日の朝に、独日翻訳の打診メールが届いた。他社案件の作業中なので、少し迷ったが、約1200ワードと少なめだったことと、今後の取引のためにも受注することにした。内容は、自動車関係のプレスリリースとしか言えな...
新規登録した翻訳会社から初めての独日翻訳を受注した

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

新規登録した翻訳会社から初めての独日翻訳を受注した

今年になってから応募した独日翻訳者のトライアルに合格した翻訳会社について、今月初めに登録用の書類を提出した。
登録しても、すぐには仕事が来ないことが多いため、早くても来月かと思っていた。

すると先週末、土曜日の朝に、独日翻訳の打診メールが届いた。
他社案件の作業中なので、少し迷ったが、約1200ワードと少なめだったことと、今後の取引のためにも受注することにした。

内容は、自動車関係のプレスリリースとしか言えないが、部品名は特許翻訳でも慣れていたので、オンライン辞書なども使って確認できた。
土曜日のうちに約80%進めて、今日は教会の仕事の後、夕食後に再開して、21時過ぎに納品できた。

ただ、固有名詞がその製品の名称なのか、それともデザインのコンセプトに利用したキャラクターの名称なのか、よくわからなかった。
イラストでもないかと思い、そのメーカーのサイトにアクセスしたところ、ノートンセキュリティの警告が出た。
フィッシング被害が報告されているようだ。
オンラインの注文のところを避ければよいかと思ったが、面倒なのでアクセスせずに和訳を続けた。

(最終チェック・修正日 2017年02月28日)1月の翻訳案件は多くて忙しかったので、今月は比較的スケジュールに余裕があると感じられる。初めて翻訳する分野の特許もあるので、楽ということではないが、ドイツ語翻訳者の募集を見て応募する時間はあった。現在取引をしている翻訳会社の案件だけで忙しいのだが、個人事業主として、事業の継続性確保と、リスク分散は重要である。そして新たに1社から、トライアル合格の連絡があった...
新たに1社に独日翻訳者として登録する予定


続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

トライアル不合格も別分野で再応募の打診があった

個人事業主として独立開業して半年経過した後、受注量の安定化を主な目的として、3社のトライアルに応募した。
まだ返事がなかった翻訳会社から、ようやく連絡があったのだが、結果は不合格だった。

今年の結果をまとめると、合格は2社、不合格は1社。

A社(合格):  英日、主に特許の要約の和訳チェッカー。3月中旬から開始予定。
B社(合格):  独日、主に機械系特許の和訳、及び和訳チェッカー。登録手続き中。
C社(不合格): 独日

合格する翻訳会社もあれば、今回のように不合格のこともある。
不合格の理由はいつも不明だが、推測すると、既に登録している翻訳者のレベルに達していないと、不合格になるのだろう。
応募したのが慣れていない分野だったため、用語の確認が不十分で、誤訳があったのかもしれない。
あるいは、意味がわかりにくい日本語を書いたためかもしれない。

現在取引が多い2社だけでも、休む暇があまりないので、今回合格した2社が加わるだけで十分だろう。
ただ、不合格のC社からは、別分野での再応募について打診があった。

続きを読む

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR