スターバックス(アメリカ)のストロベリーフラペチーノには昆虫由来色素E120が入っている

USA Today の記事によると、スターバックス(アメリカ)のストロベリーフラペチーノに、昆虫由来の色素が食品添加物として使われていることに完全菜食主義者が抗議しているそうだ。
www.usatoday.com/money/industries/food/story/2012-03-28/starbucks-strawberry-frappuccino-beetle-juice/53839006/1

この色素は、E120 またはカルミン、コチニールとも呼ばれ、認可された食品添加物だが、この件を紹介している 
ABC News のブログでは、昆虫由来なので言葉遊びのように、スターバックス(Starbucks)のことを Starbuggs と書いている。
abcnews.go.com/blogs/business/2012/03/starbuggs-strawberry-frappuccino-colored-by-insects/
(注:「虫」は bug なので Starbugs としている記事もあるがが、文字数を合わせるために buggs にした思われる。または、もしかすると訴訟リスク回避のために、わざと buggs としたのかもしれない。)

この記事はドイツのメディアでも引用されている。
www.sueddeutsche.de/wissen/lebensmittel-starbuggs-ein-lausiger-skandal-1.1322500

スターバックス(アメリカ)のHPにある、対象製品の説明は次の通りだが、食品添加物については認可されたものを使用しているとだけで、コチニールが入っているとは書いていない。
www.starbucks.com/menu/drinks/frappuccino-blended-beverages/strawberries-and-creme-frappuccino-blended-creme


アレルゲンについての情報を知りたい人は、店舗のバリスタに直接質問するか、または電話で問い合わせることになる。
【Allergen information is currently unavailable online for our beverage selections. We are actively working to bring that information to you. If you have an allergen concern, please feel free to ask our baristas to check the ingredient labels or call 1-800-235-2883 for more information. 】

また、プレスリリースには、この記事に関して何も出ていない。


食品添加物として認可されているものの、いかなる動物由来製品をも避けたい完全菜食主義者や、過去にアレルギー症状を経験した人たちは、「スターバックスの食品スキャンダル」と感じている。

日本のスターバックスコーヒージャパンに電話したところ、日本で販売予定のストロベリーフラペチーノには、コチニールを使用しない、との回答があった。

他のフード類では、コチニールを使用している可能性があるため、公表できるかどうかも含めた調査を依頼した。
このブログでは調査結果を書かないつもりなので、この色素が気になるならば、個別に問い合わせてほしい。

また今回はアメリカでの話であって、しかも、完全菜食主義者の人たちが動物由来製品を使っていることに抗議しているのであり、「虫を使ってフラペチーノを作った」などという変な噂に惑わされないでほしい。

Daily Mail Online の記事の見出しが、わざとセンセーショナルな表現になっているので、誤解が生じているようだ。
www.dailymail.co.uk/femail/article-2120796/Starbucks-admits-Strawberry-Frappuccino-contains-crushed-bugs.html

この色素は、中南米原産の昆虫、エンジムシ(コチニールカイガラムシ、Dactylopius coccus Costa)のメスを乾燥させてから、温水などで抽出して得る。
インカ帝国の時代から繊維用染料として利用され、その後ヨーロッパに持ち込まれ、繊維産業の他にも食品添加物として用いられている。

欧米では認可されているが、アレルギー症状の報告もあるため、日本では食品安全委員会で審議されていた。
www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20110726te1 (カルミンに係る食品健康影響評価について)

ところで、スターバックスに限らず食品業界や洗剤業界などは、やたらと「天然素材」という、心地よい響きのキーワードを多用するようだ。

ストロベリーフラペチーノの色が人工着色料ではなく、「昆虫から抽出した天然色素」と聞いた後でも、「カイガラムシの色素だけど、天然由来っていいよね」と、感動する人はどのくらいいるのだろうか。

「天然着色料」というくくりで、ぼかして書くことで、誤解を生じないようにしているのだろうか。

虫が嫌いなら E120(カルミン)を人工的に合成すればいいが、すると今度は、「石油から作った人工着色料は体に悪い」と言って反対する人が出てくる。

化学的には同一の構造で、色も性質も変わらないのに、天然由来なのか合成品なのか、植物由来か動物由来か、そして消費者それぞれのポリシーによって受け取り方は様々だ。

添加物以外でも、それぞれ個別に検討することが必要で、天然色素だから安心だとか、エコラベルが付いているから環境にやさしいとは必ずしも言えない。
気にしすぎると精神的に疲れてしまうが、放射性物質の汚染問題も含めて、自分自身の考え方を決めておきたいものだ。

追記(4月1日):
日本語で内容を知りたい人には、ニューズウィーク日本版を参照してほしいが、やはり記事のタイトルが気になる。
www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/03/post-2488.php

追記2(4月7日):
赤色天然着色料であるコチニールを使用した製品について、電話で回答があった。
5品目以上に使われており、しかもペイストリー類だけではなかった。
コチニールの使用は認可されているものの、アレルギー症状が出た事例も少数ながら報告されているので、食後に違和感があった場合は、すぐにスターバックスに電話をして、添加物を調べた上で、専門医に相談してほしい。

(最終チェック・修正日 2012年04月07日)

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR