久しぶりに独英翻訳関連の案件を受注(英訳チェック)

今月も引き続き、翻訳チェック案件を受注している。
今週末に作業する独日翻訳チェックでは、20ページ以上ある契約書で、5時間くらいの作業になると予想している。
クリスマス前のため、聖歌隊練習があって忙しいのだが、土曜の午前中に半分終われば納期は大丈夫だろう。

そろそろ用語の確認をしようかと思っていたら、別のチェック案件の打診があった。
メールをよく読むと、なんと独英翻訳のチェックであった。

独英というと、対訳の翻訳メモリを作る内職のような経験はあるが、翻訳やチェックの受注経験はなかった。
それでもドイツ語と英語の両方を理解できるし、1ページと短いので受注することにした。

実際に作業を始めると、ドイツ語と英語とで、意味が異なるように思えるところが見つかった。
ということで、Lingueeで複数の例を確認してから、別の単語に修正して、コメントを付けて納品した。

その単語が、文書の性格や文脈などによって、どのような意味で使われているのか、吟味しないといけないと再認識した。


テーマ : SOHO・在宅ワーク
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR