ドイツ語:形容詞の補足語と格支配(3格支配の形容詞)

述語的に用いられる形容詞の中には、その意味を完全にするために、目的語や前置詞句といった補足語をとるものがある。

今回は、3格目的語をとる形容詞(3格支配の形容詞)の実例をメモしておこう。
この3格目的語によって、利害や優劣の関係に立つ人物や事物が具体的に表現される。

1) bekannt 詳しい,知られている
Die Bahn von 168P/Hergenrother ist übrigens den Astronomen3 sehr gut bekannt.
ところで168P/ハーゲンローザー彗星の軌道について、
天文学者たちは非常によく知っている。
("KOMETEN: Komet Hergenrother bricht auseinander", astronews.com, 8. November 2012,
www.astronews.com/news/artikel/2012/11/1211-012.shtml

2) (事例が見つかり次第、追記予定)

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツ語:形容詞の補足語と格支配(2格支配の形容詞)

2格支配の形容詞について、ニュース記事などの実例をメモしておきたい。 「本来2格を支配していた…形容詞は現代ドイツ語,特に口語においては2格と共に用いられることは少なくなっている.…実際は…2格のかわりに4格か前置詞格を用いて表現されることが多い.」 1) bewusst (bewußt) 意識している sich3 et.2 bewusst sein …を知っている,…を意識&...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR