「stellar womb」は「星の子宮」よりも「星のゆりかご」の方が良いのでは?

「…のようなもの」といった比喩表現は、どの言葉にもあるものだ。
先日納品した和訳チェッカーの仕事でも、「木は天まで伸びない」という表現があったが、これは「物事には限界がある」という意味である。
英語やドイツ語の原文で、「木は天まで伸びない」と書いていても、そのまま日本語にしても意味がわかりにくい。
同じ比喩表現が存在しないため、「限界がある、永遠に続かない」など、具体的な表現にした方がよい。

次のAFP日本語記事を読んだ時にも、そのような比喩表現の扱いについて考えることになった。

タイトルは、【巨大質量星を包む星の「子宮」、銀河系で発見】。
www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2955448/11027416

【星の「子宮」】とは、具体的には、星形成領域のガス雲のことを指している。
元の英語記事、そしてESOのプレスリリースでは、確かに「womb」を使っている。

www.afp.com/en/news/topstories/astronomers-spot-monster-star-stellar-womb
「Astronomers spot monster star in stellar 'womb'」

www.eso.org/public/news/eso1331/
「A stellar womb with over 500 times the mass of the Sun has been found — the largest ever seen in the Milky Way — and it is still growing.
… This core ― the womb of the embryonic star ― has over 500 times the mass of our Sun swirling around within it.」

これまで見聞きした表現とは異なるため、どうも違和感がある。
この場合は、【星のゆりかご】とした方がよいと思われる。

「womb」の意味として「子宮」の他に、「物が生まれる所、成長する所」がある。
新しい恒星が生まれる場所なので、womb を使っている。
日本語でカッコ付きで「子宮」と示しても、比喩表現とは理解されにくく、そのイメージは湧きにくいのではないか。

「ゆりかご」は赤ん坊を入れるかごで、原始星が誕生する場所の比喩表現としてふさわしいと思う。
「サンゴ礁は海の生物のゆりかご」などとも使うので、わたしにとってはなじみがある。

どういった経歴の翻訳者が和訳したのかわからないが、私とは異なる感覚を持つ人であることは確かなようだ。


ついでに比較として、ドイツ語とノルウェー語の記事を探してみた。

ドイツ語で子宮を意味する「Mutterleib」を使っている記事はあった。
www.astronews.com/news/artikel/2013/07/1307-017.shtml
【Dieser Kern, also im Prinzip der "Mutterleib" des stellaren Embryos, hat eine Masse, die mehr als der 500-fachen Masse unserer Sonne entspricht. 】

ESOのノルウェー語プレスリリースでfは「stjernelivmor」を使っているが、NRKの記事では「星の孵化場」という意味の「stjerneklekkeri」を使っている。
www.eso.org/public/norway/news/eso1331/
【Det er funnet en stjernelivmor med over 500 ganger Solas masse – den største man har sett i Melkeveien noensinne – og den vokser faktisk fortsatt.】

www.nrk.no/vitenskap-og-teknologi/1.11125173
【11 000 lysår unna jorda har astronomene funnet et stjerneklekkeri.】

いろいろと表現はあるものの、私が和訳するなら、どれも「星のゆりかご」にするだろう。

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR