バレーボール・ワールドカップでドイツ女子チームはドミニカ共和国に予想外の敗戦

11月4日からバレーボール・ワールドカップ女子大会が開催されている(男子大会は20日から)。
www.fivb.org/EN/volleyball/competitions/WorldCup/2011/Women/
vbworldcup.jp/

開催国の日本を含めて12か国が参加し、総当たりリーグ戦の後、上位3か国にオリンピック出場権が与えられる。
日本は1977年から連続して開催国であり、大陸予選なら対戦するはずの中国や韓国と、一度も戦わずにワールドカップに出場できるメリットを享受している。
それに、テレビ放映時間帯が優先されているため、日本の試合時間は毎回18時以降に設定されており、コンディション作りも他国より楽だ。

このワールドカップでのオリンピック出場権獲得が期待されていたが、12日終了時点で4勝3敗(勝ち点13)の5位である(ブラジルはイタリアに敗れ、勝ち点12のままで6位に後退)。
今後は強豪のブラジルやアメリカ、そしてドイツとの対戦が残っている。
相手も出場権を取るために必死なので、全部勝たないとオリンピック出場は決まらないとも言われている。

ただし、現在全勝のイタリアは、まだアメリカとドイツとの対戦が残っていて、上位同士の潰し合いをするかもしれない。
加えて、現在3位の中国も、アメリカとドイツとの対戦が残っているので、もしかすると最終日18日の最終戦、日本対アメリカまで順位が決まらない可能性も残っている。

私はドイツびいきなので、ドイツチームの様子が気になるが、日本以外の試合はCS放送を契約しないと視聴できないので残念だ。
そこで、国際バレーボール連盟(FIVB)のHPで、ライブスコアボードを見ている。
www.fivb.org/EN/volleyball/competitions/WorldCup/2011/Women/livescore.asp#

また、試合内容などについては、ドイツメディアやドイツ・バレーボール協会(DVV)のHPでも情報を得ている。
www.volleyball-verband.de/index.php

ドイツは9日にアメリカに3-0で勝利して3位以内が見えてきたと思ったが、12日にドミニカ共和国に2-3で負けてしまい、4位に後退してしまった。
フルセットで負けても勝ち点は1増えるものの、勝ち点3を目指していたのに予想外の痛い敗戦であり、オリンピック出場権を逃すかもしれない。

この予想外の敗戦について報じた、ZEIT Online の速報と、DVVのニュースは次の通り。
www.zeit.de/news/2011-11/12/sport-allgemein-volleyballerinnen-kassieren-unerwartete-niederlage-12090403
www.volleyball-verband.de/index.php

ドミニカ共和国は11日時点で2勝4敗の8位であったが、中国から1セット奪っているし、イタリアとは1セット目で26-28まで競っていたので、ブロックとアタックの調子が噛み合えば怖いチームである。
実際にドイツとの対戦では、ブロックポイントとアタック決定率で上回り、調子が良い時に当たってしまったようだ。

ドイツがオリンピックに出場するためには、まずは13日のアルゼンチン戦で、必ず勝利することが最優先課題だ。
もし16日にイタリアに負けることを覚悟するならば、アメリカ対中国の結果が影響する。
12日時点での勝ち点を見ると、ドイツと中国の差はわずか1であるから、フルセットでの負けでも勝ち点1が増えることは重大だ。

17日に日本との対戦後に、ドイツの勝ち点や得失点差、セット率が決まるので、18日の同一時間帯に行われるドイツ対中国、そしてドミニカ共和国対ブラジルの試合結果による順位変動が、事前に計算できる。

ブラジルが残り4試合に全勝すると仮定すると、勝ち点は20~24の間になる。
ドイツが3勝1敗だと、勝ち点は21~24の間になるから、24で並ぶ可能性もある。
そのときは勝利数が一つ多いブラジルが上位になる。
いろいろなパターンがあるが、あまり気にせず試合結果のニュースを待つことにしよう。

先日のサッカー・ワールドカップ女子大会では、ドイツが日本に負けてオリンピック出場権を逃したので、サッカーの代わりにバレーボールには残ってもらいたいものだ。


追記(11月13日):
13日のドイツ対アルゼンチンのライブスコアをFIVBのサイトで見ていた。
結果はドイツが3-0で勝利し、勝ち点3を積み上げた(25-22、25-17、25-19)。
ZEIT Online の速報版は次の通り。
www.zeit.de/news/2011-11/13/sport-allgemein-volleyballerinnen-kehren-auf-siegerstrasse-zurueck-13074803

イタリアもセルビアに3-0で勝利したが、第1セットは29-27と接戦だったから、ドイツにもチャンスはあるかもしれない。

追記(11月16日):
残り3試合となった16日、ドイツはイタリアと対戦し、第1セットと第2セットを連続で取った。
しかし残り3セットを失い、セットカウント2-3の逆転負けとなり、勝ち点は1増えただけ。
勝ち点では日本と並んだものの、セット率で下回り、5位にとどまっている。

中国はケニアに勝つだろうから、ドイツが3位になるためには、日本と中国に連勝するしかない。
もしかすると複数チームが勝ち点で並んで、セット率でで決まるのかもしれない。

ドイツが3位を逃すと、ヨーロッパ地区の最終予選に回ることになるが、ロシアなどの強豪が待っているので厳しい。

(最終チェック・修正日 2011年11月16日)

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR