スタートレック関連特別番組の日本語字幕について

欧米のニュースでは、英語に限らずドイツ語などでも、例え話としての引用や比喩表現を理解するときに、ギリシャ神話やイソップ寓話、そして聖書やシェークスピアの知識がないと困ることがある。

また、特に宇宙関連の科学ニュースの場合は、有名なSF映画だけではなく、スターウォーズやスタートレックの知識がないと、何を言いたいのかわからないこともある。

ドイツ留学中には、若い研究員たちの間だけではなく、ミュンヘン工科大学教授との会話でも、「エンタープライズ号のコンピューターのように」などと使われていた。
私はスタートレックが好きなので、突然言われたことでも理解可能だった。
それに、アメリカ留学経験のあるドイツ人は、アメリカンジョークを勉強するために、スタートレックは役立つと言っていた。

スタートレックファンは世界中に存在し、日本でも様々なサイトや掲示板などが開設されている。
映画にもなっているが、過去のテレビシリーズはデジタルリマスター版として再放送されたり、当初の日本語版でカットされた部分を補足した完全版(字幕付き)の放送も行われてきた。

私はDVDを持っているが、auひかりTVを契約しているので、「スーパー!ドラマTV」で再放送を観ることもできる。
一度観たエピソードであっても、2回目以降は交わされるジョークを楽しんだり、ストーリーに隠された製作者の意図を考えるなど、別の見方をするようにしている。
www.superdramatv.com/index.html

そして4月30日16時から特別番組として、「セレブリティ・ファイル/スタートレックの艦長たち(Captains of the Final Frontier)」が放送された。
【傑作SF「スタートレック」全シリーズの船長・艦長・司令官に焦点を当て、多彩なインタビューでつづった必見のドキュメンタリー、日本初放送!】
www.superdramatv.com/news/news/201202.html

番組内容については、ファンの様々なサイトやブログなどで紹介されるだろうから、ここでは翻訳者として気になったことをメモしておこう。
それは、「ガンマ宇宙域のDS9には」という日本語字幕についてである。

ドラマの設定で、宇宙ステーションDS9(ディープ・スペース9)は、アルファ宇宙域にあるのに。

誤訳したのかと思い、録画を何度も再生して、英語ナレーションを確認してみた。
すると、「As an outpost in Gamma Quadrant, DS9 is ..」となっていた。
ということは、元々の英語ナレーションが間違っていて、日本語字幕を作成した東北新社は、そのまま和訳したことになる。

そこでアメリカのサイトを検索してみると、このドキュメンタリーはアメリカで2010年11月3日に放送されていた。
そして番組の概要についてまとめたサイトもあった。
trekmovie.com/2010/11/03/review-of-the-captains-of-the-final-frontier-bio-documentary/

このレビュー記事内では触れていないのだが、コメント欄には、DS9がガンマ宇宙域にあるというのは間違っている、との書きこみがあった。
他にもスペリングミスなど、通常は見逃してしまいそうな、細かいミスであっても指摘されている。


スペリングミスは、日本語版では修正されていたようで、違和感はなかったが、やはりDS9の説明の間違いが気になる。

スタートレックを知らない翻訳者やチェッカーが担当したのかどうか、字幕を作成した東北新社に問い合わせをしてみたものの、現時点では不明。
www.tfc.co.jp/index.html

東北新社は、スーパー!ドラマTVに50%出資しているし、スタートレックシリーズの映像翻訳を担当しているから、DS9の設定を知っている翻訳者を手配することは可能だったはずだ。
それに版権の交渉もしているはずだから、疑問点に気付けば、アメリカの制作会社に問い合わせるルートはあったはずだし。

人間は間違いを犯すが、それに気付いて修正する能力もある。
一人ではできないことがあっても、チームでミスを防ぐこともできる。

基本的に翻訳作業では、原文に間違いなどの疑問点があった場合、その処理についてコーディネーターに相談したり、クライアントの意向を聞いてもらうことがある。
原文の間違いなどを訳注として記録するのは当然だが、間違った原文ママで和訳するのか、それとも修正した和訳にするのか。

現在推敲中のデータベース翻訳では、原文にスペリングミスだけではなく、前置詞の欠落のほかに、動詞のはずが名詞という文法的間違いがあって疲れたので、今回の字幕の件も余計に気になったのかもしれない。

翻訳者としての勉強の一部として、ニュース翻訳や映像翻訳で疑問点があるときは、必ず問い合わせるようにしている。
同じニュースでも、テレビ局によって字幕が違う場合も見られるので、これからも意識的にチェックするようにしよう。

追記(8月3日):
本日12時からの再放送を録画し、帰宅してから確認したところ、私が指摘した部分の和訳が修正されていた。
ガンマ宇宙域への入り口にあるDS9には-」となっていた。
4月の放送時には、「ガンマ宇宙域のDS9には多くの種族が訪れるので-」だった。

東北新社から返事はなかったものの、修正されていたので、これでよしとしよう。

(最終チェック・修正日 2012年08月05日)

テーマ : 海外TVドラマ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR