安全意識が欠如した業者が作業した新規開店レストランなど行きたくない

月に1回か2回ほど、日曜日の午前中に東京都内で用事があるため、眠いが9時前に出かけている。
交通費を節約したいのが本音だが、クリスマス関係行事の準備の手伝いも頼まれているので、
来月12月は毎週行くことになるだろう。

その目的地は少々急な上り坂の上にあり、勾配は見た目で10%以上あると思われる。
一方通行のその上り坂の途中に、大きなワゴン車(1ナンバーなので普通貨物車扱い)が路上駐車していた。
すぐ横の建物を見ると、あるホテルの1階で営業していたカフェバーが閉店していて、改装工事中であった。

警察官ではない私には、道路使用許可の有無を確認する権限がないため、代わりに駐車方法について注意した。
急勾配の坂道に駐車しているのに、タイヤの車止めがないことを指摘したが、いつものことながら無視された。
作業員に注意していた間に、青いタイルで覆われたドーム状の物体を乗せたクレーン付きトラックが、ワゴン車の後ろに駐車した。
5分ほど余裕があったので、スマートフォンで管轄の警察署を検索し、そして電話で違法駐車取り締まりの要望をした。

用事を済ませて3時間後、帰りに同じ坂道を降りていたところ、ワゴン車がまだ駐車中だった。
しかもクレーンで10メートル長以上のガラス板を吊り上げ、作業員全員が補助しながら、歩道上を通過させているところだった。
この作業で歩道をふさがれたため、歩行者はやむなく車道を歩くことになり、非常に危険な状況であった。
加えて、このクレーン付きトラックは、アウトリガーで路面に固定していたものの、ワゴン車と同様にタイヤに車止めはなかった。

そこで再び警察署に電話をして、午前中に取り締まりを依頼した場所に、同じ車が駐車していることを告げた。
帰宅してから警察署から報告があり、午前中に警察官が現場で移動を求めたところ、ワゴン車もトラックもすぐに移動したという。
警察官の指導によって移動したということは、道路使用許可を取得していなかったと推測される。

しかし、午後にかけて作業をしていたということは、警察官がいなくなった頃を見計らって戻り、改装工事作業を始めたということだ。
午後の通報後は、トラックは荷物の積み込み作業中ということで、口頭による厳重注意を行い、ワゴン車だけを移動させたという。

歩行者に対する危険性だけではなく、坂道での駐車自体が危険である。
道路交通法第44条の「停車及び駐車を禁止する場所」には、次のように書いてある。
【1.交差点、横断歩道、自転車横断帯、踏切、軌道敷内、坂の頂上付近、勾配の急な坂又はトンネル】

勾配5%でもクレーン付きトラックが関与した死亡事故例として、池袋警察署の資料を引用しておこう。
www.ikerokyo.or.jp/sho_idokuren_sibo.pdf
【…坂道にクレーンを駐車していたにもかかわらず、タイヤの車止め等の逸走防止対策が講じられていなかった…】

警察からの説明後、そのホテルに電話して、この危険な改装工事作業について
総支配人と話をした。

12月上旬に新規開店するレストランの改装工事中で、その日はピザ用の石窯を搬入するために、クレーン付きトラックが来たという。
ただし、そのレストランのオーナーに店舗部分を賃貸しているのは、ホテルの親会社であり、総支配人は詳細を知らなかった。
道路使用許可を取得しているかどうかも知らず、単に安全に作業してほしいという要望を伝えただけだったという。
その「安全」とは、ホテルのチェックアウト時間後から午後2時までの間ということで、つまりホテルの利用者の安全のことだけ。
歩行者はその時間帯も通行しているのに、そこまでは意識していないことが判明した。

総支配人には、レストランのオーナーへの伝言を頼んだ。
何も事故が起きなかったから良かったものの、安全軽視の業者を使うようなレストランは信用できない」と。

私には少々こだわりがあり、マルゲリータがおいしい店で、しかも禁煙の店を、時間があれば探している。
このレストランには石窯が搬入されたわけだから、味は期待できるはずだ。
しかし、これまで説明したように、安全意識の欠如した内装業者に発注し、現場の状況も把握しないようなレストランは信用できない。

テナントとして入居する前に、場所の確認をしているはずだから、搬入作業などで道路使用許可が必要なこと、そして歩行者の誘導要員を配置すべきだと認識していただろう。

今回のレストランだけではなく、美容院や衣料品店でも、開店前の工事で非常に嫌な体験をした場合、抗議することにしている。
例えば、業者が歩道にトラックを駐車したため、ベビーカーを押している夫婦が車道を歩くことになってしまった。
また、内装業者が車道にトラックを駐車し、さらに歩道には塗料缶を並べていて歩きにくく、しかも可燃物である塗料缶の横で喫煙していた。

大企業ではなくても経営者はコンプライアンス意識を取引先にも求めるべきであり、自分の店のサービス向上だけを考えるのではなく、改装作業の業者に対しても、安全管理の徹底や、道路使用許可申請の確認をすべきだ。

このレストランでピザを食べる気はしないが、目的地への途中にあるので、どんな店なのか外からのぞいてみよう。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR