今年のアイスランドからの鯨肉輸入ルートは北極海経由のようだ

(最終チェック・修正日 2015年08月07日)

今年も日本の業者が、アイスランドからナガスクジラ肉を輸入するとのことで、ヨーロッパの野生動物保護団体を中心に反対意見が表明されている。
冷凍ナガスクジラ肉約1,700トンを積んだ貨物船 Winter Bay 号の情報を見ると、目的地はアフリカ西部のアンゴラとなっていたため、昨年と同じアフリカ南端を回るコースで日本に向かうと思われた。

当初は5月中旬に出航すると思われたが、6月に入っても停泊したままだった。
エンジントラブルで延期されたとのことだが、6月5日にようやく出航した。
www.theguardian.com/environment/2015/jun/05/iceland-sends-shipment-of-1700-tonnes-of-whale-meat-to-japan (英語)
www.mbl.is/frettir/innlent/2015/06/05/sending_hvalkjots_til_japans_vekur_athygli_erlendis/ (アイスランド語)

その後の航路を確認すると、昨年のアイスランド西岸を南下するルートではなく、なぜか北側を回って東進を続けていた。
そして不思議なことに、目的地がアンゴラではなく、ノルウェーのトロムセー (Tromsø) に変更されていた。
本日13日は、そのトロムセーに停泊している。
www.marinetraffic.com/en/ais/details/ships/shipid:402701/imo:8601680/mmsi:341433000/vessel:WINTER%20BAY

次の寄港地はまだ表示されていないが、北極海を通過するルートでロシアに寄港しながら、日本を目指すと予想されている。
この北極海ルートについて、イルカ・クジラ保護団体のWDCが懸念を表明している。

uk.whales.org/news/2015/06/wdc-critical-of-attempts-to-ship-whale-meat-through-russian-waters



国際司法裁判所で、日本の南極海調査捕鯨は科学的目的を達成していないことが指摘されたため、新たな調査計画が認められるまでは捕獲しないことになった。捕獲できないということは、副産物の鯨肉も供給されないことになり、他の捕鯨国のアイスランドやノルウェーから輸入しようと考えるのは自然な成り行きだ。アイスランドもノルウェーも捕鯨国ではあるが、日本とは異なり、国際捕鯨委員会のモラトリアムに異議申立をしたため、独...
今年もアイスランドからナガスクジラ肉を輸入する予定



北極海ルートならば約1か月で日本に到着可能で、昨年のアフリカ南端をまわるルートよりも短くなる。
しかし、貨物船 Winter Bay号の船底は一層構造 (シングルハル、single hull)のため、氷がある北極海の航行には向いていない。
7月から9月にかけての夏の期間に、砕氷船が先導すればよいそうだが、船体が破損した場合に、北極海の環境を汚染するリスクがある。
それに、北極海の天候が安定する保証はなく、9月までに日本に到着できるのかどうかは不透明だ。

また貨物船の所有会社では、過去に乗組員の健康管理や労働管理面で規則違反があったと指摘されている。
労働環境に疑問のある船で鯨肉を輸入することは、日本の業者でもコンプライアンス面での違反となるのではないか。

ノルウェーに寄港した別の理由として、ノルウェーで捕獲されたミンククジラの肉を追加するのではないかと推測されている。
日本の沿岸捕鯨調査や北西太平洋捕鯨調査では、ミンククジラの捕獲頭数を減らしているので、ノルウェーからの輸入で補うのだろうか。

今後の報道をチェックしてみよう。

追記(8月7日):
貨物船Winter Bay号の現在位置を確認したところ、既に出航してノルウェーの西岸を北上し、バレンツ海に入っている。
8月1日にトロムセーから出航した。
uk.whales.org/blog/2015/08/winter-bay-is-on-move-again-whale-meat-vessel-sets-off-for-japan
www.mbl.is/frettir/innlent/2015/08/02/winter_bay_lagt_af_stad_til_japans/

シーシェパード(SSCS)が抗議活動船 Sam Simon号をトロムセーに送り込んだが、ノルウェー沿岸警備隊に監視されて、攻撃はできなかったようだ。
www.nrk.no/troms/_winter-bay_-har-gjort-sitt-i-tromso-_-reiser-videre-til-asia-1.12483282

現時点での目的地は「大阪」となっているが、去年のように直前に目的地を変更するかもしれない。
到着予定は8月28日とのことなので、北極海の氷による遅れの心配はないようだが、様々な妨害活動が行われることだろう。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR