今回の確定申告では寄付金特別控除の恩恵で約1万円の還付

私の本業は医薬メーカー子会社の研究員だが、中途採用ルールの制約により、1年契約の契約社員である。
正社員よりは年収は少ないものの、派遣社員のときよりは増えており、2011年は税込約572万円であった。
先日は、来年度の契約更新手続きがあり、8千円強のベースアップが提示されたが、それでもまだ、年収600万円には達していない。

ということで、副業の翻訳で稼いで、税込年収600万円以上とすることを、毎年の目標にしている。
しかし、東日本大震災後の不況もあって依頼が激減し、プラス22万円にしかならなかったため、年収は税込約594万円にとどまった。
必要経費も請求書の郵送料80円のみだが、源泉徴収10%では払いすぎだし、寄付金控除などもあるので確定申告する必要がある。

以前の申告では、手引きを見ながら手計算をして、何度も確認しながら金額を記入していた。
数年前からは、国税庁の確定申告作成コーナーを利用していおり、面倒な計算や項目の判断が簡単になった。
www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/index.htm
www.keisan.nta.go.jp/h23/ta_top.htm

翻訳での必要経費や、寄付金控除を申告するため、私の場合はすべての収入を申告しなければならない。
つまり、株式配当や投資信託分配金など、少額であっても申告する必要がある。
少額でも、脱税していないことを証明するためでもあるが。

最終的に約1万1千円の還付になる予定。
申告書を作成する時間や、申告会場まで自転車で30分もかけて行く手間を考えると、あまりにも少ない金額に思える。
ただ、1か月分の昼食費が戻ってくると思えば、悪くない金額だろう。

税制は毎年変わると言ってもよいくらいで、今回の申告では、寄付金控除の種類が増えたことが面倒だった。
「認定NPO法人」と「公益社団法人等」に分かれたので、計算方法が変わった。

自然保護団体のWWFジャパンは、2011年2月1日に、財団法人から公益財団法人に変わった。
これは国の制度変更に伴うもので、これまで通りに寄付金控除の対象とするためである。
www.wwf.or.jp/news/2011/02/wwf_4.html

年会費1万円と他の寄付金1万円の合計2万円が、「公益社団法人等寄付金」として計算される。
そして特別控除額は7200円となった。

また、毎月1千円の寄付をしている「国境なき医師団」は、認定NPO法人のままで、計1万2千円の寄付金は別に計算される。
こちらの特別控除額は4800円となった。


作成コーナーで区別して入力すると、自動的に計算してくれるので、選択を間違えなければ大丈夫だ。
合計で1万2千円の税金が控除されるため、国境なき医師団への寄付金が丸々控除されたようなものだ。

現在作業中の翻訳では、源泉徴収後に約50万円の翻訳料金が振り込まれるから、ドイツ旅行の費用を引いた残りから、震災復興関連も含めた寄付金を検討しよう。


(追記:3月17日)
税務署から国税還付金振込通知書が届いた。
申告した 11,035 円は全額認められた。
手続き開始日は3月16日となっていたが、当日に振込は無理なので、週明けの19日には指定銀行口座に入金するだろう。

約1万円が戻ってきたが、今日は歯周病が原因で抜歯したし、これからブリッジ作成になるので、治療費に消えてしまう。
まあそれでも、毎月の予算から臨時の医療費をねん出するのは大変なので、ありがたいことだと思うことにしよう。
それにこの還付金は、元々納めすぎた税金であり、私のお金なのだから、堂々と使うことにしよう。

(最終チェック修正日 2012年03月17日)

テーマ : 税金・確定申告
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR