冬のボーナスの一部は来年のアパート更新料に残しておかねばならない

12月に冬のボーナスが出るが、私は契約社員のため2か月分固定で、正社員よりも約1か月分少ない。
それに加えて、計算根拠となる毎月の基本給も少ないため、実質的に約半分の金額しかもらえない。
予定では既に正社員になっているはずだったが、様々な会社の事情の他、東日本震災で壊れた実験棟の改修工事などもあり、いつになるかは不明だ。

ただし、もし正社員となっても、子会社に籍を置くため、ボーナスは2.5か月分になる予定とのことだ。
まあそれでも、契約社員よりは月給は少し増えるので、副業翻訳がなくても生活は楽になるかもしれない。

次のボーナス(6月末)までの支払いについて確認し、翻訳料金を予算に入れずに、今回のボーナスと12月給与での年末調整を合わせた65万円で間に合うかどうかを考えてみた。

特に来年は、2年ごとのアパート契約更新料を支払うので、火災保険・地震保険・保証会社手数料も必要になる。
実家で所有しているアパートでは4部屋貸しているが、入居時の保証金を預けてもらうだけで更新料はない。
母と電話をしたときも、関東地方の更新料は不思議な習慣だと言っていた。
まあ今回は、アパートに太陽光発電設備が設置されたので、環境保護団体WWFの会員として資金供与したと考えよう。

では、6月末までの支払いについて一覧にしてみた。
最低限必要な資金は、これで確保できたので、一応安心した。


学会会費(12月、日本化学会・日本薬学会・有機合成化学協会)-30,100円
WWF会費(2月)
-10,000円
日本学生支援機構奨学金返還(旧日本育英会、12月、振込手数料込み)-120,030円
個人年金保険年払い(日本生命、12月)-160,176円
賃貸更新料・保証会社手数料・火災保険・地震保険(2月、概算)-135,000円
仕送り(弟)
-10,000円
「化学」年間購読料(12月)
-8,300円
「現代化学」年間購読料(3月)
-8,100円
投信積立・積立定期ボーナス時上乗せ額(12月、1月)-50,000円
個人年金保険年払い(住友生命、5月)-178,496円
JR6か月定期(2回分計)
-48,380円
残高(予定)
26,418円

弟への仕送りは、いつもは10万円にしているが、今回は更新料があるので、1万円で我慢してもらおう。
翻訳料金が入った時か、来年夏のボーナスのときに仕送りをすることにしよう。

更新料がなければ、株や外国債券に投資しようと思っていたが、残念ながら今回は見送ることになる。
少しでも余った金額は、金利がやや高めの大和ネクスト銀行普通預金でプールしておこう。


追記(11月24日):
首都圏で地震があった後に母に電話したところ、弟にはギフト券2万円分を送ったとのことだ。
ということで、私からの仕送りは、お年玉レベルの1万円か2万円にしようと思う。

(最終チェック・修正日 2012年11月24日)

テーマ : 生活費
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR