fc2ブログ

bangen

bangen
((雅)) I 自 (h)
1 a) 不安がる;((um jn. <et.4>)) (…のことを)心配する

続きを読む

テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

ヨーロッパ各地で検出された放射性ヨウ素131の発生源は不明(ハンガリーの企業と判明)

国際原子力機関(IAEA)の11月11日付けプレスリリースによると、ヨーロッパ各地で微量の放射性ヨウ素131が検出されたそうだ。
検出された濃度では健康被害は起きず、また半減期が8日と短いことから、フクシマ事故由来ではない。
しかし現時点では、その発生源が特定できていないため、関係機関と協力して調査中とのことだ。
www.iaea.org/newscenter/pressreleases/2011/prn201124.html
------------------------------
【The IAEA has received information from the State Office for Nuclear Safety of the Czech Republic that very low levels of iodine-131 have been measured in the atmosphere over the Czech Republic in recent days.

The IAEA has learned about similar measurements in other locations across Europe.

The IAEA believes the current trace levels of iodine-131 that have been measured do not pose a public health risk and are not caused by the Fukushima Daiichi nuclear accident in Japan.

The IAEA is working with its counterparts to determine the cause and origin of the iodine-131.
…】
------------------------------

ロイターの英語配信記事は次の通りで、発生源の可能性として放射性医薬品と原子力潜水艦などを挙げているが、いずれの場合も原則として厳重に管理されているため、なぜヨウ素131が環境中に放出されたのか謎のままだ。
www.reuters.com/article/2011/11/11/us-nuclear-iodine-iaea-idUSTRE7AA4U020111111

日本語記事としては、NHKニュースを引用しよう。
www3.nhk.or.jp/news/html/20111112/t10013913891000.html
------------------------------
【…IAEAは11日、チェコの原子力規制当局が、この数日間にごく微量の放射性物質のヨウ素131を大気中から観測し、ヨーロッパの各地でも同じように放射性ヨウ素が観測されたと発表しました。また、世界各地で核実験を監視しているCTBTO=包括的核実験禁止条約機構もヨウ素131が先月下旬以降、ロシア、スウェーデン、それにオーストリアに設置している観測施設で検出されたことを明らかにしました。このうち、オーストリアでは、現地の当局が先月17日以降、ヨウ素131を観測していて、その値は最大で1ナノシーベルトと、福島第一原子力発電所の事故のあとにオーストリア国内で観測された値の100分の1程度だったということです。放射性ヨウ素は、ハンガリーやドイツなどでも観測されており、ヨーロッパ各地で放射性ヨウ素が観測されたことについて、IAEAは「原発事故が原因である可能性は低い。検出された値は低く、人の健康への影響はない」と話しています。…

ヨウ素131は、病気の検査や治療など主に医療用にも使われています。ヨウ素131をはじめ、医療や研究目的などで製造される放射性物質については、病院や研究所、企業などに安全に管理する責任がありますが、不適切な管理が報告されるケースも少なくありません。】
------------------------------

続きを読む

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

日本新薬ツイッター騒動事件で一般常識レベルの社内ガイドライン策定

日本新薬の前川社長は11月8日の決算会見で、ツイッターやブログなどのネットサービスを利用する際の社内ガイドラインを策定したことを明らかにしたそうだ。

男性MR社員が、睡眠導入剤ハルシオンの後発品を同僚の酒に入れて飲ませたという「悪ふざけ」について、女性MR社員が実名でツイッターに投稿して、大騒ぎとなった。
9月5日付けの日本新薬のニュースリリースをもう一度引用しておこう。
www.nippon-shinyaku.co.jp/company_profile/news.php
------------------------------
【…インターネット上で「日本新薬社員がハルシオン後発品を不正使用」という内容の書き込みが頻発しております。本件について社内調査を実施致しました…

医薬品を取り扱う製薬企業の社員が、業務外の場面とはいえ、医薬品を使って不適切かつ不謹慎な行為を行いましたこと、衷心より深くお詫び申し上げます。
 当社と致しましては、関係者に対して適正なる処分を行うとともに、このような事態を二度と引起さないよう対応策をしっかり検討した上で、社員へのコンプライアンス教育と意識改革の更なる徹底を図って参ります。】
------------------------------

ということで、一般的な社会的常識レベルのガイドライン8項目が策定され、ネットサービス利用上の注意点などを明確化した。
日本新薬のHPに、現時点では掲載されていないため、日刊薬業とリスファクスの記事から引用しておこう。

2009年11月16日にドラム缶爆発事故を起こした日本新薬では、その半年前の5月に、ある男性MRが同僚の酒に睡眠導入剤を入れて飲ませた、という騒ぎもあったそうだ。この「悪ふざけ」の話を聞いた同社女性MRが、今年8月29日にツイッターに書きこみ、ネット上で騒ぎが大きくなったという。社員の実名も出ていた日本新薬は社内調査を行い、9月5日に「ネット書きこみに関するお知らせ」で経緯説明をしている。www.nipp.
同僚の酒にハルシオン後発薬混入騒ぎ:「悪ふざけの範囲と認識しています(日本新薬)」


続きを読む

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

インドで新薬治験を実施するのは死亡時補償金が少なくて済むから?

医薬メーカー子会社で勤務する私は、新規化合物の開発には直接携わっていないが、合成中間体の受託合成で貢献している。
自分が作った化合物ではないものの、親会社の医薬品開発状況は気になるものだ。
また、既に販売されている医薬品についても、副作用情報が出ていないかどうかも気になる。
私の姉は、医師の判断ミスにより間違った薬を投与され、副作用で長年苦しんだから、なおさら気になる。
加えて今年は母が、医師の勧める新薬に切り替えた後に皮膚障害の副作用が出たため、余計気になっている。

「薬と毒は紙一重」や、「くすりのリスク」と言われるように、よく効く薬ほど、重篤な副作用を伴うことが多いような気もする。
動物実験などで安全性試験はしているものの、最終的にはヒトで治験をしなければ、本当に効く薬なのか、そしてどのような頻度で副作用が出るのかはわからない。

新規化合物を合成するのも大変な作業だが、新薬候補の治験も開発コストの大半を占めている。
しかも先進国で治験ボランティアを集めると、協力医療機関に支払う金額や、もしもの場合の補償金がさらにコストを上げる。
ということで最近は、インドでの治験実施が注目されている。

巨大医薬企業のファイザーやメルク、バイエルなどがインドで治験を実施しているが、死亡例を公表していないなど、市民監視団体やジャーナリストから告発されている。

インド厚生省の調査では、2007年の治験ボランティアの死亡例は137件だったが、2008年は288件、2009年は637件、そして2010年には668件と増加傾向にあるという。

ドイツ紙 ZEIT Online の11月7日の記事では、バイエルのインドでの治験に疑問を持つ団体の抗議活動が紹介されている。
www.zeit.de/wissen/gesundheit/2011-11/pharmatests-indien/komplettansicht

その抗議団体、Coordination gegen BAYER-Gefahren のHPと、10月25日付け抗議文・質問書は次の通り。
www.cbgnetwork.org/1.html
www.cbgnetwork.org/downloads/Offener_Brief_Pharmaversuche_Indien

続きを読む

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

「Carina sprial arm」は銀河系の「りゅうこつ渦巻腕」であり花びらの「竜骨弁」ではない

翻訳の勉強法はいろいろあるが、既に日本語に翻訳された文章と、原文とを対比しながら読み比べる方法もある。
高校や大学のときに、「対訳本」という副読テキストで勉強した人もいることだろう。
対訳本がなくても、今では通販を利用して外国語書籍も手入しやすくなったので、日本語訳本と並べて学ぶこともできる。

また、書籍ではなくても、外国語ニュース配信サイトの日本語版が増えているので、元記事と比較することも選択肢になるだろう。
ただし、契約しているニュース翻訳者が、翻訳対象分野の専門知識を持っていないためなのか、明らかな誤訳や訳語の選択ミスに出くわすことがある。

今日もAFP日本語版で誤訳を見つけたので、問い合わせフォームを使って修正の要請をした。
これは意地悪をしているのではなく、ブログの引用などで誤訳が広範囲に広まることを早めに阻止したいためだ。
また、私も翻訳をしているため、誤訳をしないように自らを戒める意味でもある。
それに、誤訳などを見つける練習をすることは、チェッカーの仕事につながるので、いつ頼まれてもよいように準備しておく意味もある。

それで、誤訳を見つけた11月8日のAFP記事は、【星の宝石箱、巨大星雲「NGC 3603」】である。
www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2839477/8031065
------------------------------
【米航空宇宙局(NASA)が4日に公開した巨大な星雲NGC 3603の画像。地球から約2万光年離れた天の川銀河(Milky Way Galaxy)の竜骨弁渦巻腕(Carina spiral arm)にあり、幅は17光年に及ぶ。】
------------------------------

ここで Carina spiral arm は、「りゅうこつ渦巻腕」が正しい(「りゅうこつ腕」とすることもある)。

植物学で carina は花びらの一種の「竜骨弁」であるが、この記事は天文学分野だし、しかも大文字で始まる Carina は星座名で、「りゅうこつ座」のことである。
英語版のAFP記事が見つからなかったので、AFPがNASAから引用したと仮定して、以下に引用しておく。
www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_2099.html
------------------------------
【Thousands of sparkling young stars nestled within the giant nebula NGC 3603. … NGC 3603 is a prominent star-forming region in the Carina spiral arm of the Milky Way, about 20,000 light-years away. … The image spans roughly 17 light-years.】
------------------------------

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

野生種の遺伝子を入れたジャガイモは受け入れられるのだろうか

日本では「イモ」という言葉に軽蔑的な語感もあるためか、ジャガイモを主食とは思っていないようだ。
しかし栽培面積でみると、コムギ、トウモロコシ、コメに次いで、世界第4位の主要作物であり、先進国でも大量に生産されている。

アンデス原産のジャガイモが、どのような経緯で全世界に広がり、そして各地の食文化に溶け込んでいったのか、わかりやすく解説した本として、「ジャガイモのきた道 -文明・飢饉・戦争」(山本紀夫著・岩波新書)を推薦したい。

私の両親が淡路島出身だからなのかもしれないが、味噌汁の具として鳴門産ワカメの他、タマネギとジャガイモを使うことも多かった。
自分でもジャガイモ入り味噌汁をよく作るし、カレーにもジャガイモを多めに入れるほどだ。

そんなイモ好きの私でも、ドイツ人のジャガイモ好きには驚いたものの、ドイツ留学中の学生食堂では、メインの肉料理の付け合わせに、様々なジャガイモ料理が出てくるので楽しかった。
平日にジャガイモを食べているのに、イモ好きの私は休日の夕食で、ジャガイモとブロッコリーのグラタンを作ることも多かった。

世界人口が70億人を超えた今、注目されている作物はイモ類である。
18世紀のヨーロッパと同様に、21世紀の人類を飢餓から救うのは、やはりジャガイモを中心としたイモ類ではないかと私は信じている。
そして国際ポテトセンター(CIP)では、野生種との交配などを含めて様々な品種改良を検討し、乾燥や病気に強い品種を生み出そうと努力している。
www.cipotato.org/

ただ、野生種との交配がうまくできないこともあり、例えば疫病抵抗性を導入することに苦労している。
そこでジャガイモ大国ドイツの化学メーカーBASFが、遺伝子組換え技術によって野生種の遺伝子を持つ品種 Fortuna を開発し、栽培許可をEU委員会に申請している。

www.basf.com/group/pressrelease/P-11-488
www.zeit.de/wissen/2011-10/kartoffel-gentechnik-eu


続きを読む

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

NASA発表の「ヒ素で成長する細菌」は「ヒ素存在下で生存できる細菌」に変わった?

NASAの宇宙生物学研究チームは2010年12月2日に、「リンの代わりにヒ素を利用して成長し繁殖する細菌」の発見を報じた。
www.nasa.gov/topics/universe/features/astrobiology_toxic_chemical.html

その新事実を記載した論文は、同日に Science 誌オンライン版で発表された。
www.sciencemag.org/content/332/6034/1163.abstract

主著者の Felisa Wolfe-Simon 博士は現在、アリゾナ州立大学で研究しており、彼女のHPから論文はダウンロードできる。

felisawolfesimon.com/papers/WolfeSimon_etal_Science2010.pdf

この発表直後は、否定的な見解が多数派であり、培養方法や分析法を間違えたという批判もあった。
そういった批判や疑問点への回答が、2011年5月27日のオンライン版に掲載された。
www.sciencemag.org/content/332/6034/1149.10.full
felisawolfesimon.com/papers/WolfeSimon_etal_TR_Science2011.pdf

実験結果に少々疑問点があっても、学術専門誌というものは学会と同様に、学者同士の議論の場を提供することも、存在意義の一つである。
したがって、不思議な結果が見つかった場合には、より多くの科学者の検証を受けるためにも、論文掲載は意味があったはずだ。

続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

和訳記事の「口径6インチの天体望遠鏡」という表現を日本人はすぐに理解できるだろうか

地球に接近する小惑星や彗星(NEO)の捜索・観測は常時行われており、NASAの専用サイトでリストを見ると、ほぼ毎日何かが近くを通過している。
neo.jpl.nasa.gov/ca/

たいていは月よりも遠くを通過しているが、10月28日には 2011 UX225 が、月までの距離の0.4 倍という、天文学的にはかなり近くを通過した。
ただし地球と衝突するリスクがほとんどないためか注目されず、代わりに確実に落下してくる大型人工衛星2機の方が話題となっていた。

今月のNEOの話題としては、直径400mの 2005 YU55 が、11月8日(世界時)に月までの距離の 0.85 倍まで最接近することが取り上げられている(観測は6日から10日まで行われる予定)。
www.nasa.gov/mission_pages/asteroids/overview/yu55.html

これも地球と衝突することはないが、この小惑星が接近する機会を利用して、地上からのレーダー観測や、宇宙望遠鏡での赤外線観測などが計画されている。
最近は小惑星探査機の観測結果の報告も話題になっているが、今回は小惑星が地球に接近してくれるので、新たに探査機を送る必要もない。

ところで、今回取り上げたい話題とはNEOのことではなく、和訳ニュース記事での長さの単位表現についてである。
2005 YU55 に関するAFP記事について、英語版と日本語版から、対応している個所を抜粋しておこう。
www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iATLgINlcjlcrkmKzRyznTLat3hQ (英語)
www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2838864/8027398 (日本語)

【英語:… The circular asteroid, named 2005 YU55, is about 1,300 feet (400 meters) wide and will come closer than the Moon, …

"It will not be visible to the naked eye. You will need a telescope that has a mirror at least six
inches
in size to see it. …

日本語:… 直径約400メートルの大型小惑星が米東部時間8日午後6時28分(日本時間9日午前8時28分)に地球に最接近する。

… 観測には最低でも口径6インチの天体望遠鏡が必要だという。…】

小惑星の直径については、原文のフィート表示を削除して、日本人に理解しやすい400メートルだけを残している。
しかし望遠鏡の口径については、原文のままの「6インチ」だけで、「約15センチ」ということを表記していない。
原文になくても日本人向け記事なのだから、センチメートル表示に書きかえるか、せめて併記すべきだと思う

続きを読む

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

ノルウェー語の記事を読む前にブークモールかニーノシュクの確認をしよう

翻訳の仕事が来ないときは、ノルウェー語の勉強をしようと決めていたものの、基本文法をざっと眺めただけで、ほとんど進んでいない。
主に捕鯨や自然科学関係の記事を読むことが目的だが、英語やドイツ語の報道を先に読んでしまうので、わざわざノルウェー語記事まで読む時間がないと言い訳している。

ここではノルウェー語と書いているが、実はデンマーク語に近いブークモールと、ニーノシュクの2種類が公用語である。
パスポート表紙には、国名はブークモールのNORGEと、ニーノシュクのNOREGが併記されている。

また、ノルウェー政府HPではブークモールとニーノシュクの両方で文書が公開されているのは当然で、少数民族のサーメ語でも書いてある(日本政府もアイヌ語併記をしてほしいものだ)。
www.regjeringen.no/nb.html (右上に言語選択の表示がある)

ブークモールの使用人口の方が多いので、外国人学習者はブークモールを勉強する方が便利だ。
ただ、ニーノシュクも同等に扱われているため、書き手がどちらかを自由に選択できる。
ということで、ノルウェー語の文書を読むときに、ブークモールだろうという先入観は持たない方がよい。

私は先週末、準惑星Eris(エリス)に関する記事を読んでいるとき、ブークモールという前提で読んでいて違和感があった。
記事の途中で、基本単語の綴りから、ニーノシュクだと判断できたはずだが、見落としてしまった。

エリスに関するNRKの記事と、ブークモールで書かれたESO(欧州南天天文台)の記事は次の通り。
www.nrk.no/vitenskap-og-teknologi/1.7851887
www.eso.org/public/norway/news/eso1142/

続きを読む

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR