東京都教育委員会は思想統制が大好きなようだ

朝日新聞の記事によると、東京都教育委員会が、早稲田大学法学部を受験した都立高校の学生数を調査していたという。
www.asahi.com/national/update/0220/TKY201202190457.html

早稲田大学(東京都)法学部が15日に実施した入試の問題文で日の丸・君が代をめぐる教員処分問題を取り上げ、これに対し東京都教育委員会が、一部の都立高校に同学部の受験者数について異例の調査をしていることがわかった。…

日の丸・君が代の問題を扱ったのは、…選択科目の「政治・経済」で、…問題文は「卒業式や入学式で君が代を斉唱するときに、教員に対して起立することを命じ、起立しない教員を処分するという措置の合憲性が争われている」などとし、思想の自由や学校行事の円滑な遂行など様々な考え方を紹介し「教育には強制はふさわしくないのではなかろうか」と締めくくっている。

続く設問は、都の場合として「不起立者に懲戒処分を課しているのは誰か」と尋ね、校長、教育委員会、知事、都議会、文部科学大臣から選ばせる問題など。「起立命令と最も近い形態を選べ」として、宗教などの事例を挙げて選択させる問題もあった。】

都教委は都立高校教員に対して、卒業式での君が代斉唱時に起立することなどを通達で命じている。
早稲田大学の入試問題で、不起立を理由にした懲戒処分などが取り上げられたため、都知事の意向に忠実な都教委にとっては、どうしても無視できないことだったのだろう。

君が代斉唱時の不起立で、懲戒処分を受けたある都立高校教員の話を聞いたところ、毎回C評価で俸給が上がらなくても、自分の信念を曲げることはできないとのことで、不起立を続けるそうだ。


都教委では毎年度、公立学校卒業者の進路調査をしており、その結果は公開されている。
大学進学者も調査対象で、学部別・男女別・高校の科別のエクセル表がダウンロードできる。
www.kyoiku.metro.tokyo.jp/toukei/23sotsugo/toppage.htm

一部の都立高校では、進学校としての伝統復活を目指しているため、有名大学合格者数を競っている。
受験者数と合格者数、そして実際に入学した大学については、各高校で把握しているわけだが、都教委が特定の大学の、しかも特定の学部の受験者数を調査するとういう話は初耳である。

そして、今後受験させないようにだとか、私学援助縮小の可能性を匂わせるなど、政治家を使うなど裏で圧力をかける意図があるのかもしれない。

法学部の入試問題を作成した教員はわからないが、入学してくる学生に期待する能力・資質を試したかったはずだ。
身近な時事問題と、憲法・人権・思想の自由について、関連性を持って考えている学生がほしいということではないか。
それは各大学・各学部が決めた方針なのだから、都教委が文句を言うとなれば、大学の自治への挑戦である。


石原都知事の意向を反映しているのか、思想統制を使命としているかのようだ。
HPに都教委の仕事として、「君が代斉唱時の起立の強制」と書けばいいのに。
加えて、情報公開の推進をしているそうだから、今回の異例の調査結果も、目的とともにぜひ公表してほしいものだ。
まあ、ある年の園遊会で天皇から、「強制にはならないように」と注意を受けたから、表立った活動はしないことだろう。

ところで、卒業式という記念すべき場では、国歌よりも生徒たちの心に残る歌があるはずだ。
その思い出の歌などをクラスごとに合唱してもいいし、何かのパフォーマンスをしてもいい。
新時代を生み出すべき21世紀にふさわしい、あまり形式的ではない自由な発想の卒業式をしてほしいものだ。


テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR