fc2ブログ

班目春樹・原子力安全委員会委員長の座右の銘は「迷ったときはやってみる」

東京電力・福島第一原発1号機では、地震翌朝には既に炉心溶融(メルトダウン)が起きていたと言われている。
そして水素爆発が起きた3月12日に、冷却のために海水を注入するかどうかで、現場と首相官邸で連絡不足があったようだ。

各メディアや野党は、菅首相の判断ミスだと大騒ぎをしているが、助言をしたのは班目春樹・原子力安全委員会委員長だ。
確かに首相には最終決定権があり、責任を取る覚悟を持つべきだが、助言をした専門家が班目委員長とは、当初の心配が的中した。

班目委員長の助言に基づいていることを報じている、時事通信の配信記事を引用しておこう。
www.jiji.com/jc/c
【東京電力福島第1原発事故をめぐり、発生直後の3月12日に東電が1号機で開始した海水注入に対し、政府が「再臨界の可能性がある」として一時停止を指示し、1時間程度海水の注入が中断していたことが20日、分かった。…

1号機では、3月12日午後3時半すぎ、水素爆発が発生。東電の公開資料によると、東電は同日午後7時4分から海水注入を開始した。一方、首相官邸での対応協議の席上、原子力安全委員会の班目春樹委員長が再臨界が起きる可能性を菅直人首相に進言。これを受けて首相が中断を指示し、午後7時25分に海水注入を停止した。

その後、問題がないと分かったため、午後8時20分に海水とホウ酸の注入を開始したが、55分の間、冷却がストップした。…】

その後の情報では、東電側が注水作業を独自判断で止めたことになっている。

www.jiji.com/jc/c
【東日本大震災の翌日、福島第1原発1号機への海水注入が再臨界を懸念した菅直人首相の指示で約1時間中断したと報じられたことについて、細野豪志首相補佐官は21日の政府・東京電力統合対策室の記者会見で、関係者への聞き取り調査の結果、首相の指示ではなかったと説明した。

同原発では真水注入ができなくなった後、吉田昌郎所長の判断で3月12日午後7時4分に海水の試験注入が始まった。しかし、このことが当時、官邸に伝わっておらず、東電の本社担当者が再臨界を懸念する官邸の議論を同原発に伝え、試験注入が約20分で中断したという。…】

情報が全く整理されずに混乱しているが、班目委員長は当日、一体何を助言したのだろうか。

原子力安全委員会では、地震発生以降に行った助言活動について、時系列ての一覧表を公開している。
しかしここでは、住民の避難や被ばくについての情報発信ばかりで、原発の冷却についての助言は何も出ていない。
www.nsc.go.jp/ad/advice.html

また、首相や政府関係者などへの助言についての説明もあったが、実際の助言について具体的内容は記者会見で話しているようだ。
www.nsc.go.jp/info/20110425.html

その記者会見も1か月近く開かず、「黒子に徹していた」 そうだから、最終判断は菅首相であって、委員長の責任は軽くなるとでも言いたいようだ。

班目春樹・東大教授とは、どういった人物なのか、教員紹介をもう一度読んでみよう。
www.t.u-tokyo.ac.jp/faculty/t_meibo/84824218.html

今の夢」 は、【社会制度の不備が作り出している様々な歪を直すことに少しでもいいから貢献したいと思っています。】

ということは、原発の耐震基準見直しだけではなく、金の力で推進するような原子力政策自体を正す覚悟があるわけだ。

次の 「座右の銘」 は、【挑戦すること。生来は慎重すぎる性格だと自己分析しています。そこで「迷ったときはやってみる」ことを自分に課しています。】

実際に今回の事故後、ベントするかどうか、海水注入するかどうか、「迷ったときはやってみる」 の精神で助言したのだろうか。
それに学生にも、「どんどん挑戦すること」 を勧めているのだから、「あれもやろう、これもやろう、暫定基準はこうしよう」 などと、なんでもかんでも菅首相に進言したのだろうか。

この座右の銘が逆効果となり、首相官邸内が混乱し、多数の参与を任命することになったのかもしれない。

とにかく班目委員長は、このような緊急事態対応には不適切なので、まともな危機対応ができる人に代わってほしい。

追記(5月22日):
班目委員長が 「再臨界がありうる」 と本当に言ったのかどうか、それに加えて、海水注入を中断したのは誰の判断なのか、その事実確認について、報道も混乱している。

例えば朝日新聞5月22日の記事では、東電側の判断で注水を止め、班目委員長が再臨界があると言ったそうだ。

【…東電は午後3時36分に1号機の建屋が水素爆発した後、原子炉を冷やすため、発電所長の判断で午後7時4分、海水の試験注入を開始。ところが当時、官邸にいた武黒一郎・東電フェローから午後7時前後、保安院などの検討について電話連絡を受け、東電は同25分、注入をいったん止めた。武黒フェローが電話連絡をしたのは、だれかの指示を受けたものではなく、自主的判断という。

菅直人首相が午後6時からの20分間に、経済産業省原子力安全・保安院などに海水注入の安全性検討を指示していた。班目春樹・原子力安全委員長に核分裂が連鎖的に起きる再臨界が起こる可能性を尋ね、「あると聞いたためという。…】

しかし、同じ朝日新聞で約3時間後に配信された記事では、班目委員長は何も言っていないとのことだ。
www.asahi.com/politics/update/0522/TKY201105210693.html

【班目春樹・原子力安全委員長は21日夜、朝日新聞の取材に対し、政府・東電統合対策室の会見について「再臨界の危険性があるなどと私は言っていない。侮辱と思っている」と反論した。

会見で配布された海水注入をめぐる事実関係の発表文には、「原子力安全委員長から、『再臨界の危険性がある』との意見が出された」などと記されていたが、班目委員長は「発表文は東電と官邸と保安院が作ったもの。原子力安全委員会として抗議する」と話した。

会見には安全委事務局の加藤重治内閣府審議官も同席していたが、班目委員長の発言は否定していなかった。】

共同通信の取材記事では、班目委員長の怒りについて、より詳細に書いている。
www.47news.jp/CN/201105/CN2011052201000200.html

【福島第1原発1号機で始めた海水注入が一時中断した問題で、注入によって再臨界の危険性があることを指摘したとされた原子力安全委員会の班目春樹委員長は22日、共同通信の取材に対し「専門家としてそんな指摘をするわけがない」と全面否定した。

政府・東京電力統合対策室は21日の記者会見で、海水注入による冷却に関し「原子力安全委員長から、『再臨界の危険性がある』との意見が出された」との経緯を記した文書を発表した。これについて班目氏は「原子力の“げ”の字も知らない素人だと侮辱されたようなもので、怒り心頭だ」と述べた。
…】

「迷ったときはやってみる」 とのことだから、班目委員長は、「とにかく海水注入をやってみよう」 とでも言ったのだろうか。

ただ班目委員長は、原子力工学の基礎知識は持っていても、原発プラント設計理論や事故対策については素人同然ではないかと思う。
議事録が公開されていないので不明だが、一体、専門委員の誰が発言したのだろうか。

(最終チェック・修正日 2011年05月22日)

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR