JR「休日おでかけパス」を利用して風景印押印へ

毎週日曜日には、聖歌隊練習など教会の仕事もあるので、まる一日使える日は基本的に土曜日しかない。
なんだか自由時間が少ないようにも聞こえるが、本業もそれほど忙しいわけでもないし、平日に有給休暇を取得することも可能だ。

単にのんびり休みたいときもあれば、銀行窓口で手続きをすることもあるし、風景印収集の日帰り旅行に出ることもある。
たいていは祝日を含めて連休になるようにしているので、例えば今月であれば10日に休んで4連休とする予定である。
ということで2月10日は都内で、新宿駅周辺などポイントを決めて、20局くらい回る予定にしている。

コレクションを充実させるためには平日に回る方がよいが、土曜日に押印できる郵便局もあるので、JRの「休日おでかけパス」などを利用して出かけている。
土曜日に開いている郵便局は少ないわけだから、例えば鎌倉市に行ったとしても、大船局鎌倉局の2局しか押印できず、移動ばかりで効率が悪いように見える。
それでも、駅周辺の様子やレンタサイクルの有無を確認するなど、平日に訪れる時のための下見と考えるようにしている。

風景印の情報を見たところ、横浜神奈川局の風景印が、2月15日の廃局に伴って使用終了になると知った。
2月10日の平日に周辺郵便局の風景印も合わせて押印するのか、それとも予定がないうちに土曜日に押印するのか悩んだが、JRの「休日おでかけパス」を利用して、2月1日に押印することにした。

あちこち回ろうということで、東京の三鷹局から始めて、西は平塚局まで行ったので、きっぷ代の2,600円の元は取れた。
下には三鷹局横浜神奈川局戸塚局の風景印を示した。

風景印0031    風景印0032 風景印0033
三鷹局「東京天文台100年記念」   横浜神奈川局    戸塚局・「2002年国際文通週間・戸塚」


これまで三鷹局を訪問していなかったのは、JR三鷹駅から徒歩では遠くて、バスを利用しなければならないからだった。
ただ、4月から消費税が8%となり、押印最低条件が52円分の切手になってしまうため、50円切手1枚貼りでの記念押印を早めに済ませておこうと決めた。
選んだ切手は天文関係ということで、1978年発行の「東京天文台100年記念」である。
ただし図案の望遠鏡は、岡山天体物理観測所の188 cm反射望遠鏡で、三鷹にある望遠鏡とは異なる。
風景印に合わせるならば、1953年発行の「東京天文台創立75年記念」を使いたいところだが、手持ちがなく、販売価格を調べてみたら2,100円もしたので断念した。

東京天文台100年記念切手は、まだ4枚残っているので、図案と合わせられる岡山・鴨方局での記念押印に利用したい。

バスも利用することになった三鷹局へのルートは、途中で他の郵便局を経由して、次のようになった。
JR武蔵野線・北府中駅 → 武蔵府中局 → 京王府中駅 → 京王国領駅 → 調布局 → 小田急バス八雲台小学校
→ 三鷹市役所 → 三鷹局

そしてJR三鷹駅から八王子まで移動して、横浜線で南下しながら、途中で4局集めてから、東神奈川駅で降りて横浜神奈川局へ。
京急に乗り換えて神奈川新町駅まで移動することも考えたが、ここはウォーキングをしようと割り切って、とにかく歩いた。

その後は鎌倉まで行って、駅前のスターバックスで休憩しながら実家宛てのはがきを書き、鎌倉局で風景印を押して出してもらった。

大船まで戻ってから東海道線で西に向かい、藤沢局茅ヶ崎局平塚局で押印した。
19時半を過ぎたので終わりにして、帰宅したのが22時頃となった。

次は川越や鎌倉で、レンタサイクルを利用して、郵便局巡りをしてみようと思う。

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR