今月2件目の翻訳案件もチェッカーだった

今月初めに英日チェックの案件を受注した後、ようやく2件目の翻訳案件の打診があった。
今回もまた英日チェックであった。
金曜日は懇親会があるものの、月曜朝までに納品すればいいので余裕があるため、すぐに受注可能の返事をした。

懇親会から帰宅した後は、和訳ファイルを確認して印刷したところで寝た。
朝食後に1時間作業した後、スーパーに買い物に行き、昼食とケーキを食べて血糖値を上げてから、2時間作業を続けた。
内容は契約書で、今回は読みやすい英文だったので、予定の3時間で作業を終えた。

少々気になった点としては、if ~ の条件節の和訳が、「…したら」となっていたことだ。
契約書の文言としては違和感があるので、「…ならば、…の場合は」と修正した。

契約書だけではないが、誤訳を見逃してはチェッカーの意味がないので、数字なども含めて細かいところも確認している。
そして今回も一か所見つかった。

そのまま示すことはできないので、表現を変えて説明しよう。
「第1条から第5条まで」となるのに、「第1条および第5条で」と誤訳していた。
契約内容を踏まえて判断すれば、「第1条から第5条までのすべての条文に関わる」ということはわかるはずなのだが。

ということで今回も、翻訳の品質向上に貢献することができた。
それでも料金は5千円と少額なので、収入が増えたような気があまりしない。
ただ、本業を持つ私がチェッカーをすることで、翻訳専業の人たちと住み分けのようなことになっていると思う。
翻訳会社の社員の負担が減ることにもなるので、役に立っていると考えて続けていきたい。


テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR