浦和レッドダイヤモンズの「差別撲滅宣言」を法務省入国管理局に読み聞かせたい

一部サポーターによる差別表現横断幕事件により、サッカーJリーグは、浦和レッドダイヤモンズに対して、ホームゲーム1試合を無観客試合にするなどの制裁措置を行った。
無観客試合という制裁は、Jリーグで初めての措置である。

制裁措置決定のニュースリリースは以下の通り。
www.j-league.or.jp/release/000/00005691.html
【(1)譴責(始末書をとり、将来を戒める)
(2)無観客試合の開催(入場者のいない試合を開催させる)】

3月23日の無観客試合後に出された、チェアマンのコメントは次の通り。
www.j-league.or.jp/release/000/00005718.html
【…
 お客様のいないスタジアムの映像はやはり大変寂しいものでした。
…クラブにとって一番の財産であるファン・サポーターの姿がないスタジアムでの試合は、Jリーグ百年構想の理想とする姿とは最も遠いところにある試合というしかなく、大変寂しく悔しい思いで試合を見ました。

 本日の試合をもってこの度の悲しい事件が終わりになるわけでは決してありません。本日の試合の意味を、Jリーグに関わる全ての皆様とともに考えていきたいと思います。…】

制裁措置を受けた浦和レッドダイヤモンズでは、試合前に「差別撲滅宣言」を出した。
www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/%E5%B7%AE%E5%88%A5%E6%92%B2%E6%BB%85%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
【浦和レッドダイヤモンズは、サッカーファミリーの一員として、第63回国際サッカー連盟(FIFA)総会(2013年)で採択された「人種差別主義及び人種差別撲滅に関する決議」を最大限に尊重し、人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めないことを宣言します。

サッカーはスポーツや社会から差別を撲滅する力を持っています。
私たちはサッカーを通じて結ばれた仲間と共に差別と戦うことを誓います。】

Jリーグは法務省と連携して、人権啓発活動を行っているが、この「差別撲滅宣言」を法務省にも読み聞かせたいと思う。
特に入国管理局に対して、「差別撲滅宣言」の趣旨を理解し、人権を守ることを要望したい。

Jリーグの制裁決定後、ドイツメディアの報道内容をチェックしていたところ、日本社会は外国人を望んでいないと指摘しているものもあった。
左派系新聞の Neues Deutschland の記事を引用しよう。
www.neues-deutschland.de/artikel/927732.auslaender-unerwuenscht.html

排他的な日本社会の事例として、外国人の利用を妨げようとする「Japanese Only」という掲示が、レストランやカラオケ、宿泊施設などで見られること、そして、昨年の難民認定はわずか6人にとどまっていることが取り上げられている。

日本国内の住民数のうち、外国人の割合はわずか2%であるが、日本は外国人を入れないように厳しい壁を作っているように見られている。
日本では少子高齢化と人口減少が進むと予測されていて、経済界では労働力不足が懸念されているものの、有権者が外国人を望んでいないから、どの政党も移民を受け入れようとはしない。

日本の難民認定人数について、法務省の報道資料を確認してみよう。
www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri03_00099.html
難民として認定した者は6人(うち3人は異議申立手続における認定者),難民として認定しなかった者は,難民認定申請(一次審査)で2,499人,異議申立てで921人でした。また,難民とは認定しなかったものの,人道的な配慮が必要なものとして在留を認めた者は151人であり,難民として認定した者を合わせた数(庇護数)は157人であり,前年に比べ27人(約21%)増加しました。】

人道的配慮が必要な人には在留を認めているが、それだけの理由がありながら、どうして難民認定を拒むのだろうか。
それほど日本政府は、外国人が嫌いなのだろうか。
日本の平和憲法の理念を実践しなくてもよいのだろうか。
先進国の日本ならば助けてくれると信じている人々の願いを、半年以上も待たせたあげくに打ち砕いてしまう法務省は、Jリーグとともに人権啓発運動をする資格があるのだろうか。

テーマ : 差別問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR