1次冷却水漏れを自主的に報告しない九州電力は最低の会社

昨年12月11日から定期点検をしている九州電力玄海原発3号機で、放射性物質を含む1次冷却水が漏れていたことが発覚した。
最初の報告は、1次冷却水を浄化するポンプの軸受温度が高くなったという警報についてだったが、実際には過去最大の冷却水漏れであった。
しかし、原子力ムラの常識で動く九州電力は、質問されるまで汚染水漏れを公表せず、しかも「報告の基準がない」や、「環境への影響はない」という釈明をしている。

過去最大規模の汚染水漏れを報じた、朝日新聞の記事は次の通り。
www.asahi.com/national/update/1213/SEB201112130008.html
【九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3号機の1次冷却水が漏れていた問題で、放射性物質を含む約1.8トンの水漏れは1994年3月に運転を始めて以来、最大規模だったことがわかった。九電が明らかにした。

九電は「通常起きる範囲の水漏れ」として指摘を受けるまで公表しなかったが、これまでにはなかった大きなトラブルだった可能性がある。
…】

さらに、設備内で収まった場合には報告義務がない、という言い訳を報じた記事は次の通り。
www.asahi.com/national/update/1214/SEB201112130064.html
【…ほかの電力会社にある水漏れトラブルについての具体的な公表基準を九電がつくっていないことがわかった。明確な規定がないことが、水漏れの公表の遅れを招いたかっこうだ。

…九電は当初、地元の佐賀県や玄海町、報道各社に水漏れは伏せていた。

…冷却水漏れの場合、所定の溝からあふれ出すなど国に報告義務がある場合だけ公表する。それ以外は「社会的な関心などを勘案して決める」としており、基準はつくっていなかった。今回は冷却水がすべて溝に収まったため「公表する必要はない」と判断したという。】

九州電力は、やらせ質問問題も含めて、「社会的な関心」を大いに集めているが、原発推進派に世間の常識は通じない。
地元自治体や住民たちとコミュニケーションをとる意思はないようだ。
それはプレスリリースの発表の仕方からも一目瞭然である。

九州電力HPのプレスリリース一覧でタイトルを見ても、「冷却水漏れ」というキーワードは見つからない。
www.kyuden.co.jp/press_2011.html

そこでトップページの中ごろにある「 原子力・環境・エネルギー」の項目から、「原子力情報」をクリックし、さらに「お知らせ」をクリックすると、ようやく「平成23年12月9日 玄海原子力発電所3号機 定期検査の状況について」にたどり着く。
www.kyuden.co.jp/nuclear_notice.html
www.kyuden.co.jp/library/pdf/nuclear/nuclear_notice111209-2.pdf

まあ、トップページの一番下にある更新一覧には、「2011年12月09日 玄海原子力発電所3号機 定期検査の状況について掲載しました。」とあるが、このタイトルで、「汚染水漏れに関する情報だ」と理解できる人はいない。

ここで注目してほしいのは、タイトルが「定期検査の状況について」であり、また内容を見ても報道にもあるように、冷却水漏れについては全く触れていない点だ。
【…運転中のC充てんポンプ軸受温度高の警報が発信したことから、予備機に切り替え、準備でき次第、点検することとしました。
なお、プラントは停止しており、安全性には影響はありません
点検結果については、改めてお知らせします。】

その後、自治体や報道機関には知らせたようだが、過去最大の冷却水漏れについて、自社HPでは発表していない。
その代わりに、報道に対する見解として、「玄海3号機充てんポンプ水漏れに関する報道について」を掲載している。
www.kyuden.co.jp/report_index_111214.html

【新聞各紙に「玄海原子力発電所3号機の充てんポンプからの1次冷却水漏れ公表せず」等の報道がなされておりますが、今回の事象は1次冷却材を浄化するポンプのシール部より水漏れが発生したものであり、漏れた水は設計・設置していた受け皿から所定のタンクに回収する系統内での事象でした。したがって、外部への漏えいは無く、環境への影響もありませんでした。

今回の情報提供に関し、皆さまから様々なご意見を頂いており、今後の情報公開については丁寧な対応に努めていくことといたします。

なお、当社は汚染水が外部に漏れ出すなどの事象が発生すれば、量に関わらず、直ちに公表することとしております。】

つまり想定内のことであれば、「社会的関心」は無視して、自分たちの都合で決めた基準で発表するかどうかを決めると言っているのと同じだ。
こんな対応をする会社は、社会的責任を考えない、最低ランクの会社と言われても仕方ない。
手遅れになる前に、原発廃止の方針をすぐに選択すべきだ。

追記(12月17日):
ポンプの軸が折れていたことが判明し、九州電力は16日に、今度はプレスリリースで情報を出している。
「玄海原子力発電所3号機 C充てんポンプの点検状況について」というタイトルからは、汚染水漏れの事実から意識的に逃げようとする姿勢を感じる。
www.kyuden.co.jp/press_111216-1.html

【…本日、ポンプの主軸が折損していることを確認しました。また、モータ側軸受部の油切りの変形及びモータ側メカニカルシールの損傷跡を確認しました。
今後、詳細調査を実施し、主軸折損等の原因を究明します。

なお、プラントは停止しており安全性には影響ありません。また、当該ポンプのシール部より水漏れが発生しましたが、漏れた水は設計・設置していた受け皿から所定のタンクに回収する系統内での事象でした。したがって、外部への漏えいは無く、環境への影響もありませんでした。】

過去最大のトラブルという認識をしているはずだが、原発推進派の立場では、そんなことは絶対に口にできないのだろう。
放射性物質を含む1次冷却水が漏れたのに、未だに単なる「水漏れ」と言い続けて、人々が忘れるのを待つのだろうか。

(最終チェック・修正日 2011年12月17日)

テーマ : 放射能ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR