アイスランドのナガスクジラ捕獲数は109頭に達した(9/17までに124頭)

(最終チェック・修正日 2014年09月13日)

国際捕鯨員会(IWC)の商業捕鯨モラトリアムに異議申立をしたアイスランドとノルウェーは、自国周辺海域で捕鯨を続けている。
それでも、一時期停止していた影響で、鯨肉は古臭い食べ物という印象が根付き、需要はそれほど強くはない。

ノルウェーのミンククジラ漁は今年は好調で、商業捕鯨を再開した1993年以降で最高の729頭を捕獲した。
捕獲枠は1,286頭で、今年も達成できなかった。
2009年の未達成分を翌年に繰り越したため、現実的ではない捕獲枠の設定となっている。

それに対してアイスランドのミンククジラ漁は、9月8日発表の水産統計を見ると、わずか23頭にとどまっている。
www.fiskistofa.is/veidar/aflastada/hvalveidar/


同じ資料にはナガスクジラの捕獲頭数も出ていて、こちらは109頭に達している。
9月4日の報道時点では103頭だったので、数日で6頭追加というのは、ミンククジラ漁に対して好調と言えるだろう。
www.mbl.is/frettir/innlent/2014/09/04/komnir_a_fullt_aftur/

捕獲枠の154頭に到達できるかどうか、それは天候次第と思われる。
アイスランド国内ではナガスクジラ肉をほとんど食べないのに、これだけ捕獲しているのは、日本で売れるからだ。

アイスランドのナガスクジラ捕鯨と日本への輸出についてのレポートが出たので、時間がある週末にでも読んでおこう。
uk.whales.org/sites/default/files/iceland-whaling-report-2014.pdf

アイスランドの商業捕鯨には二種類あり、国内消費向けのミンククジラ漁と、日本への輸出向けのナガスクジラ漁である。今年のミンククジラ漁は不調とのことだが、ナガスクジラ漁は好調のようで、8月21日までに88頭を捕獲済みである。アイスランド国内の報道と、それを引用した英語記事は次の通り。www.visir.is/88-langreydar-veiddar-i-sumar/article/2014708229985【Síðan hvalveiðitím
アイスランドの捕鯨ではナガスクジラ88頭を捕獲済み



追記(9月13日):
アイスランドのナガスクジラ捕鯨に関するレポートのタイトルは、「SLAYED IN ICELAND (アイスランドでの虐殺)」。
環境保護やクジラ保護の3団体が協力して作成したものだ。

いずれの団体も反捕鯨の立場なので、「条約の抜け穴を利用した調査捕鯨」や、「科学研究目的なのに日本に輸出した」などの表現があり、そしてアイスランド水産物のボイコット運動をは広めようという意図を感じるものの、これまでの経緯を含めて調査結果をそのまま報告しているという印象だ。

IWCの商業捕鯨モラトリアム採択の後、アイスランドに対しても、水産物ボイコットやアメリカ政府の圧力があった。
そのため、調査捕鯨の計画が終了した1989年で、全ての捕鯨活動をやめることになった。
ただし日本とは異なり、モラトリアムに対する異議申立を撤回せず、2003年から調査捕鯨を実施し、2006年からは商業捕鯨を再開している。

また、日本でのナガスクジラ肉販売についても、過去のレポートに最新情報を追加して解説している。
今年2014年は、ICJ判決で日本の調査捕鯨が縮小されるため、5月に到着したナガスクジラ肉約2,000トンが、需給ギャップを埋めることになるだろう。
そして日本で販売するために、「Misaka Trading Ltd」という会社が設立されている。
築地などの卸売市場を通すだけでなく、オンラインショップでの直接販売も紹介されている。

最後に一番気になった記述を紹介しておこう。
2014年1月に、カナダの陸路経由で運ばれたナガスクジラ肉について、当初は、「書類に不備がなかったため税関を通過した」と報道されていたが、書類に記載された品目は、「冷凍ウサギ肉」の番号だったそうだ。
そのため「冷凍鯨肉」とは知らずに、カナダ国内の通過を認めてしまい、さらには、アメリカ・シアトルの港での税関手続きも難なく通過してしまい、日本に到着したとのことだ。
真相は今後の調査を待つことにしよう。


テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR