約3万ワードのドイツ語和訳案件の打診があったが受注を逃す

昨日、仕事を終えた18時過ぎにスマートフォンを見ると、メール・不在着信・伝言メモが何件も入っていた。
あわてて確認すると、翻訳会社からの連絡で、機械系論文のドイツ語和訳案件についての打診であった。
すぐに着替えて、会社に直接電話をして内容や納期について、簡単に相談した。
私の担当者はドイツ語を読めないとのことで、内容の詳細はわからなかったものの、複数の論文の依頼で合計約3万ワードとなり、納期は約1か月である。

ワード単価を12円とすると、源泉徴収後の入金額は約32万円となり、本業での1か月分の手取り収入とほぼ同じだ。
12月の冬のボーナスは、奨学金の返済の他、年金保険年払いや学会会費などの支払いにも使うので、この32万円の案件は逃したくない。
しかも税込金額では、今年の翻訳料金収入は100万円を初めて超えることになり、目標達成のためにも受注を検討した。

帰宅してから圧縮ファイルを解凍して、その複数の論文をざっと眺めてみたが、あまりにも専門的すぎて、納期に間に合わないリスクが高いと判断した。
翻訳専業であれば平日に10時間くらい作業できるが、私は本業があるので、寝不足では影響が出るため、平日は約3時間が限界である。
今月末に有給休暇を取得するが、それを加味しても分量が多いと感じた。

ということで正直に、一人で全ての和訳をすることは困難である、ということを返信に書いた。
それだけでは担当者も困るだろうから、私も含めて3人くらいで分担すれば、納期に間に合うのではないかと提案した。
他社案件でも、あまりにも大量の資料だったため、複数の翻訳者で分割して翻訳したことがあるし。

とにかく返答を待とう。

追記(10月19日):
クライアントの要望に合わないとのことで、今回は別の翻訳者に依頼することになった。
やはり副業翻訳は、平日の作業時間が足りないため、大量の文書や納期が短い案件は、受注が困難である。
5月の連休や夏休み、そして年末年始ならば対応可能だが、時間があるときにかぎって、打診はないものだ。

納期に余裕のある、外資系メーカーのプロジェクトが再開することを祈ろう。


テーマ : 副収入・お小遣い・SOHO
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR