光硬化樹脂の英訳のついでに可視光の範囲を確認した

約6年前から取引してる翻訳会社では、ここ1年間はほとんど、日英翻訳のチェックをしている。

ネイティブの英訳をチェックするわけだが、ネイティブであっても、自然科学系の専門知識のレベルには差があるのは当然だ。
英語が母語ではない日本人であっても、
化学者の私が見ることで、内容の解釈や学術用語の使い方などが正しいことを保証できる。

今月受注した日英チェックでは、光硬化樹脂に関連する英訳で、反応に使う光の波長が問題となった。
クライアントに問い合わせる時間的余裕がないため、私の判断で英訳を決めることになった。

高圧水銀ランプを光源として用いる場合、
従来の光硬化樹脂では、
紫外線領域の365 nmの輝線で反応を行っていた。
そして新たに開発された光硬化樹脂では、可視領域の405 nmの輝線で反応を行う。

従来の光硬化樹脂の反応機構を示す図では、「UV照射」と書いてあったためか、ネイティブ翻訳者は、新規光硬化樹脂を区別せずに、「光硬化樹脂」をすべて「UV-curing resin」と英訳していた。

しかし、新規光硬化樹脂は、可視光で反応するため、「light-curing resin」に修正した。

そのクライアントの技術レポートの英訳を連続して受注しており、別の発行号のレポートでは、紫外線で反応する樹脂は、「UV硬化樹脂」となっていた。
すると今回の「光硬化樹脂」は、可視光の領域または紫外線+可視光の領域の光で反応することを意味するのだろう。

訳者に修正を説明するために、JIS規格で可視光の定義を探してみた。
すると、次のリンクで明らかなように、「可視光は380~780nmとする」そうだ。
kikakurui.com/b7/B7079-2015-01.html

この定義を示して、従来の光硬化樹脂は紫外線で硬化し、新規光硬化樹脂は可視光で硬化することを説明した。

技術分野によっては、可視光の短波長側を400 nmとすることもあるが、今回の光硬化樹脂では、使用する輝線の波長は405 nmであり、可視光であることは明白だ。

ただし、使う光の波長が、例えば、390 nmの場合は、その分野が紫外線や可視光の範囲をどのように定義しているのかを確認すべきであろう。

細かいことを気にしすぎても翻訳の作業効率は上がらないが、内容にかかわる重要なことは、疑問を持って念のため確認するようにしたいものだ。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

電車で移動中に海外の翻訳会社から連絡があった

今日の夜は仕事を終えてから、教会で聖書の勉強会に参加した。
私が参加するのは、月に1回から2回開かれるもので、ハイデルベルク信仰問答を学んでいる。
これはドイツ語で書かれたものなので、テキストに使っている和訳がわかりにくい場合に、私の知識を活かすことができるだろう。

教会に向かって電車で移動中、乗換駅でスマートフォンを確認してみると、海外の翻訳会社からメールが届いていた。
既に納品したドイツ語和訳チェック案件の続きのようだ。

内容を見ると、前回チェックを依頼したファイルに欠落した個所があったそうで、追加で翻訳してほしいとのことだ。

そして翻訳対象を見ると、前回のファイルに加えて、前々回のファイルを探すと、一致する和訳が見つかった。
それは翻訳会社の担当者もわかっているだろうが、翻訳者が作業したことにしなければならないため、私に連絡が来たのだろう。

スマートフォンのアプリで、ワードファイルの形式で作成できるが、面倒なので、メールの返信欄に和訳を記載して返信した。

勉強会が終わってから確認すると、これでOKだったようで、追加料金分の支払明細書が発行されていた。

金額は少なくて、お茶代にもならないが、翻訳会社が困っているときに対応することによって、毎月コンスタントに受注できる関係にしておきたいものだ。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

Trados を持っていない翻訳者の独日翻訳のチェックをして追加料金をもらった

海外の翻訳会社から、短い独日翻訳のチェックを頼まれた。
あるドイツ企業の経営陣が従業員向けに、会社の業績や今後の事業展開の見通しを説明する資料だ。
日本支社があるので日本語に翻訳するのだ。

メールの指示を読むと、翻訳者は Trados を持っていないため、Word で和訳のみのファイルを作成してあるそうだ。
そのため、チェッカーの私が代わりに、Word の和訳を Trados の対応するセグメントに移行してほしいそうだ。

Trados は、やはり高額であるため、導入していない翻訳者もいるのかもしれない。
私も副業翻訳者のとき、導入をためらっていたし。
できれば、Memo Q など、翻訳者の負担がないツールを使ってほしいものだ。

この追加作業があるため、0.5時間分の料金を上乗せして支払うと書いてあった。
実際には10分もかからないと思うが、計算単位として最低のユニットなのだろう。

作業を開始してみると、漢字変換ミスに気付いた。
「交換」 となるはずが、「鋼管」 となっていて、自分の仕事でも注意しようと思った。

具体的なドイツ語原文を出せないが、為替差損が業績にどのように影響するかという説明のところで、誤訳ではないかと思われる箇所があった。

為替差損の金額が、売上の金額として和訳されていた。

売上については直前の文中に出ていて、しかも一桁大きな金額なので、これは文法解釈というよりは、文意から気付いてほしかった。

返却パッケージと、念のためエクスポートした Word ファイルも納品したところ、2時間後に追加作業のメールが届いた。

クライアントが原文を一部修正したため、その部分の和訳を新たに行ってほしいとのことだ。
わずか1行だったので、すぐに対応したが、この分の追加料金はなかった。

以前も1回、納品後に原文が修正されてしまい、追加で作業したことがあった。
翻訳者側のミスで修正することは仕方ないが、原文を変えたのに追加料金なしというのは、できればやめてほしいと思う。

まあそれでも、特許翻訳以外のドイツ語を扱う経験を積みたいので、時間があるときには受注するつもりだ。


テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

機械翻訳が発達しても翻訳者は失業しない

様々な技術革新によって、特に人手をかけていた仕事が減ったものの、別の新しい仕事が生まれてきた。
一時的に失業者は増えるが、職業教育訓練が適切に行われる仕組みがあれば、社会不安の増大はある程度に抑制されるだろう。

翻訳業でも、機械翻訳の発展によって、翻訳者が失業するのではないかと心配する人もいるようだが、働き方が変わるだけで、翻訳者が不要になることはありえない。

例えば、特許では、日本の特許庁に申請するために、大量の文書を和訳しなければならない。
翻訳支援のソフトを使ったとしても、人間が入力している限り、作業量には上限がある。
機械翻訳が発達すれば、寝ている間に翻訳してもらい、日中にポストエディットをして、生産性を大幅に向上させることができるだろう。

英語ですら、特許翻訳者を確保することが困難なのに、私がメインにしているドイツ語では、一緒に働いてくれそうな人材がなかなか見つからない。

そのため、外国語大学などの学生が、ドイツ語特許翻訳者になるのを待つよりは、精度が上がった機械翻訳のシステムを導入する方が、投資としては確実なのではないだろうか。

それでも、失業の不安がある人は、講談社のサイトにあるコラムを読んでほしい。

「急速に進化した機械翻訳」に、それでもできない3つのこと
gendai.ismedia.jp/articles/-/55237

グーグル翻訳が 「ディープラーニング」 を導入したことで精度が飛躍的に向上したと、最近話題になっていた。

以前のように、対訳をたくさん登録して、類似性から翻訳しているのではない。
大量の例文を読み込むことは必要だが、言葉がどういった組み合わせで使われているのか、というルールを自ら見出して、翻訳に応用する。

それでも、できないことがある。
特に指摘されているのが、小説などの細かいニュアンスの違いの解釈が必要な場合だ。

また、学習した結果が常に正しいとは限らない。
ドイツ語のように、職業名でも女性形があれば別だが、男性ばかりの職種だと学習してしまうと、女性職員の話なのに、男性と決めつけて翻訳する恐れがある。

つまり、機械は人間そのものを置き換えることはできないということだ。
比喩や裏の意味なども含めて、生活の実体験がないと理解できない語感をうまく翻訳に出すことに、人間は能力を傾注することになるだろう。

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

独日翻訳のチェックを受注したところ、誤訳が多く、句点が1つもなかった

翻訳会社の社内翻訳者となって約半年だが、個人事業主としての翻訳も小規模で続けている。
月に2万円から4万円程度と少額ではあるが、辞書や翻訳関係の書籍を経費で購入するためにも続けている。

1年前に取引を始めた海外の翻訳会社は、機械系のドイツ語和訳が多く、最近はセンサーや印刷機などの取扱説明書の和訳が続いている。
この翻訳会社はヨーロッパにも支店があるためか、ドイツ語案件の問い合わせが毎月数件ある。
日本国内では、ドイツ語案件が受注できない時期が続くこともあるので、ドイツ語を忘れないためにも、短い案件でも受注している。

それでも無理はしたくないので、和訳を頼まれても、ワード数が多かったり、時間が足りないときは断っている。
すると、代わりの翻訳者が見つかった後に、チェックを頼まれることがある。

大抵は1時間から4時間くらいで終わる案件が多いので、平日の夕食後や週末に作業している。

今週も同様に、和訳を頼まれたのだが、忙しいので断った。
メールには、新規クライアントとの初めての仕事と書いてあったので、今後の契約にも影響するトライアル案件である。

他の翻訳者を探すことになったが、翌日、チェックを担当してほしいという連絡が来た。
和訳ができるのが金曜日昼で、締め切りは月曜日だから、週末にのんびり作業しても間に合うので受注した。

届いたファイルを Trados にインポートして開いてみると、原文にあるタグが、1つも和訳に反映されていない。
例えば、図面を示す abbildung や、数式を示す formel のタグを無視して、和訳は空欄のまま確定してあった。

他にも、記号や単位の上付き・下付きなどのタグもあるのに、すべてのタグを無視して、タグの間にあるドイツ語のみを和訳していた。

これでは困るので、翻訳会社の担当者にメールで問い合わせたのだが、欠如しているタグを、私が全部挿入することになってしまった。

ということで、作業を始めてみると、なんと句点が1つもない。
原文のピリオドが、タグの隣にあって、1つも見えなかったのだろうか。

加えて、読点がなくて読みにくい個所も多かった。

そして、誤訳が多かった。
多義語は、文脈に応じて、複数の意味を使い分けてほしい。

ある機械部品の工業規格の説明なのだが、その部品名や、測定される特性などの専門用語が間違っていた。
JIS規格にも同じ内容の規格があるので、少し調査すれば、その分野の文書が入手できて、専門用語を確認できるのに。

今回のクライアントとの取引が始まった場合、この翻訳者には依頼しない方がよいだろう。
500ワード程度なのに、ほとんどすべてのセグメントを修正して、3時間かかってしまった。
もし1万ワードの取扱説明書を和訳したら、チェックと修正だけで、どれくらいの日数がかかるのだろうか。

やはり、ドイツ語翻訳者は足りない。
人手不足への対策としても、機械翻訳の発展に期待したい。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

グーグル翻訳で英語論文の下書きができるそうだ

私が有機化学の学術論文を書いたのは、修士課程2年生のときだった。
学生が朝から晩まで実験ばかりすることを当然視する人も多いが、私の指導教授は、自主的に論文を書くような積極的な学生を望んでいた。

英語論文の書き方の書籍の他に、指導教授の過去の論文や、同じ研究分野の論文を参考にした。
ただし、この論文では、共同研究者に依頼したX線構造解析の結果を載せるため、その部分を指導教授が担当し、私はイントロと実験結果について書いた合作だ。

博士課程では、最終的に添削してもらったものの、英語の論文を3報出し、博士論文は英語で書いた。
私が英語で書いたためなのか、私の後に博士号取得を希望する学生は、英語で書くことが義務化されてしまった。

英語が苦手な学生にはかわいそうで、私の博士論文のイントロ部分をそのまま使わせてほしいと言った学生もいた。
英会話はできなくても、論文だけでも英語で出せるようにしてほしい。
サイエンスの世界では英語ができないと、情報収集もできないし、学会で成果をアピールすることもできないから。

旧帝大なのだが、後期日程試験があった頃、なぜか英語を試験科目から除外したことがあった。
そのためなのか、英語論文が理解できない学生が研究室に来るようになった。

そのような学生でも、今ならば、グーグル翻訳を活用して、論文を読んだり、書くことも可能かもしれない。

本日発売のAERA3月5日号の特集は、「英語の実力はAIで3割増」である。

記事の中でここで紹介するのは、「必要なのは『手直し力』 グーグル翻訳の強み・弱みを知り『協働』する」だ。

この記事では、英語論文を書くという目的ならば、現在のグーグル翻訳を活用すれば十分に対応できるという実例を示している。
グーグル翻訳の精度が向上したという噂を聞いて、高分子化学の研究者が、修士課程の学生に試しに英語論文を書いてもらったそうだ。
最終的には手直しが必要ではあるが、特に実験系は誰でも再現できるように平易な英語で書く必要があり、その目的には合っているそうだ。

また、これまでは最初から英語で考えて英語論文を書いていた研究者も、まずは日本語で論理構成をして、完璧な文章を作ってからグーグル翻訳を利用したそうだ。
一見すると二度手間のようだが、以前の倍のスピードで書くことができたという。

また、グーグル翻訳を使うときの注意点として、まずは日本語で論理的な文章を書くこと、つまり英語に翻訳しやすい日本語を書くことが大切なようだ。

この点では、学生に対して日本語の指導も大切になるかもしれない。
大学院時代の後輩が、英語の論文が書けないと悩んでいたのだが、日本語で書いてもらっても、何を言いたいのか論点がはっきりしない文章だった。
また、長い一文を書いている途中で、2つ目の主語が出現して、何を言っているのか不明の日本語も書いていたこともある。
セミナーでの発表を聞いていても、実験結果から何を言いたいのかもわからないかった。

AIの進化で自動翻訳が発展しても、仕事の能率を向上させるために活用できる人のみが、生き残るのかもしれない。
また、英語の勉強に使っていた時間を他の勉強に使えるので、専門領域に集中できるかもしれないし、別の言語を学ぶ余裕もできるかもしれない。

特に英語の翻訳者の中には、AIに翻訳の仕事が奪われると心配している人もいるようだが、働き方や必要となるスキルが変わるだけなので、翻訳者が不要ということはないはずだ。

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

2017年の翻訳料金+給与は約496万円

2017年が終わったので、青色申告のソフトで帳簿などを印刷した。
国税庁ホームページの確定申告書作成コーナーが更新されて入力可能となれば、現時点で手元にある書類のデータを入力しよう。

1月下旬に、翻訳会社の支払調書や寄付金領収書の他に、弟の国民健康保険税の支払証明書が届く予定だ。
2月になる前に申告書は作成できるから、2月18日に提出する予定にしておこう。

2017年の翻訳料金と給与の合計は、税込みで約496万円であった。
目標は500万円だったが、4万円は誤差範囲内かもしれない。
2016年は約600万円だったため、約100万円も減ったことになる。

個人事業主としての翻訳料金を示すと、社内翻訳者としての給与額が推定されてしまうので、ここでは、日本円の収入と、US$建て翻訳料金の換算額を示すことにしよう。

日本円での翻訳料金収入は、約471万円。
外国の翻訳会社からは $ 2,299.49 を得て、月末の請求書発行時のレートで日本円に換算した金額を合計すると、約25万円になる。

源泉徴収された所得税は約34万円あるが、US$での収入は源泉徴収されていないため、確定申告で税額が決まる。
2017年分の青色申告では、65万円の控除に加えて、書籍費の約9万円とノートPCの約14万円があるので、所得税は増えないと予想している。

また、弟を扶養親族として申告するため、扶養控除と、国民年金の約18万円、そして扶養にする前の国民健康保険税約2万円も控除される。
申告に必要な弟の個人番号は、先週コピーが届いたので記入できる。

還付される税額は、全部入力してから確認することになるが、現時点では25万円と予測して2018年の予算を作成した。
弟への仕送りが月12万円かかるので、赤字であることが判明した。
現状を理解させて、自分で月10万円でも稼ぐように説得して、仕送り額を減らさないと共倒れだ。

書籍費や食費などを減らしてみたが、最終的に赤字であることは確実だ。
ロック・フィールド株は売りたくないし、個人年金の積立も停止できないので、定期預金を解約することになるだろう。
仕送りのために個人年金の解約をすれば、これまで支払った保険料の半分くらいが消えて、私の老後の計画が狂ってしまう。

年収が税込み500万円あれば、老後の準備もできると考えていたが、「きょうだいリスク」 の影響が今年、そして来年は更に大きくなることだろう。
悲惨な状況になる前に、変わってほしいものだ。

テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

知的財産翻訳検定試験(ドイツ語)は不合格でB判定でした

日本知的財産翻訳協会が実施している知的財産翻訳検定試験は、今年10月の第25回から、ドイツ語和訳が始まった。
特許翻訳を専門にすることを決めたのだから、受験することにした。

受験日は日曜日であり、教会の重要な行事があったのだが、役員に相談して試験を優先してもらった。

結果は、以下のリンクで公開されているが、私は残念ながら不合格だった。
www.nipta.org/ExamResult_25-0_J.html

ドイツ語は、8名が解答を提出して、合格は1名のみ。

試験前日は朝からずっと行事の準備をして疲れたし、当日は試験直前に教会の会員から電話があり、行事に使う用具が見当たらないという問い合わせがあったり、夜の礼拝に行くために焦ったことも原因なのかもしれない。

来年も受験するとなると、10月最後の日曜日になるのだろうか。
今年と同様に教会の行事があるため、2年連続で休むと、文句を言う会員も出てくると思われる。
私は、頼めば何でも手伝ってくれる、と思われているようだが、業務の都合でできないこともあることを、会員に理解してもらわなければならない。

郵送で届いた通知には、判定がBとあり、数か所の誤訳の指摘があった。
訳語に迷ったところ、つまり自信がないところが、結果的に誤訳となってしまった。

実際の特許翻訳では、明細書全体を見ながら訳語の検討をしているので、作業途中で気づいたり、推敲中に再検討して、適切な訳語に修正している。

しかし、試験問題では、出題部分だけで判断するし、見直しの時間も足りないことから、誤訳のまま提出してしまった。

解答例と解説が公開されているので、年明けはこれで復習してみよう。
www.nipta.org/ExamResult_25-1_J.html

私は資格試験を受験しようという意識があまりない。アマチュア無線技士の免許は、これがないと開局できないため、取得したものの、一番下のランクの免許のみである。語学系の資格として、中学校では英検の受験を勧めていたが、これまで一度も受験したことがない。その代わりに、ドイツ語技能検定は新2級まで取得した。TOEICを受験したのは、企業研究職の募集要項に、「スコア800以上」と書いてあったので、履歴書に書くた...
教会の行事を休んで知的財産翻訳検定試験(ドイツ語)を受けた

テーマ : 外国語学習
ジャンル : 学校・教育

クライアントが改訂した用語集で再度チェックをすることになった

先月、外国の翻訳会社の依頼で、ドイツ企業のパンフレットの和訳についてチェックした。
このとき、クライアントから提供された用語集に、1つだが誤訳が登録されていることを指摘した。
翻訳会社を通じて何度かやり取りをして、最終的に誤訳ということが確認された。

誤訳ということはわかったものの、最初に設定していた納期を過ぎてからもやり取りが続いたため、時間がないということで、その時点での暫定的な訳語に修正して納品することになった。

その後は、クライアントが処理するのかと思っていたら、他の訳語も含めて用語集を改訂したとのことで、最終的なチェックの依頼が来た。
添付ファイルを見ると、私が指摘した誤訳以外にも、いくつか改訂されていた。

2時間もあればできそうなので、受注することにした。
来年1月は住民税の支払いもあるので、数千円でも収入が増えることはうれしい。
また、いろいろな機械の部品などの勉強にもなるので、メリットと考えたい。

ただ、最初に作業した翻訳者に戻した方が、その人の勉強になると思うのだが。

でも、私も含めてあれこれと手を入れた後のファイルを見るのは、もしかすると嫌なのかもしれないので、チェック担当で改訂の事情がわかっている私が最終的な修正をした方がよいのだろう。

空き時間のみで、チェック主体なので、毎月100ドル前後の予算設定と少ないが、経験を積むことにつながるようにしたいものだ。


これまでの翻訳と用語を統一するために、クライアントから指定された用語集のファイルを使うことがある。Tradosを使うときは、MultiTermのファイルが添付されていることが多い。簡単なものでは、エクセルのファイルが送られてくることもある。複数の訳語が可能な場合に、用語集で指定されていると迷うことがないため、時間の節約にもなって楽だ。また、複数の翻訳者が同時に作業するときにも、お互いに確認の連絡をせずに統一でき...
クライアント提供の用語集の修正提案をする



テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

古語が載っている独和辞典も必要だ


(最終チェック・修正日 2017年12月11日)

有機化学の研究をしているとき、参考に読んだ一番古い論文でも 1880年くらいだった。
化合物名のつづりが異なることや、今は使わない薬品が出てくることもあったが、それほど困難を感じずに読むことができた。

ゲーテと化学との関係についての書籍で、悪臭が発生する化学実験をしたときに書いた手紙の一部を読んだが、このときもつづりが一部異なるだけで、特に困難なことはなかった。

私はプロテスタントなので、ルターなどのドイツ語聖書を読むこともある。
ルターの聖書は何度か改訂されていて、2015年に宗教改革500年記念事業として、現代ドイツ語に改訂されている。
そのため、研究者でもないのに、わざわざ古い聖書を読むこともないが、改訂の歴史をたどるときには、古いつづりに出会うこともある。

例えば、動詞 heben の過去形は、現在は hob だが、古語では hub になる。
1912年版のルター聖書で改訂されるまで、つまり20世紀初めまで、この古語のつづりで読んでいたわけだ。
古語のままずっと残した理由は、時間があるときに図書館で調べるか、神学生に聞いてみよう。

古語が出てきても困らないように、例えば、小学館の独和大辞典を持っているとよいと言われている。
他の独和辞典でも、古語を載せていることは多いので、分野によって必要な人は、辞書を選ぶ時の基準としてもよいだろう。

ただし、同じ古語として採録されていても、辞書によって語義説明が異なることもある。

例えば、famos という形容詞についてメモしておこう。

続きを読む

テーマ : 外国語学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR