不本意ながらKDDI/auの支払いをVISAデビットから口座振替に変更した

私の雇用契約は1年更新の契約社員で、親会社からの出向正社員と比較すると、給料は8割程度しかない。
しかもボーナスは、私は年間で基本給4か月分固定に対して、出向正社員は6か月分×業績連動係数と、さらに差が出る。
年間200万円くらいの給与格差があることに加えて、退職金はゼロという格差もある。

ということで、将来に備えた投資に加えて、いろいろと節約を試みるわけだが、一番節約すべきなのは食費だろう。
私は大食漢というわけではないが、RF1のサラダなどの価格帯の高い商品を購入してしまうため、いつも予算オーバーである。
スーパーの特売日を把握し、賞味期限直前の割引食品を購入しているが、RF1のサラダは月2回程度にすべきかもしれない。

金融関係での節約では、ノーロード投資信託を利用する他、インターネット支店やネット専用銀行が考えられる。
例えば大和ネクスト銀行では、自分名義の他行口座への振込手数料は原則無料で、他人名義の口座でも月3回までは無料で振込できる。
www.bank-daiwa.co.jp/service/transfer/

給与振込口座からオンライン取引で大和証券に資金移動した後、大和ネクスト銀行に振替処理し、そして自分名義の口座に振込すれば、ATM入出金のために現金を持ち歩くリスクはなくなる。

また、私の携帯電話はauで、インターネットはauひかりなので、料金を「KDDIまとめて請求」にすると100円割引となる。
cs.kddi.com/support/seikyu/matomeru/matomete/index.html

請求内容をオンラインで確認する「Web de 請求書」にすると、さらに割引があり、auケータイ2回線とauひかりの3契約分で60円割引。
cs.kddi.com/support/seikyu/web_seikyu/service/index.html

そして、料金の支払い方法を口座振替またはクレジットカード(またはVISAデビットカード)にすると、100円割引が追加される。
cs.kddi.com/support/seikyu/matomeru/matomete/tokucho.html#n03

月に260円(税込273円)の節約はわずかだが、朝食用のパンに換算すると約3日分なので、食費の節約につながったと考えよう。

その「KDDIまとめて請求」だが、9月の支払い分(8月利用分)までは、スルガ銀行VISAデビットカードを利用していた。
VISAデビットカードはクレジットカード1回払いとして扱われるが、加盟店からカード会社にデータが届くと、すぐに普通預金口座から引き落としされる。
VISAデビットカードは使い過ぎの心配がなく、さらに年間利用総額の0.2%がキャッシュバックされるという特典がある。

しかし、9月下旬にKDDIとスルガ銀行の双方から届いた通知をきっかけに、不本意ながら銀行口座振替での支払いに変更することにした。

KDDIから9月16日付け、スルガ銀行から9月吉日となっている通知は、VISAデビットカード利用時の引き落とし日変更に関するものである。
以下に記載内容を抜粋して紹介する。

KDDI
「…カード取引の国際ルールに準拠する為、2011年10月以降は、毎月ご請求金額が確定した時点でカード会社へ売上承認の確認を行うことになりました。…

VISAデビットカードをご利用のお客様は、口座引き落とし日が変更となります
<2011年9月引き落とし分まで> 毎月16日頃
<2011年10月引き落とし分から> 毎月8日頃 ※引き落とし日は月により前後する場合があります。」

スルガ銀行
「…KDDI様ご提供のサービス…「まとめて請求」の毎月のご利用代金の口座引落日が2011年10月より変更となります。…

(1) 口座引落日の変更
2011年10月より口座引落日が変更になり、今までよりも1週間~10日程度早くなります
口座引落日に関しては、お客様のご利用内容により異なりますので、加盟店からのお知らせをご確認ください。」

「まとめて請求」の場合、毎月8~12日に前月利用料金の請求書が確定し、13~15日にオンラインで請求内容が確認できる。
さらにメール通知を設定しておくと、15日頃に請求金額が記載されたメールがauケータイに届く。

しかし、今回の変更では、請求金額確定直後にスルガ銀行にデータが送られるため、私が請求内容を確認する前に口座引き落としが実行されてしまうのだ。
VISAデビットカードの利用があると、約1分後に利用確認メールが届くように設定しているが、金額と加盟店情報はない。
スルガ銀行のインターネットバンキングにログインして、入出金明細で金額を確認する必要がある。

基本料金や電話料金の利用状況は事前にわかるので、請求金額の概算はできるものの、正確な金額ではない。
これまでの実績から、残高が2万円あれば大丈夫だし、定期預金があれば総合口座の貸越機能で対応できるが、金額が知らされないまま引き落とされるのは納得できない。

ということで、auサポートセンターに電話をして、銀行口座振替への切替について質問した。
口座振替依頼書での申し込みが必要で、手続きには1か月以上はかかるため、10月末日の引き落としには間に合わない可能性があると告げられた。
変更手続きが間に合わない場合、代わりに振込用紙で支払うため、口座振替割引100円が適用されなくなる。

そこで私から、「auショップで手続きできないのか」と質問したところ、何分か待たされた後で、「銀行キャッシュカードを使って、すぐに手続きが完了します」との返事だった。
cs119.kddi.com/faq/1032/app/servlet/qadoc
cs.kddi.com/support/tetsuzuki/au/kakunin/kouza.html

その日のうちに、乗り換え駅近くのauショップに行き、まずはスルガ銀行のキャッシュカードをカードリーダーに通したが、取り扱い不能と表示されてしまった。
三菱東京UFJ銀行三井住友銀行もだめだった。
店員専用のコールセンターに確認したところ、どの銀行も取り扱い可能のはずだと回答があった。
そのため、カードリーダーの不具合ではないかと考えて、席を移動して別のカードリーダーを使ったがだめだった。
マイレージクラブとのジョイントカードや、ICカードといった他機能付きキャッシュカードは無効ではないかと思われた。

そこで、auの料金なのだから、KDDIが50%出資しているじぶん銀行ならば通ると思ったが、なぜかこれもだめだった。
帰宅してから調べてみると、口座振替の登録はできるが、「まとめて請求」の契約では書面での手続きのみとなるという。
faq.jibunbank.co.jp/EokpControl
www.jibunbank.co.jp/pc/guidance/service/account_transfer/#yokin

ということで、磁気テープのみの一番単純なキャッシュカードを探すと、東邦銀行インターネット支店のカードがあった。
翌日に再びauショップを訪れて、カードリーダーを通して暗証番号を入力すると、ほんの2分ほどで口座振替設定が完了した。
(追記(10月9日):カードリーダーでの登録では、銀行側からKDDIに登録完了の通知はしないという説明があった。
そのため私は、東邦銀行に電話で問い合わせて、9月30日に登録完了を確認することになった。
KDDIでは、登録完了かどうかに関わらず、10月31日に引き落とし依頼のデータを銀行に送るだけだという。)

スルガ銀行や三菱東京UFJ銀行などのカードが使えない理由をKDDIに問い合わせたところ、私の予想通り、ICカードや身体認証機能、マイレージクラブなどとのジョイントカードは対象外とのことだった。
しかもコールセンター用のマニュアルには、利用可能なキャッシュカードの種類について、一切明記していなかったそうだ。

また、じぶん銀行の口座振替設定は、auケータイ料金だけならばEZWeb上で簡単に申し込みできるが、「まとめて請求」は書面での手続きだけということで不公平である。
この点について、じぶん銀行に対して改善要求を出した。


ところで、VISAデビットカードの話に戻ると、実は今年1月から取り扱い規定が一部変更されていたが、事前の通知は何もなかった
海外での携帯電話利用などで請求金額が高額になるなど、KDDIが設定した条件に達した場合には、請求金額確定時点でカード会社へ売上承認データを送ることになっていた。
私はたまたま、毎月2万円未満の請求額だったので、引落日が16~20日のままで変わらず、気づかなかったわけだ。
cs.kddi.com/support/tetsuzuki/phone/kakunin/credit_card.html

【VISAデビットカードでご利用のお客様へ

2011年1月からKDDIではご請求内容によりご請求金額の承認依頼をカード会社へ行うことがございます
VISAデビットカードで電話料金のお支払いをされている場合、この承認依頼の時点でお客様の口座よりお引落されます。

なお、承認依頼時期はお客様によって以下のとおり異なります。
請求書が毎月上旬から中旬に届くお客様(WEB de 請求書の場合、6日頃請求がご確認いただける方)
⇒毎月2日頃承認依頼を行います。
請求書が毎月中旬過ぎに届くお客様(WEB de 請求書の場合、13日頃請求がご確認いただける方)
⇒毎月8日頃承認依頼
を行います。
請求書が毎月下旬に届くお客様(WEB de 請求書の場合、22日頃請求がご確認いただける方)
⇒毎月18日頃承認依頼を行います。】

この1月の時点では、ごく一部の加入者のみ対象となるということで、書面での通知ではなくHPに掲載するだけにしたそうだ。
(追記(10月9日):再度確認を求めたところ、auケータイのみの契約者にはメールで連絡したが、まとめて請求かつ Web de 請求書の契約者には、1月の請求書ダウンロード画面の上部に注意事項を書いておいたそうだ。
しかし、合計金額とダウンロードが目的でアクセスしたページに、ついでに重要な連絡事項を書いても目立たずに私は気付かなかった。
ログイン直後の画面に、契約者への重要な連絡が表示されるようにすべきであると要請した。)

ただし今回10月の変更では、VISAデビットカードの利用者全員が関係するため、通知を郵送したという。
こういった重要な変更を通知せず、どこかのページのずっと下の方に目立たぬように記載することは、非常に不愉快である。
この件についても、KDDIに対して改善を要求した。

どこの会社にも顧客の気持ちを優先せず、自分の考え方中心で制度設計してしまう人がいるので、私のような「うるさい消費者」が指摘しないと、何も改善されないだろう。

(最終チェック・修正日 2011年10月09日)


テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公共料金口座振替で電話料金とはNTTだけを指すのか

私が子どもの頃、給料日には、父が現金の入った袋を母に渡していたものだ。 しかし今では、給与は銀行振込が常識となり、総務部での現金管理におけるリスク回避が実現している。 現金を手にすることがない...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR