今年最後となる翻訳案件は独日翻訳チェッカー

(最終チェック・修正日 2013年12月25日)

今月はクリスマス劇のことばかり気にしているのだが、予期せぬことに、約3か月ぶりに翻訳案件の打診があった。
独日翻訳のチェッカーの仕事だ。
ワード数から考えると、1万円前後の収入になりそうだ。

劇の日程との兼ね合いが心配であったものの、劇が終わった三連休明けに和訳が届くそうで、それなら大丈夫ということで受注したいとメールで返信した。

劇に出演するため、この連休は休みにならないので、代わりに24日に有給休暇を取得して体調を整えてから、夕方に届く和訳を待つことにしよう。

帰宅してからドイツ語原稿を確認した。
和訳が届いたらすぐに作業できるように、ビジネス用語について調査しておこう。
追記(12月24日):
予定の約1時間前に和訳ファイルが届いた。
夕食後にチェックを始めてみると、誤訳や訳抜けがいくつか見つかった。
企業会計や法律関係の専門用語は、独英対訳サイトも含めて検索してみると、文意に合うものが見つかるので、調査してほしかった。
もしかすると、調べたのかもしれないが、文意に合わない候補を選択してしまったのかもしれない。

約3時間半で一回目のチェックは終わった。
引用されている法律の条文など、もう少し工夫したい個所があるので、明日の帰宅後に2時間くらい作業を追加しよう。

追記2(12月25日):
ドイツの商法や有限会社法で使われている用語について、いろいろと検索して事例を集めて、最終的な訳語を決定した。
作業時間は予定より多くなったものの、合計5時間で終了できたので、それほど疲れなかった。
このチェック作業をしている合間に、さらにもう1件、チェッカーとしての案件が発生したそうだ。
年末年始の用事は、日曜日に教会に行くだけなので、受注可能との返事をしておいた。

私は化学・バイオ系を専門分野として登録しているが、英語以外の言語では、専門分野にこだわると仕事がこなくなるおそれがある。
ということで、慣れないビジネスドイツ語であっても、努力を続けて信用してもらえるようになりたいものだ。

テーマ : 副収入・お小遣い・SOHO
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR