サイクリングしながら風景印を集める・さいたま市内

私は自転車で移動する方が好きだ。
荒川などのサイクリングロードもたまに使うが、休日には片道30分くらいのスーパーをわざわざ選んで、買い物ついでのサイクリングとしている。

買い物の他には、風景印のある郵便局を目的地とすることもある。
ということで今日は、さいたま市内でまだ訪問していなかった3局を中心に回ることにした。

ルート紹介の前に、今日作ったカバーを示しておこう。
写真(1):サクラソウの切手に合わせるために、さいたま中央局と美園局を押印。
写真(2):さいたま新都心地区のの連刷切手に、2局の風景印を押印。

風景印0006 風景印0008
(1) サクラソウで2局(美園局/さいたま中央局)      (2) さいたま新都心の切手と所在2局


まだ集めていなかった3局を回る順番を、美園局 → 浦和代山局 → 岩槻局 とした。
美園局に向かう途中に、さいたま中央局があるので、写真(1)のようにサクラソウで合わせたカバーを作ることにした。
さいたま中央局の風景印は持っているが、それは「年号下線あり」なので、現行の「年号下線なし」の風景印を、はがきにも別に押してもらった。

さいたま中央局を出発した後、美園局に向かう途中で、風景印の図案にある調神社の横を通った。
そして約40分後に美園局に到着して、はがきとカバーに押印してもらった。
カバーを見た局員は、風景印を並べて押すためだけに自転車でここまで来たことに、少々驚いていた。

今日も猛暑日となる予報だったので、無理せずに何度も休憩することにした。
美園局を出て向かったのは、最初の休憩ポイントのイオン浦和美園店。
スターバックスでキャラメルフラペチーノ(Venti、無脂肪乳、シロップはヘーゼルナッツに変更)を注文し、一度クールダウン。
ついでにQBハウスで散髪し、熱の発散効率を上げる試み。

気温は上昇してきたものの、1時間も休憩したから快調。
美園局の風景印に描かれた埼玉スタジアムの横を通ってから、東北自動車道をまたぐ陸橋を渡り、浦和代山局に向かった。

既に正午を過ぎていたので、さぎ山記念公園を通り、見沼自然公園のベンチに座って、氷水で頭と脚を冷やしながら昼食。
風もあったので、木陰では涼しく感じた。
見沼たんぼ地域では自然が残っているようで、アゲハチョウとクロアゲハの他にも、数種類のチョウを久しぶりに見た。

緑のヘルシーロードを北上して日差しを避け、七里総合公園の手前で東に向かい、岩槻局を目指す。
国道16号に面した郵便局だが、お盆の時期のためか郵便窓口に並んでいる人は皆無。
ということで、押印もすぐに終わってしまった。
さいたま新都心まで休憩ポイントはないため、数分ほど座って水分補給。

強い日差しの中を一気に進んだためか、それとも逆走自転車に大声で注意したためか、体力を消耗。
さいたま新都心局を先に訪問し、郵便局の位置を考慮して、連刷切手の右側に押印。
そしてローソンでアイスクリームなどを買って、店内イートインコーナーで休憩。

さいたま新都心合同庁舎内局に行くと、ここも閑散としていた。
若い局員にカバーへの押印を依頼したところ、どうも自信がないのか、ベテラン局員に相談していた。
そして何人か集まって、メモ用紙で何度か練習してから、左側の切手に押印。
県名の「玉」の一画目が半分ほど欠けているが、先月も欠けていたので、これは経年劣化なのかもしれない。

風景印収集を目的に前日からルート設定するのは楽しいものだが、こんな暑い日に何時間も自転車で走り回るなんて、少々異常な趣味かもしれない。
それでも体力のあるうちに、日帰りコースで様々なルートを試してみよう。

テーマ : 郵便局
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR