着陸後にまだ飛行機が動いているのに出口へとダッシュしたおじさんがいた

私の勤務先では、国内で開催される学会に年に1回以上参加することができる。
ただし、宿泊を伴う学会出張は、経費削減のために、年1回限りとなっている(業務命令での参加は例外)。
首都圏では、日帰りでも参加可能な学会やセミナーが多数開催されるので、毎月学会出張をすることも可能ではある。

私の場合は8割くらい、宿泊を伴う遠方で開催される学会を選ぶことが多い。
個人的な旅行をあまりしないので、出張のついでに地元の食材を楽しんだり、空き時間に郵便局に寄って風景印を集めている。

東京から大阪周辺に出張するときは、新幹線での移動が義務となっているが、それより遠方になると飛行機も選択できる。
私はANAの旅割で早めに予約して、割引料金にすることでコスト削減に協力している。
それにANAのサイトからホテルを予約すると、ANAマイルがもらえるホテルが選べるので便利だ。

なんだかマイルを貯めるために出張しているようにも聞こえるが、ちゃんと学会に参加して、報告書も提出し、さらにセミナーでは学会報告会も行っている。
そして、日々の仕事とは違う研究に触れることで、新しい視点からの研究に刺激を受けて、脳みそが再活性化されたように感じる。

ということで、先日の学会は九州で開催されたため、当然ながら羽田から飛行機で移動することにした。
新幹線を使うと、自宅から8時間もかかるため、その日は移動のみとなってしまう。
しかし飛行機を使うと、午前中は勤務できるので、測定データの解析を済ませたり、出張後の実験予定の打ち合わせもできる。

楽しい学会出張となるはずだったが、目的地に着陸後、保安規定を無視した乗客の危険行為で不愉快になってしまった。
まだ飛行機が誘導路を走行中で、シートベルト着用サインが点灯しているのに、出口へとダッシュした男性だ。
途中で客室乗務員に制止されて、その場にしゃがんでいたが、自分の席に戻ろうとはしなかった。
そしてスポットで停止してサインが消えた瞬間に、再び猛ダッシュして、前方の席の乗客を押しのけて、出口前に一番乗りしていた。

こういった保安規定を無視する乗客は、航空法に従って処罰してほしい。
走行中に機体が揺れて誰かにぶつかれば、過失傷害になる可能性もあるから、刑法も適用されてしまう。
そんな安全軽視のリスクを背負ってまで、出口に一番乗りしなければならない理由があるのだろうか。

全日空のHPでは、航空法違反の具体例について紹介し、罰金50万円以下という処罰についても触れている。
今回の男性の場合、「4:指示に従わず座席ベルトを着用しないこと」に相当する可能性がある。
www.ana.co.jp/ana-info/ana/lounge/index.html

また、飛行機での旅行における注意点をまとめたHPでは、次のように説明している。
www.sora-tabi.com/takeoff_ldg_2.html

【着陸してスポットに到着した際は、シートベルト着用サインが消えるまでは座席に座ったままで居ましょう。
スポットに到着したと思ってもエンジンが回っているうちは飛行機が動く恐れがあります。
シートベルトサインが消えてから席を立ち、上着を着たり荷物を取り出すなど、ゆっくり降りる準備をしましょう。
飛行機はスポットに到着してもすぐに乗客が降機できる状態にはならない、慌てる必要はありません。】

最後に書いてあるように、スポットに停止しても、ボーデイング・ブリッジが接続されるまで数分は、ドアが開くことはない。

15分遅れで羽田を離陸したため到着時刻もずれたから、急いで出て、携帯電話で連絡をしたかったのかもしれない。
それでも安全第一が原則であり、自分の都合や仕事の方を優先するのはやめてほしい。


これまでも困った乗客に何人か遭遇している。
これから離陸するというのに、テーブルを出して弁当を食べ始めたおじさんに注意したが、無視して食べ続けていた。

また、客室乗務員に荷物の置き方を注意された乗客が、一度は指示通りに前の座席下に入れたものの、離陸準備に入ったところで荷物を取りだし、スナック菓子をバリバリと食べ始めた。
こんな人の隣は嫌なので、私は空いている席へと移動することを申し出た。

まだ酔っ払いには出会っていないが、日々の通勤電車で体験するような、「お客様トラブルによる遅延」を経験する日は近いかもしれない。

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR