バス定期券を利用して風景印収集

5月2日は派遣先の会社指定休日ということで休みとなった。
有給休暇は6か月間勤務してから10日付与されるので、欠勤したことと同じで収入が一日分減る。
そしてこの連休の他に年末年始などで勤務日が減ると、収入も減ってしまう。
10月までは我慢しなければならない。


せっかくの休みなので、三井住友銀行でライフシミュレーションを申し込んで、キャンペーンの図書カード1,000円分をもらった。

受注している翻訳案件は6割ほど終わっていたので、すぐには帰宅せず、横浜市営バス定期券を利用して、本牧方面の風景印をいくつか集めた。

現在の通勤ではJRと横浜市営バスを利用していて、6か月定期券の合計金額は約8万4千円である。
交通費は時給で50円分なので、約4万円が自己負担になっている。
バスチケットをもらう設定と定期券とを比較して、どちらが得なのかを説明するサイトもあるが、別のことで節約すればいいので定期券にしている。

横浜市営バスの全線定期券なので、JR駅を出てすぐにバス乗り場へ行き、通勤経路以外にもいろいろなところに行ける。
この日は横浜駅東口から本牧車庫行に乗り、まずは横浜北方郵便局で押印した。
その次は横浜本牧郵便局まで歩いて行き、またバスに乗ってイオンまで移動して昼食前に横浜本牧原郵便局で押印した。

近くの公園でサンドイッチを食べた後、ちょうど磯子駅前行バスが来たので乗り、横浜間門郵便局まで行った。
戻るバスは10以上待つことになったため、徒歩で横浜本牧元町郵便局まで行き、三渓園の切手に押印してもらった。

三渓園にはまたいつか暇なときに行くことにして、保土ヶ谷駅までバスで移動した。
この日最後は横浜帷子郵便局で、2007年の国際文通週間の切手に合わせて押印した。
保土ヶ谷本陣跡を見てからATMに寄り、翻訳作業のために帰宅した。

次に風景印押印に行けるのは8月の休みなので、それまでにいろいろなルートを考えておこう。

横浜帷子          横浜本牧元町
横浜帷子局・国際文通週間「保土ヶ谷」   横浜本牧元町局・フレーム切手「横浜百景・三渓園」
  


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MarburgChemie

Author:MarburgChemie
製薬メーカー子会社の解散後、民間企業研究所で派遣社員として勤務していましたが、化学と語学の両方の能力を活かすために専業翻訳者となりました。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR