今年の最初の翻訳案件は独和チェック

年末年始の独和翻訳がキャンセルとなってから、しばらく連絡は来なかったが、先週になって、独和チェックと英日翻訳の打診が続けて届いた。

どちらも特許関係の翻訳案件で、独和チェックの依頼メールが先に届いたので、受注の返事をした。
返事をした翌日に、英日翻訳の打診があったが、納期がほぼ同じだったことと、平日の作業量では間に合わないことから、残念ながら断ることになった。
大量の特許翻訳を数人で分担して作業するそうだが、短いものでも15ページはあるので、過去の経験から2週間はかかると思われた。

チェックの料金は6千円くらいだが、翻訳ならば10万円程度はもらえたので、無理してでも翻訳をすべきと考える人もいるだろう。
ただし私の本業は、医薬メーカー子会社の研究所で有機合成を行うことであり、危険な薬品も使うので、副業で疲れてしまうことは避けねばならない。

さらに、日曜日はプロテスタント教会での礼拝と聖歌隊練習、聖書の学び、そしてドイツ語旅行会話のレッスンも頼まれているから、翻訳に集中できるのは土曜日しかない。
納期に余裕のある案件が来ることを期待しよう。

そして今回の独和チェックだが、翻訳専業の人が作業しても、やはり漢字変換ミスに加えて、用語の選択で疑問点がみられた。



例えば、「Streitwert」の訳が「訴訟物の価格」とあったので、念のため調べてみると、「訴訟物の価額」の方がふさわしいと思われた。
コメントを付けて、翻訳会社で確認してもらうことにした。

また、「Bild」の訳が「図」となっていたが、文脈から「様相」の方がふさわしいと思われた。
「(データを比較して)異なる図が現れる」という訳文では意味がわからず、「異なる様相を呈する」と考えて理解できたから。

他者の翻訳で勉強にもなるので、収入はそれほど増えなくても、こつこつ続けよう。


テーマ : ドイツ語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR