ノーベル賞受賞者大村教授のアルファベット表記はŌmura

ノーベル財団の2015年ノーベル医学生理学賞についての記事では、大村智教授の名前のアルファベット表記は 「Satoshi Ōmura」 と、「オオ」という長音の表記が 「Ō」 になっている。
www.nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/2015/

【The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2015 was divided, one half jointly to William C. Campbell and Satoshi Ōmura "for their discoveries concerning a novel therapy against infections caused by roundworm parasites" and the other half to Youyou Tu "for her discoveries concerning a novel therapy against Malaria".】

北里研究所のサイトでも、
「Satoshi Ōmura」 になっていて、
論文での著者名も 「Satoshi Ōmura」 にしている
www.satoshi-omura.info/index.html

そのためノーベル財団では、本人が使っている表記を尊重して、Omura でもなく、Oomura でもなく、Ohmura でもないのだ。

ノーベル財団の発表を元に記事を書いているメディアも Ōmura にしていることが多い。
例えば、ドイツのZEIT紙の記事は次の通り。
www.zeit.de/wissen/gesundheit/2015-10/medizin-nobelpreis-fuer-infektionsforscher-campbell-mura-und-tu

【Den Nobelpreis 2015 in der Kategorie Medizin/Physiologie teilen sich der irische und der japanische Parasiten-Forscher William C. Campbell und Satoshi Ōmura mit der Wissenschaftlerin Youyou Tu aus China.】

しかし、Ō という文字が扱いにくいためなのか、ドイツのSPIEGEL誌では、Omura である。
www.spiegel.de/wissenschaft/medizin/nobelpreis-medizin-2015-geht-an-william-c-campbell-satoshi-omura-youyou-tu-a-1056187.html

【Der gebürtige Ire William C. Campbell sowie der Japaner Satoshi Omura erhalten die Hälfte des Preises für ihre Arbeit an einer Therapie gegen Infektionen mit Fadenwürmern.】

それでもGuardian紙は、英語の標準フォントになくても、 Ōmura にしている。
www.theguardian.com/science/2015/oct/05/william-c-campbell-satoshi-omura-and-youyou-tu-win-nobel-prize-in-medicine

【Two other researchers, 80-year-old Satoshi Ōmura, an expert in soil microbes at Kitasato University, and William Campbell, an Irish-born parasitologist at Drew University in New Jersey, share the other half of the prize, for the discovery of avermectin, a treatment for roundworm parasites.】

メディアでの表記はこのくらいにして、一番気になっているのは、大村教授のパスポートでの表記がどうなっているかだ。
ノーベル財団からの招待状には Ōmura と書かれるはずだが、パスポートの表記と食い違うと困るのではないか。

続きを読む

テーマ : 日本語と国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

「英語学習は早いほど良いのか」(バトラー後藤裕子著、岩波新書)

お盆休み明けから読んだ岩波新書新刊は、バトラー後藤裕子著、「英語学習は早いほど良いのか」だ。

【子どもたちに早くから英語を学ばせようというプレッシャーが強まっている.
「早く始めるほど良い」という神話はどこからきたのか? 大人になったら手遅れなのか? 
言語習得と年齢の関係についての研究の跡をたどり,問題点をあぶり出す.
早期開始よりも重要な要素とは何か,誰がどのように教えるのがよいのだろうか.】

目次は次の通り。

第1章 逃したらもう終わり? -臨界期仮説を考える
第2章 母語の習得と年齢  -ことばを学ぶ機会を奪われた子どもたち
第3章 第二言語習得にタイムリミットはあるのか
第4章 習得年齢による右下がりの線 -先行研究の落とし穴
第5章 第二言語学習のサクセス・ストーリー
第6章 外国語学習における年齢の問題
第7章 早期英語教育を考える

書店に行くと、早期英語教育を勧める書籍や雑誌が目につき、英語ができないと就職で不利になり、生きていけないかのような、強迫観念にとらわれているように思える。
早期教育を勧める前提として、「言語学習の開始は早ければ早い方がよい」というものがあり、「臨界期」という概念が理論的根拠として紹介されることが多い。
しかし、臨界期という概念は、動物行動学の「刷り込み現象」を人間の言語習得に応用したもので、未だに「仮説」としか言えないものだ。
臨界期の定義も研究者によってばらついているし、対象とする言語能力のとらえ方も様々なアプローチがあり、定まっていない。

移民入国時の年齢が、第二言語の音声や文法の習得状況に関係するのかどうか、という研究も行われているが、言語能力だい判定の方法について信頼性や妥当性に問題があることが指摘されている。
また、同じ5年間という習得期間を設定できたとしても、学習者が得られるインプットの量や質、それに第二言語を習得しようという動機など、統制できない変数がたくさんある。

学習開始年齢が上がると、母語話者レベルに到達する割合は確かに減少しているが、臨界期が存在すると断定できるような明確な境界はないようだ。
それに第5章で紹介されている「語学の達人」のように、思春期以降に習得を開始したのに、母語話者レベルに到達した事例がある。

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

「英語の害毒」(永井忠孝著、新潮新書)

2011年度に小学校の学習指導要領が改訂され、5年・6年での外国語活動が必修化された。
文部科学省では、「小学校外国語活動サイト」を開設して宣伝している。
www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gaikokugo/

「外国語活動」と言っているが、実質的に「英語」を学ぶことになっている。
「グローバル化に対応」し、「東京オリンピック・パラリンピックを見据え」て、新たな英語教育を進めるそうだ。

そして巷では、英語ができないと就職も不利になって生きていけない、などの不安をあおる言葉が氾濫している。
人々を不安にさせて英語だけを勉強するようにと、極端な方向に向かわせて得をするのは、英語教育産業関係者とアメリカ好きの人たちだ。

私は研究で英語の論文や特許を毎日読むので、英語の勉強をやめろとまでは言わないが、英語至上主義のリスクは感じている。
ということで、英語関連の書籍で読むのは、たいていは英語学習の危険性を説くものだ。

今月読んだ書籍は、永井忠孝著、「英語の害毒」(新潮新書)である。
www.shinchosha.co.jp/book/610624/
【日本人の多くは英語を必須能力と捉えている。会話重視の教育はさらに低年齢化し、「日本語禁止」の企業まで登場する始末だ。それが「自発的な植民地化」への道だとも知らず――。本書では、気鋭の言語学者がデータに基づき英語の脅威を徹底検証する。「企業は新人に英語力など求めていない」「アジアなまりの英語こそ世界で通用する」等、意外な事実も満載。英語信仰の呪縛から解き放たれること必至の画期的考察!】

目次は以下の通り。

一章 英語の誤解――英語は本当に必要か
二章 英語の幻想――どんな英語をどれだけ学ぶべきか
三章 英語の損得――日本人はなぜ英語が好きなのか
四章 英語の危険――日本が英語の国になったら
五章 英語教育への提言

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

ドイツ語記事を読むにもスタートレックの知識が必要だ

外国語の新聞や雑誌の記事を読むとき、様々な背景知識が必要だということは、よく聞く話だ。
私がよく読む英語やドイツ語の場合も、単語の語源や、慣用表現の元をさかのぼると、聖書やギリシャ神話、イソップ物語であることも多い。

例えば、最近読んだベルリンフィルのプログラムでは、「呼吸の合うピアニストを大切に思っている」という表現を調べていて、旧約聖書の詩編91編が由来だと知った。
www.berliner-philharmoniker.de/konzerte/kalender/details/20450/
【.. – und wird doch vom Orchester auf Händen getragen

独和辞典に出ている形で示すと、
jn. auf Händen tragen で、直訳は「…を両手にのせて運ぶ」だが、「…を愛情をこめて大事にする」という意味で使う。

前置きが長くなってしまうが、プロテスタントの私は、この詩編91編のメッセージが気に入ったので、ここでドイツ語と日本語の聖書を引用して、紹介しておきたい。

まずは、ルター訳ドイツ語聖書の1984年改訂版・2006年新正書法版から、Psalm 91: 11-12。

11 Denn er hat seinen Engeln befohlen,
      dass sie dich behüten auf allen deinen Wegen,
12 dass sie dich auf den Händen tragen
      und du deinen Fuß nicht an einen Stein stoßest.

続いて、新共同訳聖書から、詩編91編11~12節。

11 主はあなたのために、御使いに命じて
  あなたの道のどこにおいても守らせてくださる。
12 彼らはあなたをその手にのせて運び
  足が石に当たらないように守る。

そして今週読んだ、ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げ25週年の記事では、イントロ部分でスタートレック・ヴォイジャーの知識が必要である。
SPIEGEL誌の記事のリンクと、最初の部分を引用しておこう。
www.spiegel.de/einestages/hubble-teleskop-startete-vor-25-jahren-das-auge-der-menschheit-a-1029712.html

Sternzeit 51268.4. Vielleicht ist diese Route eine Abkürzung? Ein schnellerer Weg nach Hause? Fähnrich Harry Kim, Leutnant Tuvok, Seven-of-Nine und Schiffskoch Neelix studieren die Sternenkarte im astrometrischen Labor. Das Raumschiff "Voyager" ist 70.000 Lichtjahre von der Erde entfernt im Delta-Quadranten der Milchstraße gestrandet. …】

続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

「1兆(10の12乗)」は英語では「Trillion」だがドイツ語では「Billion」になる

外国語を学んでいると、数の表し方である「命数法」が異なるため、瞬時に換算できないこともある。
今回取り上げる Billion と Trillion は有名な例で、語源は同じなのに、時代や国によって表す数が変わることもある。
言葉は変化するものなので、いろいろと面倒なことがあるが、それも多言語学習の楽しみと思うようにしている。

科学誌 Science の3月21日号に、人間は1兆種類を超える嗅覚刺激を区別できる、という論文が掲載された。

英語の論文タイトルは次の通り。
「Humans Can Discriminate More than 1 Trillion Olfactory Stimuli」
www.sciencemag.org/content/343/6177/1370

この論文を紹介するドイツの SPIEGEL Online の見出しは次の通り。
「Hochrechnung: Menschen unterscheiden eine Billion Gerüche」
www.spiegel.de/wissenschaft/mensch/sinnesorgan-nase-unterscheidet-eine-billion-gerueche-a-959971.html

日本語の1兆(1012、10の12乗、1,000,000,000,000)は、現在の英語では Trillion、ドイツ語では Billion となる。
語源の説明を読むと、ドイツ語の Billion は 「bi.. + Million」とあり、100万(106)の2乗ということで、1兆(1012)になる。
そして Trillion は 100万の3乗だから、100京(1018)になる。

ヨーロッパではたいてい同じだが、英語圏ではアメリカでの表現に合わせて、Trillion を1兆(1012)に変えた。
3桁ずつ区切る方式なので、英語での Billion は 100万(106)から3桁上で、10億(109)のことだ。
ドイツ語での 10億は Milliarde と異なる。

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

「外国語をはじめる前に」(黒田龍之助著、ちくまプリマー新書)

ちくまプリマー新書の「外国語をはじめる前に」は、1年半前に出版された本だが、意見が似ている黒田龍之助氏の著書ということで、年明け最初に読む本に選んだ。
www.chikumashobo.co.jp/product/9784480688835/

【何度チャレンジしても挫折してしまう外国語学習。その原因は語学をはじめる前の準備がたりなかったから。
文法、発音から留学、仕事まで知っておきたい最初の一冊。】

目次は以下の通り。

第1章  当たり前のことを確認する―外国語の基本
第2章  発音がすべてじゃない―外国語と発音
第3章  「単語」より「語」といいたいが―外国語と単語
第4章  文法は乗り越えられるか?―外国語と文法
第5章  「約束は約束だ」は無意味か―外国語と意味
第6章  言語はお互い似ていることがある―外国語と系統
第7章  どんな言語にも過去がある―外国語と歴史
第8章  ことばの違いは楽しいが…―外国語と方言
第9章  検定試験と留学は絶対に必要か―外国語と実力
第10章 通訳のほかにも仕事はある―外国語と職業

本書は外国語学部での講義をもとにして、高校生・大学生を主な対象に書かれているが、英語以外の外国語に興味を持つ人すべてに参考となるだろう。

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

英語リスニング試験ではICプレーヤーの使用を見直してほしい

今年もセンター試験の時期となり、英語リスニング試験で毎回問題となるのが、ICプレーヤーの不具合である。

朝日新聞の記事は次の通り。
www.asahi.com/articles/ASG1L6HDRG1LTIPE01T.html
【大学入試センター試験は初日の18日、英語のリスニングで、機器の不具合などから全国で計93人が試験を中断してやり直した
…開始直前にICプレーヤーを床に落とし、音声メモリーが飛び出たため、試験終了後に受けた。】

日本経済新聞の記事は次の通り。
www.nikkei.com/article/DGXNASDG1802H_Y4A110C1CC1000/
【志願者の92.6%にあたる51万9176人が受験した英語のリスニングでは、79会場でICプレーヤーの不具合などがあり、計93人が中断箇所からテストをやり直した。リスニングのやり直しは昨年より17人増えた。】

リスニングのやり直しが、すべて機器の不具合や、操作ミスによるとすると、不具合発生率は 0.018%。
やり直しができるのだから、この数字を無視できるくらい少ないと考える人もいるだろう。
ただ、緊張した雰囲気の中で不具合に遭遇した受験生にとっては、いくらやり直しできるとしても、動揺してしまうはずだ。

機器の不具合や操作ミスという、英語能力とは無関係のことで、受験生を振り回すのはやめてほしい
英語を特別視する誰かの利益や願望のために、機器メーカーや受験産業にお金を落とすために、センター試験を利用しないでほしい。

続きを読む

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

木星に関する天文記事でニンニクの話が出るのはなぜ?

ヨーロッパの新聞・雑誌を読むときに必要な基礎知識として、聖書の他にも、ギリシャ・ローマ神話やイソップ物語が挙げられる。
その基礎知識がないと、イントロ部分で意味がわからず、つまづいてしまうことになる。
まあ、わからない部分は飛ばして読んでもかまわないが、その引用についていろいろと調べることは、雑学の楽しみがあり、そして語学の勉強にもつながる。

冬の星座、ふたご座を見上げると、その中央付近に一等星よりも明るい目立つ星がある。
それは木星で、1月6日に衝となり、観望の好機ということで、紹介する天文記事がいくつか出ている。

ドイツの新聞 Süddeutsche Zeitung の天文記事では、木星の話なのに、なぜかゼウスとニンニクについても調べることになった。
www.sueddeutsche.de/wissen/sternenhimmel-hoellenplanet-mit-knoblauchduft-1.1855129

記事のタイトルは、"Höllenplanet mit Knoblauchduft (ニンニク臭がする地獄の惑星)" で、リード部分を読んでも「ニンニク臭」については何もわからなかった。
本文を読み進めて、木星大気の成分についての説明で、ニンニク臭がするホスフィン(PH3)が出てきて、やっとタイトルが理解できた。

ということで書き出しの、"Ein Hauch von Knoblauch umweht den Göttervater. (ニンニクの香りが神々の父を包んでいる。)" も、ホスフィンを含む大気のことを言っていることがやっと理解できた。

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

安倍首相が靖国を参拝した12月26日もクリスマス(2日目です)

(最終チェック・修正日 2013年12月29日)

年末になって嫌なニュースが飛び込んできた。
12月26日に安倍晋三首相が靖国神社を参拝してしまい、国内外から様々な批判の声が届いている。

参拝を報じる、AFPの日本語記事は次の通り。
www.afpbb.com/articles/-/3005678

【安倍晋三首相は26日午前、東京・九段の靖国神社を参拝した。

安倍首相は記者団に対し、「靖国参拝は、戦犯を崇拝する行為であるという誤解に基づく批判があるが、私は戦争に苦しむことのない時代を作っていくという決意のもと参拝した。韓国、中国の人々の気持ちを傷つけるつもりは毛頭ない」と述べた。
…】

外国政府として、例えば、アメリカ政府の批判を伝える、ロイター通信の日本語記事は次の通り。
jp.reuters.com/article/topNews/idJP2013122701002273

【米政府は26日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことに対し、「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに失望している」とのコメントを米大使館を通じて発表した。

また、「首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」と、近隣諸国との関係改善を促した。】

思想信条の自由はあるから、歴史を自分勝手に修正して解釈しようが、特定の国を嫌いになろうが、靖国神社参拝をしようが、個人のレベルならばかまわない。
ただし、戦死者や犠牲者を弔い、そして平和の誓いをするならば、何も靖国神社を選ばなくてもよいはずだ。
政教分離がはっきりする形式で行ない、そして国会で平和・反戦決議をすればいい。

自分の感情や希望を優先して参拝し、その影響について過小評価している安倍首相は、リーダーの資格はない。
約束を守る意思が強い男を演じようとしているだけの、視野の狭い人間である。

続きを読む

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

文部科学省の「英語教育改革実施計画」は英語産業へのばらまき?

民主党が政権政党であったとき、行政刷新会議で事業仕分けという見直し作業が行われた。
そのなかで、文部科学省の「英語教育総合改革プラン」は「廃止」と決定され、平成23年度予算から消えることになった。

事業仕分けワーキンググープの評価コメントは次の通り。
www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov11kekka/3-7.pdf

廃止を受けて出された文部科学省の資料は次の通り。
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/082/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/01/31/1300465_05.pdf

ただし、英語教育、特に小学校での早期英語教育の実施について、なぜか文部科学省は積極的であり、12月13日に「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を発表した。
www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/082/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/01/31/1300465_05.pdf

【初等中等教育段階からグローバル化に対応した教育環境づくりを進めるため、小学校における英語教育の拡充強化、中・高等学校における英語教育の高度化など、小・中・高等学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を図る。
2020年(平成32年)の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、新たな英語教育が本格展開できるように、本計画に基づき体制整備等を含め2014年度から逐次改革を推進する。】

一度廃止になったとしても、官僚は予算獲得と権益保持を目指して努力していたわけだ。
「グローバル化」していると、どうして英語の会話力が必要なのか、また、開催期間が1か月程度の東京オリンピック・パラリンピックを取り上げる意味などについては、この資料からはわからなかった。

今後の会議で詳細を決めるのだろうが、小学校英語の拡充強化が狙っていることの1つは、英語産業への予算のばらまきである。
省庁の予算に群がる者たちは、いつの時代にも、どこにでもいて、「英語ムラ」という利益誘導を目的とした集団も発生しているのだ。
彼らは自分たちの利益を優先するため、世の中に英語を必要とする人たちが本当はどれくらいいるのかなど、統計に基づく議論は絶対にしない。

例えばベネッセは、以前から文部科学省の委託で研究会に参加して、小学校英語用の教材開発を行っており、さらに子ども向け英語教室なども運営し、事業説明でも、英語関連事業が有望なビジネスであることを公言している。
www.benesse.co.jp/global/
www.benesse-hd.co.jp/ja/about/management/middleplan.html

文部科学省や財界の一部が進めたい小学校英語については、英語教育研究者などが批判しているのだが、一般の「英語が話せたらいいなー」という願望が後押ししているためか、反対運動は盛り上がらないようだ。

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による大震災と、東京電力福島第一原発の事故は、今日も世界中で報道されている。日本国内でも、情報が隠されているのではないか、どうして官僚的回答しかしないのかなど、同じ日本語を使っている人同士でも、なぜコミュニケーションが成立しないのか疑問に思う日々が続いている。誇張された海外報道を引用する日本のメディアもあるが、これは情報発信する側の日本政府や東京電力などにも...
「国際共通語としての英語」(鳥飼玖美子著・講談社現代新書)


続きを読む

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR