auひかりTVで全国規模の障害発生

本日10月30日の午後、auひかりTVでザ・シネマを視聴していた。
すると午後3時半少し前に、突然画像が消失し、「放送受信停止」のエラーメッセージ画面となった。

以前にも瞬間的な回線障害と思われる同様の事象があり、その時はSTBを再起動させるとTV映像が復活した。
今回も同様の処置をしたが、何も映らないため、電話で障害情報の確認をした。

15分くらいかかってやっとオペレーターにつながったが、全国的にIPTVサービスがダウンしており、原因不明とのことだった。

しばらくして、au one net のHPに障害情報が掲載されたが、午後11時半現在、内容は更新されていない。
www.auone-net.jp/service-info/support.html

【auひかりTVサービス接続障害(全エリア)  掲載日:2011年10月30日
日時    10月30日 15:26頃~
対象    auひかりTVサービスをご利用の一部のお客様
内容    ただいま、障害によりTVサービスの全てのチャンネルがご利用いただけない状態となっています。
対象地域 全エリア

代わりに、KDDIのHPでは21時更新の情報が提供されているが、17時発表分と同じ内容で、原因不明ということに変わりはない。
21時更新分には、問い合わせ先が追加されたに過ぎない。
www.kddi.com/news/important/important_20111030173247.html
www.kddi.com/news/important/important_20111030210604.html

【auひかりTVサービスがご視聴できない状況について(10月30日 21時00分現在)

以下の通り、当社の放送サービスがご利用できない状況が発生しております。
お客さまには多大なご迷惑をおかけしております事を深くお詫び申し上げます。

1.対象サービス auひかりTVサービス
2.影響エリア 全国
3.日時 2011年10月30日(日)15時26分から継続中
4.原因 調査中
5.影響 全国におけるauひかりTVサービスにおいて、ご視聴ができない状況となっております。
 ※auひかりネットサービス、電話サービスのご利用には問題ございません。
…】

ここで気になるのは、au one net で、「一部のお客様」という限定的な障害だと誤解を招く表現をしていることだ。
KDDIでは、「全国におけるauひかりTV…視聴ができない」と、誰も視聴できない大規模障害を伝えていると思われる。
更新する余裕もなかったのかもしれないが、auとKDDIの障害情報は共通の形式で発表すべきではないだろうか。

障害情報の一覧を見ればわかるように、光回線でもADSLでも、通信障害は毎週のようにどこかで発生している。
その都度、原因を特定して修理していたのだろうが、もっと根本的な原因に気付かずにいて、今回の大規模障害になった可能性は否定できない。
原因の特定とサービス再開が最優先事項だが、TVサービスが長時間停止したとなれば、総務省に改善報告書を提出することになるだろう。

今のところ、インターネットと電話が使えるので、先日問い合わせがあった翻訳チェッカーの受注を逃すことはないだろう。
もし光回線が全滅しても、スマートフォンでPDF原稿は確認できるし、ワードやエクセルの編集も可能だ。
そして印刷などが必要になったら、どこかのビジネスコーナーでPCとプリンターを借りればいい。

私が子どもの頃、テレビ放送は機材の不具合のためかたびたび中断し、「しばらくお待ちください」という画面がずっと出ていたこともあった。
機械というものは、ある確率で壊れるものだし、高度IT技術と言えども完璧ということはあり得ない。
ケーブルをネズミがかじることもあれば、昆虫が入り込んでショートするかもしれないし、はんだ付け不良ということもある。

とにかく、復旧したかどうかは明朝確認することにしよう。
今回の障害は長時間に渡ったので、基本料金が日割で返金されるのか、約款などに記載があるのかどうか、後で質問してみよう。

追記(10月31日):
午前6時10分に確認したところ、既に復旧していた。
全国一斉に回復したのかどうか、拠点サーバーごとに順次回復したのかは情報がない。
au one net の障害情報一覧を見ると、障害日時は「10月30日 15:26頃~10月31日 3:28迄」となっている。

KDDIのHPでは、午前5時30分更新の障害情報で復旧について報告している。
0時時点で原因は調査中のままだったが、「4.原因 放送サービス設備の故障」と、簡単に言及している。
www.kddi.com/news/important/important_20111031054013.html

今後は再発防止に向けて、今回の故障の原因究明、そしてバックアップ機能の強化策が検討されることだろう。

追記2(11月20日):
利用料金明細を確認したところ、今回のTV放送サービス設備の故障に基づく返金はなかった。
約款を読むと、24時間を超えて放送停止になった場合に、24時間ごと、つまり1日単位で返金するそうだ。
www.auhikari.jp/pdf/yuryo.pdf (第20条)
www.auhikari.jp/pdf/riyou_kiyaku_tv.pdf (第7条)

故意または重大な過失による放送停止の場合は、その停止時間に相当する金額を返金するとのことだ。
返金がないということは、今回の設備の故障は過失ではなく、単なる機械的不具合だったと推測しろということなのだろう。

(最終チェック・修正日 2011年11月20日)

テーマ : トラブル
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR