アフガニスタン派遣米軍兵士乱射事件は抗マラリア薬の副作用が原因か?

3月11日にアフガニスタン南部で、アメリカ陸軍の Robert Bales 2等軍曹が銃を乱射して、民間人16人を殺害した。
この軍曹は現在、アメリカ本土の基地内にある収容施設に移送されている。
今後は軍事法廷において、殺人容疑で起訴されることになったが、弁護側はPTSDなどの精神疾患を主張している。

例えば、朝日新聞の記事は次の通り。
www.asahi.com/international/update/0311/TKY201203110352.html (3月12日、乱射事件の記事)
www.asahi.com/international/reuters/RTR201203250001.html (3月25日、訴追の記事)
【[カブール 23日 ロイター] 米軍は23日、アフガニスタン南部カンダハル州で地元住民17人を射殺したなどとして、殺人と殺人未遂の容疑でロバート・ベイルズ2等軍曹(38)を訴追した。有罪となれば、死刑の可能性もあるという。

…司法手続きは所属地であるワシントン州タコマ近郊のルイス・マッコード基地で行われる予定。

弁護士は容疑者が「事件を覚えていない」としており、裁判では4度にわたるイラクなどへの派遣で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患ったと主張するとみられている。】

海外メディアでは、抗マラリア薬(Mefloquine、メフロキン)の副作用の疑いがあると報じている。
www.dailymail.co.uk/news/article-2120577/Was-Staff-Sgt-Robert-Bales-given-anti-malaria-drug-known-cause-psychotic-episodes-Afghan-massacre-Pentagon-ordered-emergency-review-drug-days-shooting.html
www.sueddeutsche.de/wissen/amoklauf-in-afghanistan-wahnvorstellungen-als-nebenwirkung-1.1319342

この抗マラリア薬は以前、Lariam(ラリアム)という名称でロシュが販売していたが、重篤な副作用問題のため2009年に撤退した。
今はジェネリック医薬メーカーが製造・販売している。
例えば日本では、久光製薬がメファキンの名称で販売しており、添付文書は次の通り。
www.hisamitsu.co.jp/medical/data/mephaquin_t.pdf

めまいや嘔吐だけでなく、深刻な事例としてパニック発作や錯乱、自殺願望などが報告されている。

以前にも、ソマリアに派遣されたカナダ軍兵士に、異常行動があったと報告されているし、米軍基地内で家族を殺した兵士の事例もあった。
www.cbsnews.com/2100-500164_162-538144.html

米軍では特別な場合を除いて投与しない方針となったが、アフガニスタン派遣軍では、マラリア感染予防として、毎週メフロキンを兵士に服用させていた。
しかし原則として、今回の軍曹のように、外傷性脳損傷を受けた兵士には投与しないことになっていた。

どんなに優れた医薬品でも、必ず副作用を伴うことを再認識すべきだ。
100年以上も販売が続くアスピリンであっても、胃粘膜損傷という副作用があるため、別の薬を同時に服用する必要があるくらいだ。

裁判がどうなるのか気になるところだが、医薬メーカーに勤務する研究員としては、副作用についてどのように取り上げるのか、続報をチェックしていきたい。

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR