FC2ブログ

今年の翻訳料金は7件受注で約65万円に到達(目標100万円まであと35万円)

派遣社員だったときに、収入増を期待して始めた副業翻訳だが、年間100万円を超えたことは一度もない。

数社に登録しているものの、休日中心の副業では作業量が限られ、期待通りに仕事量は増えないものである。
2007年は23件も受注したのに、200ワード前後の短いものや、ワード単価が7円という案件が多かったので、受注件数の割には、料金合計は約68万円だった。

昨年は8件と、受注件数は少ないものの、合計金額は約78万円で、過去最高となった。
年度末の2月と3月に、独立行政法人の予算消化目的の案件2件で、約30万円というのが大きかった。
また、ドイツ連邦軍に関する書籍の和訳で、約22万円というのも寄与した。
これらはワード数は多かったものの、納期に余裕があったため、副業翻訳の私でも対応できた。

ただ、先月発売の 「通訳翻訳ジャーナル」 に、「土日に○時間だけという細かい制限をつける人には、専門知識があっても頼みにくい」 という、ある翻訳会社側の本音が書いてあった。
確かに、土日をまたがずに、平日4日で50ページを訳すなど、私には無理な案件だ。

それでも今週納品した翻訳で7件となり、今年の料金合計は約65万円で、100万円にまた一歩近づいた。
源泉徴収10%なので、手取りが100万円にはならないが、ボーナスが1回増えたことに相当すると考えよう。
まあ、地道に続けて、定年後も翻訳ができれば、公的年金が少なくても、飢え死にすることはないだろう。

納期が厳しければ有給休暇を取得することもできると翻訳会社には伝えてあるし、年末年始や連休のときならば、少し長めの案件も受けられるが、そんなにうまい具合に依頼は来ないものだ。
それで短い案件の他は、納期がのんびりした外資系メーカーとの直接取引が中心である。

何年か前、英文和訳でワード単価7円という最低価格を経験したが、これは政府機関の競争入札のため安くなったものだ。
入札金額が予定価格を下回ったため、対応する能力がある会社かどうか、その政府機関が調査に入ったくらいの低価格だった。

昨年新規に契約した外資系メーカーは翻訳会社を通さない直接取引であり、翻訳会社の手数料分がないので、ワード単価は約2倍となり、収入増に寄与している。
ということで、あと3か月で2件から3件受注できれば、目標の100万円になるかもしれない。
この収入で貯蓄・投資の他、奨学金の返済と、専門書の購入費に充てようと思う。

しかし夏休みが使えた先月は、右手首骨折のため、この外資系メーカーからの20万円の案件をキャンセルした。
それが受注できていれば、既に85万円だったはずで、これは非常にもったいない。

副業で翻訳するには、時間管理や体調管理と共に、交通事故に遭わないという運も必要なのだろうか。
私は本業を持っているので、翻訳が受注できなくても生活できるが、独立フリーランスの人は苦労していることだろう。

テーマ : 通訳翻訳のお仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR