FC2ブログ

新au携帯SH007で太陽電池充電を試してみた

10年以上使用したNTTドコモから、NMPを利用してauに切り替えた。
自宅のインターネット環境を、auひかり回線にしたので、ついでに携帯電話もauに揃えることにした。
まとめて請求で月105円の割引となるが、それよりも、
じぶん銀行に口座を開設したので、auの方が使いやすい。

ドコモは iモード開始時には利用価値はあったが、NTTとその関連会社には官僚的印象もあったことや、
ドイツ留学中はKDDIの国際電話を利用したこともあり、消去法ではあるが、auにまとめることに決めた。

ただ、アンドロイド端末のIS01が販売一時停止になったので、太陽電池付きのSH007だけを購入した。
www.sharp.co.jp/products/sh007/

発電効率が高く、発電量がアップ(SH002比較)した新ソーラーパネルを採用。ソーラーパネルを太陽に向けると、自動的にソーラー充電が始まり、10分の充電で2分程度の通話、または3時間程度の待受が可能です。電源OFFの状態でも充電可能なので、ソーラー充電ができる環境であれば、外出先などで電池残量が少なくなったときでも安心です。

NMP利用キャンペーンということで、本体価格はなんと0円である。
ただ、ドコモの解約手数料と、auでの手数料が翌月請求となるので、得をしたという気分は一時的なものだ。
それでも、給料日前に、ACアダプター代の出費だけで済んだので楽だった。
今月は翻訳料金が入るし、来月は骨折治療の保険金も入るので、IS01の購入費も賄える。

帰宅後はメールアドレスの設定の他、銀行・証券会社のアプリをダウンロードして、自動ログインの設定も行った。
IS01が再発売されるまでは、SH007で日経電子版を読むことにしよう。
後は、2台持ちにしてから、翻訳や出張時にどのくらい便利になるのかどうかまだわからないが、期待しよう。

SH007の太陽電池は性能が向上したというので、本日の日中に検証してみた。
太陽光でのみ発電できるので、電卓などに付いているような室内光でも発電するような電池ではない。

太陽電池での充電可能範囲である充電率70%の時点から開始した。
朝9時頃の太陽光では、発電は開始したものの、表示は 「弱」 であった。
11時頃に 「中」 まで上昇したものの、「最適充電中」 は達成できないまま、充電率80%となり、発電は停止した。
次に試すときは、もう少し角度を調整してみて、「最適充電中」 を表示させてみたいものだ。

ただしこの太陽電池発電は、本来は緊急避難的な機能なので、これで毎日充電しようとは思わない方がいい。
太陽光に直接当て続けるわけだから、携帯端末本体の温度が40℃を超えるはずで、電子機器に対しては危険なことだ。

後は、10月下旬の学会出張までに、IS01が再発売されることを祈りたい。

追記(9月25日):
11時半頃から晴れてきたので、再び太陽光充電を行った。
すると今日は向きが合ったためか、「最適充電中」 の表示が長く続き、充電率80%になった。
ただ、携帯電話本体がやや熱くなったので、真夏はやめた方がよさそうだ。

また、本日25日からIS01の販売が再開された
KDDIのプレスリリースは次の通り(9月22日)。
www.kddi.com/corporate/news_release/2010/0922/index.html

今は27日納期の翻訳で忙しいので、本当はすぐに使いたいが、auショップには行っていない。
30日に翻訳料金が約9万円入るので、10月の出張までに購入しておこう。

(最終チェック・修正日 2010年09月25日)


テーマ : au
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR