「日経マネー」8月号で紹介された投信500円積み立ての説明は正しいのか?

夏のボーナスが支給される時期となったため、マネー関連雑誌では、様々な投資商品や金融機関の新サービスを紹介している。
私の投資方針はほぼ決まっているものの、岩波新書「マルティン・ルター」を購入したついでに、「日経マネー」8月号を買った。
この夏のボーナスで狙う高金利・ほんもの実力派投信」という記事を参考にしたかったから。

「目的別オススメ投信カタログ」ということで、為替変動への対応や、高いリターンを狙うリスクを取れる人向けなど、様々なパターンでアナリストが推薦する投信が紹介されている。

私の場合は、「ああ、そういった投信もあるんだな」という程度で、必死になって利益を得ようとまでは考えていない。
既存の積立プランについて、ボーナス月増額の金額設定や、投資対象のポートフォリオを見直す作業が主体になる。

夏のボーナスは、積立定期も含めた増額分に充当する他、FAX付き電話の買い替えや、Android 4.0 スマートフォンへの機種変更に使う予定だ。
7月末に入る予定の翻訳料金約55万円で、個別株や外国債券への投資を検討している。

「日経マネー」8月号の投信特集では、私も利用しているカブドットコム証券のワンコイン積立(500円から)が紹介されていた。
投信2銘柄で積立を利用しており、毎月の積立金額は、それぞれ 1,000円と 2,000円に設定している。

カブドットコム証券サイトでの説明は次のリンクで確認できる。
kabu.com/item/fundseizin/

特徴のいくつかを引用しておこう。
【・毎月500円以上1円単位の少額から積み立てできる
・ファンドごとに「毎月○日」と自由に設定できる

・ファンドごとに、年2回まで増額設定ができる
…】

ところで、「日経マネー」の記事では、【…同一銘柄を毎営業日500円ずつ買い付けることができる…】とあり、モデルポートフォリオを基にした、「毎日500円積み立てカレンダー」を具体例として示している。

ただし、この説明では勘違いする読者が続出するのではないかと、実際に利用している私は感じた。
実際にログインして、積立の設定画面を確認したところ、同一銘柄で、月に複数の積立指定日の設定はできない
そのため、カブドットコム証券と日経マネー編集部の双方に、問い合わせメールを送り、返答を待っているところだ。

返答が来る前だが、指定日以外は毎日500円で買付する投資方法を説明したのだろうと、私は解釈している。

具体的な買付方法は、次のようになるだろうが、計画通りに淡々と投資するタイプの人に向いている方法のようだ。


まずは投信積立(累投型)の設定で、買付金額を500円とし、指定日を任意の1日だけ決めておく。
指定日以外は銀行口座からの自動引き落としではないため、あらかじめ投資金額分を入金しておく。
そして指定日以外の営業日には、累投型の買付を500円ずつ行うことになる。

複数銘柄の積立設定では、それぞれ指定日をずらすことで、一日500円の投資にできる。
そして指定日以外は、前述のように、累投型の買付を500円ずつ行う。

また、5~6銘柄に投資して、すべて自動引き落とし設定にしたい場合は、指定日の変更を頻繁に行うことになる。
積立プランの変更をすると次回買付日は、原則として指定日を含む5営業日後になる。
祝日があったり、月の日数が28日と31日では、一月当たり営業日が変わるので、これは面倒だからやめた方がいい。

こういった投資方法は極端にも思えるが、基準価額が大きく変動しやすい株式型やコモディティ型の投信は、月に数回に分ける方がリスク分散になるだろう。
時間のリスク分散目的ならば、ボーナス時期の増額は、指定日に一括ではなく、毎月曜日に 1,000円ずつ買付の方がふさわしいのかもしれない。

問い合わせに対する回答を待つことなく、カブドットコム証券での投信の買付スケジュールを再検討しておこう。

追記(6月25日):
カブドットコム証券から、午前中に回答メールが来た。
要約すると、【指定日ごとに積立プランを作成する】ことになる。

投信Aに毎月 3,000円を投資する予定で、1日、12日、25日の3回、それぞれ 1,000円ずつ買付したいときは、投信Aの購入金額を 1,000円とする積立プランを、前述の日付けを指定日として3本作成するわけだ。

現在積み立てている投信は、指定日を毎月1日としていたが、この1日指定日のプランについて金額を半分に変更し、そして
同額で20日を指定日とするプランを追加作成した。
これで月当たりの積立金額を変えることなく、時間分散をしたことになる。

「日経マネー」の記事の説明が中途半端と感じたため、昼休みにカブドットコム証券に電話をして、Q&Aに掲載するなどの対応を依頼した。

(最終チェック・修正日 2012年06月25日)

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR