赤信号停止時にクラクションを鳴らされても意図が理解できない

車両に設置された警笛(警音器、クラクション、ベルなど)の使用条件は、道路交通法第54条で規定されている。
違反すると第121条の規定により、2万円以下の罰金または科料となる(警察官の現認が前提だが)。

(警音器の使用等)
第五十四条  車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない
一  左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二  山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない

(罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百二十一条第一項第六号)

第百二十一条  次の各号のいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する

 第五十四条(警音器の使用等)第二項又は第五十五条(乗車又は積載の方法)第三項の規定に違反した者】

例外規定の「危険を防止するためやむを得ないとき」とは、人によって判断が分かれるとは思うが、例えば歩行者が車道に飛び出してきたり、自転車が手信号なしで急に進路変更をしたときなどが考えられる。

また、例えば以下のサイトでの説明も参考になるだろう。
ueda-gyo.com/all/keihouki.html (警音器使用制限違反)

こういった規定はあるが、今日も含めてこれまでに3回、自転車を運転中に赤信号で停止しているのに、真後ろの自動車が何度もクラクションを鳴らしたことがある
最初はドライバーの意図が全くわからず、私は「赤信号で停止しているだけだ」と反論してしまうことになる。

それでは今日のできごとと、過去2回の嫌な体験をメモしておこう。

今日は有給休暇を取得して自転車で外出し、銀行で資産運用アドバイスを受けたり、夕食用の買い物などをした。

そして買い物後の帰り道、信号が赤になったので停止線で止まったところ、急にクラクションが2度鳴った。
赤信号で止まっているだけなので無視していたら、再度2回鳴らしてきた。
それで振り向くと、左折のウインカーが点滅し、ドライバーは左を指差していた。
赤信号なのに私にどいてくれということは、左側にあるコンビニ駐車場に入りたいという意味なのかと推測した。

そこで私は、そのコンビニを指差して、「ここに入りたいのか?」と聞くと、ドライバーはうなずいた。
ようやく意図が理解できた私は、自転車を降りて後退し、その車を駐車場に入れてあげた。

ただ、クラクションを鳴らされて少々不愉快だったので、駐車場に移動してそのドライバーに、「申し訳ないが、最初は意味がわからなかった。できれば窓を開けて言葉で説明してほしかった。」と伝えた。

相手も普通の人で理解したようで、何も反論もなく、穏便に済んだが、過去の2回は本当に嫌な体験だった。
その2回とも、帰国直後にポスドクとして働いていた地方都市のことで、ドイツとはマナーが違うと再認識した経験だった。

今日の事例と同様に赤信号で停止していたら、後続車がクラクションを鳴らし続けた。
私は信号を指差して、「赤信号だから止まっているんだ。何が悪い。」と反論した。
するとドライバーは窓を開けて、「駐車場に入れられんのんじゃ」と怒鳴った。
不愉快だったので、50cmだけ前進したところ、ドライバーはもっとどけという意味ととれるジェスチャーをした。
意地悪な私は、信号が青になったところでさらに移動してやったが、そのドライバーは右にハンドルを切って対向車を制止し、後進でアパート駐車場に入れた。
人に何か頼むときは、「駐車場に入れたいので、もう少し移動してもらえませんか」と言うのが、まともな日本語のはずだ。

さらにもう一つの事例は、骨髄ドナーに決定した後のことなので、喧嘩にならないように仕方なく譲ったケースだ。
国道に交差する細い路地で、またもや赤信号で止まっていたところ、チンピラ風のドライバーが執拗にクラクションを鳴らし続けてきた。
私は赤信号を指差して抵抗を試みたが、そのドライバーは前進してきたので身の危険を感じた。
ここで怪我をすると、骨髄提供が中止となり、患者に迷惑がかかるため、通してやることに決めた。
ただし、「信号無視をするな、この野郎」と言って、睨みつけてやった。

軽車両としての自転車の交通法規を私は守っているが、
私の主観で判断すると、体が大きくて幅をとるためなのか、それとも車道を堂々と走っているためなのか、幅寄せも含めた嫌がらせ行為を経験している。

逆走や無灯火の自転車に対してクラクションを鳴らしてもかまわないと思うが、赤信号で停止という法律を守っている私に「どけ」という意味で使うのは違法行為だ。

日常生活に密接な法律の中でも、道路交通法は尊重されていない法律として、トップクラスではないだろうか。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR