FC2ブログ

岸田外相のデンマーク訪問での会談内容で捕鯨を強調する外務省

捕鯨」というキーワードで検索をしてみたところ、岸田外相のデンマーク訪問がヒットした。
www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/dk/page4_000459.html

この外務省の「日・デンマーク・グリーンランド3者会談」を見ると、会談内容の項目として、わざわざ「捕鯨」を独立させて紹介している。
【岸田大臣より,先般の国際司法裁判所の判決を踏まえた捕鯨に関する日本の立場を説明しました。三者は,鯨類を含む海洋生物資源の持続可能な利用を支持する立場から,今後とも緊密に意思疎通を図っていくことで一致しました。】

デンマークは、反捕鯨決議をしているEUのメンバーであるが、国際捕鯨委員会(IWC)での立場は中間派とされている。
先住民生存捕鯨を行うグリーンランドと、イルカ漁を行うフェロー諸島を持つデンマークは、両自治領の独立を阻止するためにも捕鯨を容認する立場である。
両自治領と日本は、反捕鯨団体から執拗な批判を浴びているので、互いに立場を理解しやすいということか。

ただ、外務省がわざわざ書いたのは、「日本の立場を理解してもらう活動をしていますよ」という、日本国内の捕鯨推進派に配慮したアリバイ作りかもしれない。
国際司法裁判所(ICJ)の調査捕鯨に関する判決の後、国際関係の悪化を恐れる外務省は、調査捕鯨の見直し・縮小を考えていたが、捕獲頭数の削減で継続が決まったため、「政府決定を一応尊重していますよ」と示しただけかも。

この会談概要を取り上げた理由の一つは、グリーンランド自治政府に対して失礼なことだと思ったから。
今年12月にハモン・グリーンランド自治政府首相が日本を訪問予定で、この訪問についても話題になっていたのに、一言も言及していないからだ。
自治政府首相の日本訪問よりも、捕鯨の方が大切な話題なのだろうか。

グリーンランド自治政府のプレスリリースでは、「北極での協力関係、IWCの現状、2014年12月の日本訪問」が中心の話題だったとなっているのに。

naalakkersuisut.gl/da/Naalakkersuisut/Pressemeddelelser/2014/04/aleqa-japansk-udenrigs
【Mødet havde særligt fokus på samarbejdet i Arktis, den aktuelle situation i IWC og formandens kommende besøg i Japan i december 2014.】

続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

アイスランドから日本に向かう冷凍鯨肉運搬船はカナリア諸島沖を航行中: 4/12は南アフリカ沖

(最終チェック・修正日 2014年05月05日)

商業捕鯨をしているアイスランドでは、ミンククジラ肉は主に国内で消費しているが、ナガスクジラ肉は冷凍して日本へ輸出している。
しかし昨年は、反捕鯨国のオランダとドイツの港でトラブルとなり、アイスランドに戻ることになった。

ということで今年は、カナダを経由して日本に輸出するというルートが開拓された。
カナダ東海岸で一度陸揚げして、鉄道で西海岸に運び、そして再び船に積んで日本に向かうものだ。

この新たなカナダルートが継続するのかと思っていたら、残りの在庫約2,000トンを一度に直接日本に運んでいるようだ。
3月20日に動物保護団体のIFAWが報告している。
www.ifaw.org/united-states/news/iceland%E2%80%99s-lone-whaling-crusader-attempts-ship-around

レイキャビクで冷凍鯨肉を積み込んだと言われている、キプロス船籍 Alma 号の現在位置を検索したところ、世界時3月27日21時には、カナリア諸島の西を航行中であった。
www.marinetraffic.com/en/ais/details/ships/9140968/vessel:ALMA

パナマ運河を通らないとすると、アフリカ南端を通って東進し、マレーシアなどを経由して日本に向かうと思われる。
--------------------
追記(4月12日):4月12日の位置を確認したところ、南アフリカ・イーストロンドン沖を東進しており、目的地が「東京」と表示されるようになっていた。
---------------------

続きを読む

テーマ : 動物・植物 - 生き物のニュース
ジャンル : ニュース

連続休暇中盤は風景印収集

メーデーなどの会社指定休日に加えて、有給休暇を取得して、今回の連続休暇は4月26日から5月6日までの11連休である。
特別な計画は立てていなかったが、JRのフリーきっぷを利用して、風景印収集をしようとは考えていた。

5月1日は「東京フリーきっぷ」を使って、豊島区と台東区を中心に23局で押印した。
浅草近辺の郵便局を巡るには、気温が上がって徒歩ではきつかったので、都営バスが利用できて便利だった。
この日の最後は、都営バスで荒川区役所前まで移動して荒川局で押印し、都電→舎人ライナー→JRと乗り継いで帰宅した。

翌2日は「休日おでかけパス」を使って、奥多摩・青梅を中心に、移動経路の中央線・青梅線沿いにある郵便局も含めて17局で押印した。

ここでは切手と合わせた青梅市内の2局、御岳局と青梅勝沼局を紹介しよう。

風景印0038
      
御岳      風景印0037
東京御岳局・68回国体(御岳渓谷・カヌー) 御岳橋から見た多摩川(カヌー練習中) 青梅勝沼局・SLシリーズ3種


続きを読む

テーマ : 郵便局
ジャンル : 趣味・実用

調査捕鯨に対するICJ判決を誤解したまま「食文化を守れ」などと騒ぐのはやめよう

3月31日に国際司法裁判所(ICJ)が、日本の南極海調査捕鯨に関して判決を出した。
この判決では、「調査捕鯨が科学研究ならば計画通りに必要頭数を捕獲せよ」と言っている。
「同じ計画のままで調査捕鯨を継続してはならない」とも言っているが、調査捕鯨の権利は認めており、決して捕鯨を禁止したわけではなく、食文化を否定したわけでもない。

しかし報道も含めて、「日本の伝統である捕鯨と食文化の危機だ」などと、誤解して騒いでいる人たちが多いようだ。
「まともな科学的成果をあげる調査捕鯨とは何か」という問題提起をするのではなく、感情に訴える戦略をとるために、論点を意図的にずらしているようにしか見えない。

文化を持ち出して、論点がずれている例として、4月2日付の長崎新聞社説を引用しよう。
www.nagasaki-np.co.jp/news/mizusora/2014/04/02094555013044.shtml
【…国際司法裁判所(ICJ)が、日本の南極海での調査捕鯨は「科学目的とは認められず違法」として停止を命令した…▲「調査を隠れみのにした商業目的の捕鯨」となじるに等しい内容で、日本にとっては心外な判決だ。鯨肉供給量が減るよりも、国際社会の日本へのこの誤解が悲しい▲政府は判決に従う方針だ。やむを得まい。ただ、誤解を解く努力は必要だ。日本人の食文化には奥深い精神性があることを、命あるものを食すときには「いただきます」と手を合わせる文化を持つ国民だということを知ってもらう努力である。】

このように誤解して、「食文化を守れ」などと騒いでいるのは、著名人にも見られるようだ。
この事例として、シンガーソングライターのさだまさしのコラム(4月17日付中日新聞、4月20日付東京新聞)が注目されている。

日本が実施している調査捕鯨について、「科学研究ではなく疑似商業捕鯨だ」という批判が長く続いていた。オーストラリア政府が国際司法裁判所(ICJ)に提訴し、「南極海調査捕鯨は非科学的で条約違反」という判決が3月31日に下された。英語で発表された判決のプレスリリースは以下の通り。www.icj-cij.org/docket/files/148/18162.pdf【…(7) decides, by twelve votes to four, that Japan shall revoke any
南極海調査捕鯨は科学ではないが食文化が否定されたわけではない


続きを読む

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR