廃止間近の風景印:大手町ビル内局とKDDI大手町ビル内局

今日の午前中は、都内某所で行われた平和を祈る集会に出席した。
平日に都内に行く機会を無駄にしないように、郵便局を巡って風景印収集をすることにした。

今回の最大の目的は、8月30日で廃止となる2局の風景印を入手することだ。
両方とも東京都千代田区にある、「大手町ビル内局」と「KDDI大手町ビル内局」である。

図案にある「逓信総合博物館(ていぱーく)」が、丸の内地区再開発のために閉館されることから、風景印も廃止と決まった。
存在しない建物が風景印に残る例はあるものの、東京のど真ん中だから速やかに対応することにしたのだろう。
本日8月16日時点で、新図案の話は出ていないので、周囲の再開発が終わるまで配備しないのかもしれない。

ということで、今日も記念に2種類のカバーを作った。
そのうち1つを下に示した。


風景印0009
大手町ビル内局/KDDI大手町ビル内局


大手町ビル内局では窓口担当者が、「今月で廃止となるため風景印の依頼が多くなっている」と、教えてくれた。
もう1つのKDDI大手町ビル内局の風景印は、KDDIということで、海底ケーブルの切手2種に押印してもらった。

ここには示さなかったもう1つのカバーでは、「逓信総合博物館竣工記念世界切手展(1965年)」に押印してもらった。
この記念切手の図案が逓信総合博物館が入っている建物であり、大手町ビル局の風景印とマッチする。
ある通販での売価は30円で入手も容易なので、この切手と風景印の組み合わせで依頼している人も多いことだろう。

今日は昼食後から始めて、移動しながら7時間で、20局の風景印を集めた。
印象的な郵便局としては、やはり第二霞ヶ関郵便局であった。
話に聞いていたとおり、身分証明書(運転免許)を提示し、用紙に住所・氏名と行き先や目的を記入して、一時入館証を交付してもらった。
ここまで手間をかけたのに、風景印の押印だけでは滞在時間が短すぎてもったいないので、自宅と実家宛てに1通ずつはがきを出した。
また、納税者の権利というわけではないが、トイレ休憩ポイントとし、ついでにポロシャツを着替えた。
不審者ではないものの、出る時には服装が違う大男が監視カメラに記録されたはずである。

ところで今回は主に地下鉄を使う計画にしたので、東京フリーきっぷ(1,580円)を購入した。
移動距離が長く、また都電と都バスも1回ずつ利用したので、そのまま支払うと2,330円分となった。
これが1,580円で済んだので、地下鉄で一駅ごとに降りたり、複数の区をまたいで移動するときは今後も使いたい。

テーマ : 郵便局
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/17 08:44)

千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR