FC2ブログ

香川真司を欠いても日本は優勝し、ドルトムントも勝って首位独走

サッカー日本代表の香川真司が骨折してチームを離脱したことは、日本のファンだけでなく、ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントのファンにとっても大ショックであった。

ただ、怪我で早期離脱した松井など複数の選手、そして香川のためにと日本選手全員が団結し、オーストラリアに勝利して優勝したことは、理屈抜きにうれしいものだ。
試合後の表彰式前に、星が4つついたユニフォームに着替えたということからも、最初から本気で優勝を狙っていたことがわかる。

時事通信の配信記事は次の通り。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&rel=j7&k=2011013000002

【サッカーのアジア・カップ最終日は29日、当地で決勝が行われ、日本は延長戦の末1-0でオーストラリアを破り、2大会ぶり単独最多となる4度目の優勝を遂げた。…

日本は豪州の高さに素早いパス回しとサイドからの攻撃で対抗。互いに譲らず延長戦に突入し、その後半4分、長友(チェゼーナ)のクロスに途中出場の李(広島)が合わせ、決勝点を挙げた。

日本は、ザッケローニ監督就任後、初のタイトル。2013年にブラジルで行われるコンフェデレーションズカップの出場権を獲得した。…

アジア王者としてコンフェデレーションズカップの出場権を得たことは、コパアメリカに招待されたことと共に、次回のワールドカップに向けた強化スケジュールの充実につながるため、さらなる飛躍が期待できる。


また、香川が抜けたドルトムントも、同じ日にヴォルフスブルクに3対0で快勝し、1位の座をさらに安泰にした。
www.ruhrnachrichten.de/sport/bvb/bvbnews/art11635,1171240

Borussia Dortmund hat wenige Tage nach dem Mittelfußbruch von Regisseur Shinji Kagawa mit einer eindrucksvoll abgeklärten Vorstellung auf mediale Ankündigungen einer Leistungsdelle reagiert. Am Samstag gewann der Tabellenführer beim VfL Wolfsburg mit 3:0 (2:0).

監督や選手、そしてスタッフも含めてチームというものは本来、体調不良や試合中の怪我など、不測の事態も想定して準備しているはずなので、主力選手を欠くことになっても動揺せず、すぐに次に何をすべきかを考えるべきだ。

私もバレーボールの選手時代、そしてコーチとして指導していたときも、試合中の突然の怪我に、臨機応変に対処する場面があった。
選手の場合は必死にプレーするわけだが、コーチの場合は交代選手を選ぶだけではなく、フォーメーションの変更まで瞬時に考えなければならない。
ある試合では、一人しかいないセッターが怪我で動けなくなったため、一番センスのよい選手を急造セッターに指名して試合を続行することになったこともある。

そうは言っても、ブンデスリーガ中盤の大事な時期にアジアカップが開催され、1月は香川なしで3試合を戦うことになったため、ドルトムントのゼネラル・マネージャーは不満で、加えて大切な香川が骨折で今季絶望とのことで、FIFAに対しても怒りをぶつけているそうだ。

他にも怪我をしている選手がいるので、2位との勝ち点差が11もあるのに、マネージャーとしては心配なのだろう。
ただし、香川を約4千万円という格安で獲得したのだから、前半戦だけでその金額分は活躍したと思ってほしいものだ。

香川のプレーがしばらく見られないのは残念だが、来季のブンデスリーガだけではなく、チャンピオンズリーグでも活躍することを期待しよう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR