メールでの誤変換事例:「締切を2、3日二場してくれませんか」

文章を書くときには、手書きであっても、ワープロソフトなどを使っていても、いつも誤字・脱字の問題が生じる。
ワープロの変換ミスの話はよく聞くが、手書きでも字を書き間違えることはよくある。

それに、文章の構成があまりに個性的なため、一体何を言いたいのか理解できないこともある。
何年か前に、留学希望者の手紙の翻訳依頼があったが、内容が理解できずに翻訳不能でキャンセルしてもらったことがある。
また、独立行政法人のプレゼン資料や、○○原発立地予定地の環境アセスメント報告書などでは、回りくどい言い方が多いため、その官製日本語とも言うべき言葉を、一度通常の日本語に変換しなければならない。

私の本業は有機合成研究であるが、臨時的な業務の一つとして、社内報の編集を手伝うことがある。
手伝うというと簡単なようだが、実は他人の代理で原稿を2回書いたことが一番の貢献である。
コラムを依頼した社員が、1か月も余裕があったのに、締切日直前に書けないと言い出したので、私が代筆したのだ。
今後も同様の事態が考えられるため、いつでも代筆できるように、このブログのようにネタを常に集めている。

コラムでは、自分が好きな話題について書くので、それほど辛くはないが、他人の文章のチェックは苦労する。
単なる誤字・脱字ならば、本人に連絡して確認するだけでいいが、文章が意味不明の場合は、本人のプライドを傷つけないように配慮しながら問い合わせメールを書かねばならない。


少々脱線したので、メールでの変換ミスの話題に戻そう。

原稿のチェックが終了したので、本人に最終確認の依頼メールを送ったところ、変換ミスを含む返事が来た。
「…締切を2、3日二場してくれませんか」と、締切日について何かしてほしいという依頼のようであった。

二場」という部分について、本人に問い合わせてもよかったが、何と書きたかったのか推測することにした。
いろいろと考えているうち、たいていの人がローマ字入力をしていることに気付いた。
私は、直接かな入力をしているので、入力方法について検討することを忘れていた。

そこで、「二場」を「にば」と読むことにして、これをローマ字にすると、「NIBA」となる。
次にN・I・B・Aの周辺のキー配列を見て、タイプミスの可能性を考えた。
すると、Iの隣はOなので、「NIBA」ではなく、「NOBA」とすれば、意味のある文になることに気付いた。

つまり、「…締切を2、3日延ばしてくれませんか」という、延期の依頼メールだったというわけだ。

変換ミスに慣れている人ならば、このくらいならすぐに判断できたかもしれないが、私は重要な合成実験の合間にメールを読んでいるので、それほど集中して考えることはできない。
試薬を加えて1時間待つなど、ちょうど手が空いた時に、先ほどのようにキー配列を見てタイプミスの可能性を探ったりする。

そう言えば、TV会議システムの説明会資料に、「設定の詳細は、使用のパソコンの取扱説明書をご覧ください」とあった。

部署内だけで使う文書ならば、「後で修正版をフォルダに入れておきます」と言えば済むが、社外向け資料での誤字は恥ずかしい。
私は一般社員だが、社外向け資料の執筆を依頼されることもあるので、細心の注意を払って推敲することにしよう。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR