天文学クイズを解いてみた

ドイツ語特許和訳のチェックの1回目が終わり、推敲は祝日の明日に行うことにして、今日はドイツ ZEIT紙の天文学クイズを解くことにした。
www.zeitakademie.de/seminare/naturwissenschaften/astronomie/astronomie-quiz

全部で13問あり、以下に問題文と選択肢を示し、私の解答はアンダーラインを付けた。
正解は最後に付記しておいた。

1. 
標準宇宙モデルで我々の宇宙の年齢は。
72億年、117億年、138億年、175億年、208億年

2. 惑星が地球の周りではなく太陽の周りを公転することを前提とする世界観はどれか。
太陽中心の世界観、恒星の世界観、日光中心の世界観、地球中心の世界観、星雲中心の世界観 (正しいつづりは Astralozentrisches Weltbild と判断した)

3. 惑星系のどの領域で惑星の水が液体状態で存在できるか。
ハビタブルゾーン、水文学ゾーン、エコロジーゾーン、液体水ゾーン、ヒューマンゾーン

4. 我々の太陽系の惑星は、どの2種類に区別されているのか。
岩石惑星+準惑星、巨大ガス惑星+恒星、岩石惑星+巨大ガス惑星、地球型惑星+恒星、巨大ガス惑星+準惑星

5. 我々の太陽系の惑星を公転する衛星は何個か。
5個、46個、92個、173個、208個

6. 「汚れた雪玉」とも呼ばれる天体はどれか。
彗星、クエーサー、流星、塾惑星、小惑星

7. 我々の故郷の銀河系、天の川にはどのくらいの恒星があるのか。
800万個、138億個、2,020億個、3,000億個、3,160億個

8. 超大質量ブラックホールはどこにあるのか。
恒星内部、例えば天の川中心部など銀河の中心部

9. 初期宇宙はどの元素で主に構成されていたのか。
ヘリウム、酸素、ナトリウム、炭素、水素

10. 何を「周極星座」と呼ぶのか。
我々の天の川の外にある星座、北極星に近い星座

11. 大望遠鏡を都市の外に置くべきなのはなぜか。
いわゆる光害のため、いわゆる電波公害のため、樹木の生長が盛んすぎるため

12. 我々の宇宙の大部分は何からできているのか。
惑星、ダークマター、恒星、ダークエネルギー、ブラックホール

13. どの恒星が長寿命なのか。
低質量の恒星、大質量の恒星


正解は
 1. 138億年

 2. 太陽中心の世界観。またはコペルニクス的世界観

 3. ハビタブルゾーン。この領域にある惑星上の温度では、水は液体である。

 4. 岩石惑星+巨大ガス惑星。岩石惑星は地球型惑星ともいう。

 5. 173個。

 6. 彗星。氷、ちり、岩石でできているから。

 7. 3,000億個。

 8. 銀河の中心部

 9. 水素。宇宙の初期の成分は、水素が約75%、ヘリウムが25%、リチウムが0.000000002%。炭素や窒素、酸素、鉄といった元素はのちに恒星の中で生成した。

10. 北極星に近い星座。周極星座とは年中見ることのできる星座である。

11. 光害

12. ダークエネルギー。68.3%がダークエネルギー、26.8%がダークマター。光を放つ天体をすべて集めても4.9%しかない。

13. 低質量の恒星。太陽質量の恒星は100億年以上、太陽質量の0.6倍から0.8倍の恒星は150億年から200億年。

13問中10問正解だった。


テーマ : 星・宇宙
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR