「ニッポンの博士 量産の時代 上」 日本経済新聞2005年9月19日朝刊

日本経済新聞 2005年9月19日朝刊の科学面に、
ニッポンの博士 量産の時代 上  研究職離れ 新天地で開花
という記事が掲載された。

研究職ではなく、特許事務所や教育職に転じた博士の例が紹介されている。

日本では多様なキャリアパスの構築ができておらず、研究職以外の就職先を、本人の適性に合わせて考える機会が少ないのではないか。

続きを読む

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR