今年最初の翻訳案件は2件で1万円強の収入

私の勤務先では、国内開催の学会や講習会・講演会であれば、年に最低1回は本人の希望通りに出張できる。
ただし、会社負担の海外出張は役員のみなので、私が希望しているドイツでの国際会議参加は、全額自己負担になる。
まあ、ドイツの知り合いを訪ねる個人旅行も兼ねているので、自己負担の方が気楽でいい。
ドイツに行きたいのは、ANAが導入したボーイング787に乗るためでもある。

1週間分の旅費と学会費用は、夏のボーナスで十分にまかなえる。
ただしその分、投資に回す資金が減るので、代わりに翻訳案件をたくさん受注したいものだ。

昨年は1月にドイツ語和訳を1件納品した4万円強の収入だけだった。
あの東日本大震災後に、翻訳会社からの問い合わせ数が激減した。
クライアントの予算の都合なのか、納期がより厳しくなり、ワード単価の引き下げ要求もあり、相見積もりで他社に奪われることもあった。
期待していた外資系メーカーの翻訳プロジェクトも、社内システム環境の見直し作業のために一時中断してしまった。

その外資系メーカーからの連絡を待っていたところ、短い案件であったが、A社からは日英翻訳のチェッカーを、B社からは独日翻訳をほぼ同時に依頼された。
A社の案件は、ネイティブが翻訳した英文について、化学専門家から見て添削するものだ。
これは時間がかからないだろうから、B社のドイツ語和訳を同時受注しても大丈夫だと判断した。

2件合わせて、源泉徴収後は1万円強の収入と少ないが、空港税の負担分にはなりそうだ。

A社はチェッカーの仕事なので、英訳が届くまで待つことになるから、当然ながらB社のドイツ語和訳を先に始めた。
日本では販売されていない、機能性エコ洗剤の製品紹介である。
消費者向けの宣伝資料なので、言葉遣いは、「○○をご存知ですか?」のように、ですます調が基本である。

最近は日本でも多機能洗濯乾燥機が増えたが、ドイツの洗濯機では温度設定10℃単位だったり、洗い方の選択肢がやたらと多い。
そのためか、「デリケート衣料モードで温度は20℃から40℃の範囲」などと、一番性能を発揮する使用条件が書いてあった。

ワード数は約650なので短いものの、その洗剤メーカーのHPでエコラベルのことや、容器キャップの容量なども確認した。
認証したNGOの報告書や、「計量キャップの半分(15 ml)」という部分を確認するため。


A社の英訳チェックは簡単だろうと思っていたら、全部訳し直した方が早いほど、ひどい英文だった。
最初は日本人が書いたと思って問い合わせたところ、医学系のネイティブが英訳したものだという。
このままでは困るので、化学系のネイティブを探してもらい、その英訳ができあがるまで、B社のドイツ語和訳を納品することにした。

そしてまともな、ネイティブが書いたと信じてもよい英文が届いた。
ただ、化学系学科を卒業したという経歴なのに、「原子量(atomic weight)」と「原子質量(atomic mass)」の違いを知らないようだった。
それにカンマが抜けているという基本ミスもあったので、ネイティブといえども日本人に直されるような人もいるわけだ。
日本人も同じで、社内報の原稿チェックをしていると、何を言いたいのか意味不明の文章に出くわすことがある。
やはりネイティブ信仰は捨てるべきだ。


また、「the degree of ionization of ..」のように、普通の英語ではあるが、論文形式の科学英語らしくない表現があった。
論文のスタイルとして推奨されているのは、「the ionization degree of ..」のように、語順の通りに一目でわかるようにすることだ。
他の例としては、「the dependence on temperature of ..」ではなく、「the temperature dependence of ..」の方が好ましい。

このA社の案件はトライアルということなので、今回のネイティブと私の組み合わせでクライアントが納得すれば、化学英語分野の全訳プロジェクトに採用される可能性がある。
チェッカーの単価は翻訳者よりも安いが、平日の帰宅後に短時間でこなせる副業としては魅力的だ。

2月以降も順調に受注できることを祈りたい。

追記(2月5日):
A社から、日英翻訳チェッカーのトライアルに合格したとの連絡があり、全文翻訳が決まったとのことだ。
私がネイティブの英語について、化学者の立場から本音を言ったことが功を奏したようだ。
化学分野のスケジュールが記載されていたが、生物分野は未定とのことだった。

この連絡の前に、外資系メーカーから2万7千ワードを超える英日翻訳を依頼されたので、生物は断るつもりだった。
しかし、他に誰もチェッカーがいないとのことなので、トライアルで合格した私が担当すべきだろう。
まともな英訳が来れば、同時受注でも大丈夫だと思う。

本業での実験の疲れがまだとれてないので、この土日は1時間ほど昼寝をしてしまった。
化学分野のチェックは決まったので、専門用語の確認と、英文の予測を2時間ほど行っただけ。
このチェッカーの仕事は時給制で、今日の作業により、税込み3000円の収入が確保された。

(最終チェック・修正日 2012年02月05日)

テーマ : 翻訳
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR