FC2ブログ

サッカーEURO2012のドイツ対イタリアでのリプレイ映像で意図的な編集があった

今年の6月は、サッカー欧州選手権EURO2012を観戦するため寝不足となり、そして時差ぼけのような変な体調だった。
それでも、私が応援しているドイツが、死のグループBを全勝で首位通過したので、疲れは苦にならなかった。
そしてユーロ危機の発端となり、ドイツに余計な金融支援を出させたギリシャも粉砕したので、この勢いでイタリアも破ると思った。

日本時間6月29日早朝の対イタリア戦は、目覚まし時計をセットしなくても、午前3時には目が覚めて、ライブ中継で観戦した。
ところが、攻撃の起点が封じられ、ディフェンスも対応が遅くて、前半で2失点という最悪の状態に愕然とした。
ただ、過去のワールドカップなどでも、後半で2点差を追いついたことがあるので、選手交代による反撃に期待した。
しかし、イタリアの守備を崩すことは困難で、野獣が突進するような怒涛の攻めにはならなかった。

ところで、このドイツ対イタリアでの得点シーン・リプレイ映像に、無関係の映像が挿入されていたという疑惑が問題となっている。

イタリアの得点後のドイツサポーターを映した場面で、ある女性が涙を流していた。
そしてこの涙の映像は、イタリアの前半2得点目で失望しているドイツサポーターの映像として何度も利用されている。
試合終了後のダイジェスト映像でも、最後に使われているのだ。
(7月1日16時からの録画再放送で確認済み)

しかし、この女性は友人からの連絡で、自分の涙の映像が使われたことに驚き、ドイツの新聞 Süddeutsche Zeitung に真相を話した。
この涙は試合前の国歌斉唱のときに感極まって流れたもので、イタリアの得点とは無関係とのことだ。
この報道を受けて、ライブ映像として放送したドイツのTV局ARDは、UEFAに対して抗議した。
UEFAもこの事実を確認済みで、今後も対応を協議する予定。


ドイツメディアとして、Süddeutsche Zeitung と SPIEGEL Online、そして FOX sports(AP の英語配信記事)を引用しよう。
www.sueddeutsche.de/medien/ard-will-sich-bei-uefa-beschweren-montierte-traenen-1.1397775
www.spiegel.de/kultur/tv/uefa-zeigt-falsche-traenen-nach-balotelli-tor-a-841843.html
msn.foxsports.com/foxsoccer/eurocup/story/uefa-under-fire-for-manipulated-euro-2012-live-broadcast-063012

続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR