東京銀座・朝日ビル内郵便局の移転前に風景印を入手

東京銀座にある朝日ビル内郵便局の風景印には、石川啄木の歌碑が描かれている。
歌碑を見に行ったついでに、郵便局で記念押印をする人もいるという。

ファンには人気の郵便局なのだが、移転・改称のために8月23日で営業終了となり、同時に風景印も廃止となる。
移転後の名称は銀座みゆき通り郵便局で、風景印も新しい図案となり、残念ながら歌碑は採用されなかった。
プレスリリースは以下の通り。
www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php

ということで、この夏休みの間に風景印を入手することにした。
啄木の切手は残念ながら持っていなかったので、代わりに下の写真(1)のように、1996年の「啄木生誕110年祭」エコーはがきに押してもらった。

少々古いはがきだが、窓口の方からは、「風景印に合うはがきですね」という感想があった。
ずっと使わずに残しておいてよかった。

風景印0003
(1) 東京・朝日ビル内局

私はこのはがき1枚で満足しているのだが、もう少し工夫したいのならば、渋民局や盛岡内丸局などと並べて押印しても記念品になるだろう。

来週末で廃止になるので、風景印ファンだけではなく、文学ファン・啄木ファンは急いだ方がよいだろう。

さらに8月中には、大手町ビル内局とKDDI大手町ビル内局の両方で風景印が廃止されるので、忘れず入手しておこう。

せっかくの夏休みなので、啄木の風景印だけではなく、一日かけて東京都内を縦断して集めてみた。

東京に入る前に、埼玉県戸田市の戸田公園駅前局に行き、写真(2)のように押してもらった。
埼京線で隣の浮間舟渡駅に移動して、板橋舟渡駅で右側に押してもらった。
花火大会はもう終わっているが、同じ題材の風景印を並べた記念品を作るのも楽しい。
ただ、この日の埼京線では信号機トラブルがあって、赤羽駅に着いたときには既に11時を過ぎてしまった。

京浜東北線で蒲田駅まで南下しながら、駅に近い郵便局を中心に集めた。
全部回ろうなどと考えず、近くの公園を散歩したり、写真(3)のように遊びながら集め、21時半頃に帰宅した。

  
風景印0004  風景印0005
(2) 戸田公園駅前局         板橋舟渡局      (3) 日本橋局            東京中央局


約12時間も外出して集めた風景印を、参考までに列挙しておこ
う(訪問順)

09:25 戸田公園駅前 → 10:05 板橋舟渡 → 11:28 赤羽 (埼京線信号トラブルのため2時間で3局のみ) →
王子本町 → 飛鳥山前 → 上野七 → 上野駅前 → 八重洲地下街 → 丸の内センタービル内 → 
東京中央 → 東京交通会館内 → 帝国ホテル内 → 朝日ビル内 → 銀座西 → 新橋 →
汐留シティセンター → 日本橋 → 日本橋南 → 品川 → 蒲田 → 20:00 銀座

テーマ : 郵便局
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR